livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2009年10月26日

大変化の時代( 経済環境・人口構造 )

 慶応義塾の塾長に清家篤さん ( 父は 建築家・故清家清さん ) が就任した。変化の時代、物事を自分の頭で科学的に考えられる人材の育成が重要だと強調する。

20090824164522_00001






 リーマン・ショック以降、世界経済のあり様は大きく変化した。現在の循環的不況は早晩回復するだろう。しかしその後に現れる世界経済が、再び米国の過剰消費や金融資本主義に翻弄されるような構造に戻ったのでは何も教訓を得ていないことになる・・・・・。

 吉川洋 東京大学教授の 「 硝煙の晴れたときに立ち現れる資本主義は、これまでとは違ったものにならなければならない 」 との言葉を引用しつつ 

 もう一つのさらに大きな構造変化は高齢化だと述べています。日本は世界に類をみない高齢化を経験しつつある。かつてのように多くの若者が少ない年寄りを支えるピラミッド型から、少ない人数の若者が大勢のお年寄りを支える逆ピラミッド型に移行する。

 自分の頭で考えるということは、科学的、実証的な思考能力を身につけることである。問題を発見し、その問題にかんする因果の仮説を作り、その仮説を客観的に検証し、結論を導き、それに基づいて問題を解決することである。
 たとえば、運動部の学生が、対外試合でどんな戦術を採用すればよいかと仮説を作り、それを練習などで検証し、試合に臨む。これはまさに自分の頭で考える作業に他ならない。運動部の学生がビジネス界で成功する理由がこのあたりにもある。

 自分の頭で考える能力を磨くことの意義の一つには、前人未到のオリジナルな研究成果を得ることや、新しい付加価値を生み出すことにあるだろう。日々の仕事のほとんども、問題発見→仮説構築→仮説検証→問題解決、の繰り返しといってよい。

 もう一つの意義は意思決定の基盤となることだ。生活や仕事の場では常に選択を迫られる。選択は、どちらを選べばよいか明らかのものばかりではない。むしろその多くは、あちらを立てれば、こちらが立たない トレードオフ ( 二律背反 )の関係にある。
 とくにビジネス現場での選択は、費用と便益、リスクとリターンの関係など、重要な選択ほど、ぎりぎりのトレードオフの下での決断となる。相反するものを客観的に分析し、適切な判断を下すには、実学の精神に基づいて自分の頭で考えることが何よりも大切だ。客観的な分析に反する希望的観測や精神論に走らない、知的タフネスさを身に着けることである。   以上日経より抜粋。

 *トレードオフ ( trade off ) :同時には成立しない二律背反の経済関係。 物価安定と完全雇用のように。 又、交換取引(より必要なものとの)



 ● 大変化の時代、地頭をフルに使って考える我が仕事 ( 石井建築事務所の仕事 )

例えば :

一、マンション
 2LDKや3LDKの古いマンションを1LDKのゆとりのある “ 楽園 ”に替えるリニューアルデザイン。

一、シティーホテル
 これぞと言う和のシティーホテルを創り、粋な大浴室棟 ( 大風呂 ) を作る。

一、 ケア施設・グループホームへの視点 ( 政府はコンクリートから人へ金を掛けると言う、だからと言う訳ではないが、生きていることを楽しみたいではないか )

 老人の終の棲家になるような共同の日本的ケア生活施設を作る。( 数奇屋的空間: 平屋で庭には季節の花木が咲き、小さいながらも旬の野菜が採れ、虫や小鳥と戯れる )

一、住宅
 10年前に考えた木肌美人住宅をより発展させる。省エネ・エコ住宅。

一、旅館
 『 旅館の施設のありよう 』 を今の時代の流れに沿って見つめなおす。小さな工夫。

 やりたいことがブレテいない個性的な宿は支持され残る。・・・デザインはそこを目指す。

 中規模・大規模旅館は昼の食事と湯浴みをセットで売る。増改築を伴う、独立したダイニング・大風呂のレイアウトが肝要。


  こんな風に今考えています。失敗を恐れずに具体的に始めましょう!
  

Posted by masuzawa05 at 08:59Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター