livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2009年09月29日

だまし絵

 エッシャーの作品は知ってはいるのだが、私(増澤)にも出来るかなと思って描いてみた。当然と言えば当然なのだが・・・やっぱし出来た。

167エッシャーの滝







◎ この 「 滝 」 と題されたリトグラフは、 「 奇妙な建物 」 という点を除けば、一見何の不思議もない絵だが、よく見ると、落下して水車を廻した水がそのまま 「 流れ下って 」 元の高さに戻っている。改めて 「 えっ? 」 と気づく不合理性。実際の土木技術では実現不可能でも、絵では簡単に実現できる。絵画のそのような面白さ、可能性の一面をエッシャーは教えてくれたのである。


 優れた土木技師を父に持つ版画家エッシャーは、そのDNAを受け継いでいるのか、ありきたりの絵よりもむしろ、位相幾何学的な図面とか図形の面白さに熱中した。

 絵は三次元の空間と物を、二次元に置き換えて描写実現したもので、その二次元世界を三次元に復元認識するのは、一種の約束事ないしは眼の錯覚によるのだが、エッシャーはその錯視・錯覚を利用して、平面世界を縦横に遊び回ったのであろう。



● 建築空間も ‘ 一種の錯覚の産物である ’ と誰かが言っていた。

 ならば、
偉大な錯覚を演出し続ける我々は、自虐的に 『 詐欺師・ペテン師・設計士 』などと自らを名乗る事もあるが、さしずめ 詐欺師・ペテン師 の上層部に居て、美しいマジック ( 心を形に表すテクニック ) で建築主を煙に巻くしたたかな仕掛け屋か!
  

Posted by masuzawa05 at 09:42Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター