livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2009年07月27日

今どきの旅館に必用なもの・その17

◎ どうして 「 文学 」 は 「 文楽 」ではないのか。
「 音楽 」 は 「 音学 」 ではないのに・・・・・・。

 文学者といえば、詩人や小説家よりも、大学で文学論を講じる学者が浮かぶ。文学が誤解される理由が文学という言葉自身のなかにあるように思える。

「 近代に入って小説はアカデミズムと結びつくことで難しくなっていった 」と語るのは浅田次郎氏だ。
20080507180821_00001









エンターテイメント作家らしく 「 読者と乖離してはいけない 」 とも・・・・。文学が学問になってはいけないとする警鐘だろう。確かに、例えば古代日本の文学作品である 「 万葉集は 」 みんなで楽しむために編まれた。・・・中略

 文学を文芸に置き換えると、詩人や小説家は、文学者ではなく、文芸者になる。芸者を広辞苑で引くと、最初に「 多芸な人 」とある。「 芸妓 」は四番目に出てくる。今日はどんな芸を読んでみよう。                            
以上 日経の 春秋 より。



● 私(増澤)、芥川賞と直木賞との違いは芥川龍之介さんと直木三十五さんに因んだ賞だとは知っているのだが・・・なにやら文学作品と大衆文芸の違いらしいが、本当のところ区分けがよく判らない。

「 日本の宿はお客様と乖離してはいけない。楽しくて、易しい優しさがその身上だ 」と浅田次郎さんの声が聞こえてきそうです。 易しい優しさ ( 気楽な設えや楽しいもてなし ) が一番難しいんですが・・・

 立地、宿の造り、室礼、もてなし、料理、一目で判る易しさがいい。みんなで宿を楽しまなくては!

 ところで、かつて団体旅行全盛時代の頃、お客さんに対する心構えとして著名なコンサルタントの K・Tさんや M・Hさんから、こう言われたことがあります。 お客は 「 ダ・ラ・リ 」の論理なんだよ、と。
旅館に来て 「 無駄・斑・無理 」 「 ムダ・ムラ・ムリ 」 をして息抜きをするんだから ( 三語の語尾を採って、ダラリの論理 ) 、その対応が従業員に出来なければダメなんだ。だからその辺を心得て設計しないと・・・・。                                      
一応お聞きしたものの、そんなもんだろうか? 品性なんかどこへやら! もてなす側、もてなされる側、お互いのマナーも大切だろうに! ・・・・・と。
            
そんなわだかまりが心の中で疼きながら、もうちょっと互いに気高くありたいと設計者としてはひそかに思っていました。


 お座敷大学や、芸者の格好で写真を撮る・・・・安易な発想、温泉地でよくやる手 ?
市長や町長は何を考えているのか! どこかが間違っている。町づくりは人づくり、温泉街も人づくり、そこからすべてが始まるのに。
          
どうして温泉や、旅館の良さ、その町の良さを本道でアピールしないのか! 
オリジナルな地域・地勢に合った環境としての町並みと、町に住む人々の生活の輝きを体感して欲しい、そこにこそ観光の本質がある。
 そこに住むことを愛し、そこに住むことを楽しんでいる住民であふれている町は、歩いていても楽しい。夜の遊興やお遊びだけではダメなんであって、そこに陽ざしを当てよう。

なぜその地域の自然環境を生かした施設や室礼 ( しつらい )、 料理やもてなしで勝負をしないのか、それが有っての観光地ではないのか・・・・それが悲しい。
             
麗しき山紫水明の国日本。本道に戻そう! やれば出来る、きっと出来る。 


◎ 茂木健一郎さんは近著 「 日本のクオリア 」 の中で “ 易しさ・難しさ ”
“ 温泉宿 ” についてこう述べています:

 学問が進むとは、易しいことが難しいことであると理解するものだという説もある。
この世で一番易しいこと、難しい事は実は一つのことである。そして、その二つを結ぶ節として、 「 私 」 が存在する・・・・・。

 そんなことを考えながら畳の上に大の字になっていたら、いつの間にか眠り込んでいた。温泉宿の最高の贅沢は、思いもかけず微睡(まどろ)むことである。特に、考えてもすぐには詮方(せんかた)ない事はそうやってフェードアウトするのが良い。 

 眠りに不意打ちされる。その前後不覚の質もまた、宿の設いに左右されるような気がするのは不思議である。温泉宿とは、ついに、夢見るそのかたちを設計する場所ではなかったか。
 お湯に入る。景色の良い露天は何よりの贅沢である。ふんだんに溢れる湯に浸かり、ひんやりとした外気に顔を出す。手で水をすくい、踊る模様を見つめる。

 そうやってやり過ごしているうちに時は満ち、ご馳走の時間になった。

 全てを委ねる。赤子になる。仏教僧は托鉢で生きる。我もまた、いただいたものを味わい、命と魂の糧とする。よく吟味された、素晴らしい夕食。メニューなどない。あれこれ選択することも無い。・・・・宿の方々の心尽くしに手を合わせる。

● 私(増澤)、他人(ひと)の感性を借りて ‘ 宿り ’ を再認識した気がする。
  

Posted by masuzawa05 at 09:01Comments(0)

2009年07月21日

東山魁夷展に行ってきました

 美しい風景画に魅せられて息を呑んで会場を一巡り、こんな絵が描けたらいいなと、叶わぬ夢を見る。どの絵もその風貌に似て、なんとものびやか・まろやかでいい。

 私(増澤)にとって、断片的には良く知っているつもりでも、全体的には良く知らない画家。生い立ちも含め、こういう機会が無ければそれだけで終わってしまう・・・危うさ。今回はしっかりと見た。
イラスト









 全編にわたって盛り上がるようなアースカラーの乱舞と、馥郁たる季節の詩 ( うた ) があった。        

静謐にして時に激しく躍動する 「 色・色・色 」 そして 「 絵 」。 これはまさしく “ 少年を内に秘めた大人の夢 ” だ。


◎ 第1章 :模索の時代 (以降、生誕100年展冊子より抜粋)

 戦後、東山は残った最後の肉親である母と弟を亡くし、初の日展にも落選した。そして、失意のうちに房総半島の鹿野山に登り、初めて自然とひとつになった実感を得たという。それは濁りのない澄んだ心で自然を見ることによって、自らもこの大自然の一部として、あるがままの世界を受け入れることができたからであった。

 ● 残照(Afterglow)
1





     
 ● 郷愁(Nostalgia)
2





     
○ 特集・1: ドイツ留学

 留学先として人気があるのはパリであるが、自分は彼の地で技術的なものを身につけるわけではなく、また単に人気があるからという安易な理由で行き先を決めるのも嫌である。しかも日本人があまりいない場所のほうが、勉強に集中するには望ましい。このように考えて選択したのがドイツであった。

 ● ベルリンの街(スケッチ)
3



     



 ● シャモニーの山(スケッチ)
4



     


◎ 第2章: 東山芸術の確立

 東山の場合、戦前に自身の中で形づくって来た 「 日本画 」 というものの表現に確信を持ちつつ、時代の流れに合わせて自らの資質を生かしてきたところに、その芸術は成立している。その特徴は、一言で言えば単純化された形態であり、簡潔な構図であろう。

 ● 道(Road)

もともと日本人は、道に対して特別な感情を抱いているようだ。たんに空間の移動を示すものとしてではなく、過去と未来をつなぐ時間の流れとして捉えたり、何かを求める求道に譬えたり、あるいは旅そのものを道に重ね合わせたりする。
5
    










 ● 霧(Mist)
6
    













 ● 谿(Valley)
7
     








 ● 光昏(Twilight)
8
   










 ● 山かげ(Shady Mountainside)
9
    











 ● 秋翳(Autumn Shade)
10
     








 ● 青響(Green Echoes)
11
     






 ● 雪降る(Falling Snow)
12










○ 特集・2: 自然と形象とたにま

 ● 秋の山(Mountains in Autumn)
13
 







  

 ● 早春の麦畑(Wheat Fields in Early Spring)
14










 ● たにま(Ravine)
15
 







  


◎ 第3章: ヨーロッパの風景

 ● 映象(Reflected Images)
16
     






○ 特集・3: 白馬のいる風景

 白馬の清楚さよ、これは神か、聖少女か・・・・・私(増澤)そう思ってしまった。
17
 












◎ 第4章: 日本の風景

 京都の風景はこれまで東山が対象としてきた裸のままの自然とは大きく異なる。人の気配のする風景とも言えるであろう。

 ● 照紅葉(Glowing  Autumn Leaves)
18
     







 ● 年暮る(Yearend)
19









◎ 第5章: 町・建物・・・再び北欧に

 ● リーベの家(House in Ribe)
20
     








 ● 夕べの聖堂(Cathedral in the Evening)
21









 ● 雪の城(Castle in Snow)
22
     







○ 特集・4: 窓

 ● 私の窓(My Window)
23












 ● 窓(Window)
24








◎ 第6章: モノクロームと墨

 「墨」は多くの日本画家にとって、憧れの世界である。それは表面の色彩を超えてものの本質を描く、至高の芸術表現であった。古くから日本の画家たちは、中国から伝えられたこの究極の芸術がもつ精神の高みを目指して苦闘しており、それは今も続いている。

 ● 黄山雨過(Huangshan After Rain)
25








 ● 灕江暮色(Lijiang at Twilight)
26








◎ 第7章: おわりなき旅

 東山魁夷は 「 生かされている 」という言葉を平生(へいぜい)からの信条としていた。ひとつの山を越えても、その先には果てることのない遍歴の旅が続く。

 ● 白い朝(White Morning)
27
    







 ● 宵桜(Cherry Blossoms in the Evening)
28







 遍歴の旅は疲れるだろう・・・どうだろうか。  
私(増澤)は疲れる。       
 
しかし 美しき旅だ。
  
Posted by masuzawa05 at 11:03Comments(0)

2009年07月13日

庭のホテル

1
    












 石井建築事務所 ( 熱海、東京 ) の合同役員会兼情報交換会を、水道橋に東京事務所で新築設計した 『 庭のホテル 東京 』 で開いた。

 粋ですっきりした江戸の 「 和 」 を意識したこのホテルはモダンでシンプルな中にも落ち着きとやすらぎを感じさせる 「 美しい和のホテル 」 として2009年5月末日に開業しました。

 私(増澤)としては、元々日本には和のホテルが有ってしかるべきだと思っていましたので、こういう和の感性のホテルがもっといっぱい出来て欲しいと思っている。


● アプローチの庭です
23   

 




● フロントロビーです
4






● 客室階廊下です
5






● 客室です
678a








910




    

 ホテルの客室に障子を入れたタイプはいくつか見ているが、どれも洋室のインテリアに和障子が入っている感じで、いつもしっくりこなかったのだが、初めから和を意識したここのデザインでは違和感が無い様に思えた ( 身びいきか? )。

● レストランです
111213






● 和食堂への連絡通路にあるワインセラーです
14
     





● 和食堂前中庭の俯瞰と和食堂から見た庭です
1516
    





● この建物は免震構造で出来ています
17








 ● 私(増澤)思いますに、さわやかですっきりとした ‘ 和 ’が薫るミニ・シティーホテルであることに好感が持てる。


 しかしながら、庭のホテルに必要なもの・・・・ホテル激戦区東京で ‘ 和 ’ で勝負に出るなら、さびを効かせてスッキリ・クッキリ・センスフルな 『 庭に面した大風呂 』 もしくは 『 星が見える小庭を配した屋上展望風呂 』 に徹底して挑戦して欲しかった。そこが残念だ。 作るとしたら、さしずめ庭に面した和食堂あたりかなという意見もあった。

 そしてもう一点、食事処。東京にはイタリアン、フレンチ、中華、和食等世界の一流店が目白押しなのです。違う土俵で勝負できなかったのか。食べてみて、味・品揃え・器・サーブの仕方( オープンしたてという事を差し引いても ) に見劣りがする。
 いっそのこと居酒屋をベースにして、焼き鳥・寿司・煮物・焼き物・刺身・そば・うどん・お茶漬け等、和の ‘ 無国籍おばんざい ’ 、ヌーベル・キュイジーヌを目指したら良かったのにと思った。


ちなみに、大丸東京店の13Fに最近出来たレストランはワンフロアーにイタリアン、鉄板焼き、和食、生演奏付のバー&ラウンジが有ってお洒落な居食屋 ( いしょくや:居酒屋とお食事処が一体となった形で、私(増澤)がそう勝手に呼称している ) と言う感じがして、気楽な割には高級感がある。鉄板焼きのステーキコース ( 10,000、13,000、18,000円のコース有り ) を食べたけど、刺身、チジミ、酢の物風が折り込まれ、最後の食事はお茶漬け、ミニカレー、ガーリックライスから選べると言う念の入れようでした。そんなレストランが欲しいと思っている方は是非一度ご試食を。

 庭のホテルには私の持論である 『 居食屋 』 がピッタシと思えるのだが・・・・。もう一ひねり欲しかった。



 今まさに東京(都会)発、 ‘ 和ホテル ’ の新しい流れが始まる予感がする。

 「 和ホテルの設計 」 は旅館で培ったノウハウの “ 石井建築事務所 ” に。是非どうぞ! お待ちしています。
  
Posted by masuzawa05 at 10:27Comments(0)

2009年07月06日

詩人の感性に学ぶ・その11

 いろんな雑誌、本、新聞経由でネットサーフィンしていて出会う、珠玉の言葉と、見知らぬ人物からの感動。

東君平イラスト











蟻が 歩いている
蟻は 思う
ちいさな 自分のことなど
誰も見ては いないだろう
               
蟻は見られている
僕が見ている

蟻に限ったことじゃない。

蟻のイラスト1











◎ にげたインコ 
    みつけてください
        おれいします
               
ぼくのインコも にげました
どこへにげたのかは しりません
なぜ にげたのかは わかります
ぼくのインコは みつけないでください
おれいします。
インコ










たとえアヒルの歩みでも
それが小犬の知恵にしろ
自分で選ぶ道だから
自分の歩く道だから
自分の足のむくままに
自分が生きて行く先は
自分の足の下にある。

みち










              

◎ 紅茶の時間

木陰のテーブル
紅茶に うかんだ
レモンの 薄切り
こんな小島に
ふたりで住みたい。

こうちゃ






               

◎ ないしょ

   よいけしきは
すきなひとに みせたい

   よいしらせは
すきなひとに しらせたい

   よいものは
すきなひとに おくりたい

   よいおんがくは
すきなひとに きかせたい

   よいほんは
すきなひとに よませたい

   よいひとは
 だれにも おしえない。

ないしょ









● またまた ほのぼのとして 元気が出そうなわたし(増澤)。

小淵沢のくんぺい童話館(055−136−4514)に行ってみました。今年が生誕70年ということで、くんぺい童話館展が野辺山高原であります。此処小淵沢では様々な作品を展示していて、奥さんとしばし、身内の話が出来てよかった。


“ 君平さんの描く世界は、どこにでもふつうに見られる世界です。いつもわたしたちが見ているものや感じていることなのに、君平さんの絵やおはなしになると、とてもやさしくて素敵なものに変わってしまいます。
 おかあさんのあたたかさ、おとうさんの強さ、にゃんこちゃんの愛らしさ、りすさんのひょうきんさ・・・・・。みんなみんな私たちがたいせつにしていたり、心のどこかで求めていることなのかもしれません。
 なんでもない世界なのに、なぜか幸せになれるなんてとても素晴らしいことですね ”


会話の中で奥さんが、 「 くんぺいさん 」 「 くんぺいさん 」 と呼びかけているのが印象に残りました。
  
Posted by masuzawa05 at 09:04Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター