livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2009年06月29日

白骨 ( しらほね ) 温泉

国際観光施設協会主催の 第四回・ 「 観光交流空間のまちづくり研究会 」 の09年夏会が自然環境保護の上高地に隣接する、長野県松本市白骨温泉で開催されました。

 一般車両の入場を禁止した上高地の自然の中を散策し、その後白骨の白濁する温泉を楽しみつつ、秘湯を守る努力をしている観光地を視察研修するのが目的でした。

 ● この写真は上高地手前にある有料駐車場の看板です。

1
     









 自家用車で乗りつけた私が気にしていたのは、管理運営の実際でした。どんな無料の大駐車場があって、そこからいかに環境に優しい乗り物でピストン輸送してくれるのかという単純な期待でした。

 夏の ‘ 海の家 ’ の客引きの如く、手招きで呼び込まれた有料駐車場で一日駐車券を500円で買わされ ( 此処しかないのですから買わざるを得ない )、 現地への往復はバスかタクシー ( 低排出ガス車らしいのだが ) で又数千円取られます。いいのか悪いのか、仕方ないのか?!

( 翌日環境庁松本自然環境事務所の所長さんに聞いた話では、駐車場だからお金を払うのは当然で、ただしあからさまな勧誘はいかがなものかとの無難な返答でした )。
           
自然保護の立場から パーク・アンド・ライド・アンド・ウォークはいいのだが、こんな美しい自然があるのだから、もっと自然景観に負けないぐらいの、ハードとソフトがマッチした美しい運営方法は無いのかと思いました。

23









 上高地の一気に1500メーターの高低を見やる景色は圧巻でした。


 ● 峠から見下ろす谷底に在るメイン会場の白骨温泉です。( 拡大して見てください )

4







 ● 温泉の入り口部分にある公衆トイレ

5







 ● 環境にマッチさせ、改装された土産物屋。

6






 ● 町営の温泉施設

789







 ● 宿泊した 湯元・齋藤旅館です。白濁した硫黄泉が売り物で、一度入ると又入りに来たくなると言われる通りの良い温泉でした。

10







 ● まちづくりの委員の皆さんの、白骨温泉の財産 ( 宝 ) と題して何十項目もの箇条書きが出来ていて、微笑ましく思えました。

これはその中の一項目 『 温泉粥 』 についての私(増澤)の食後感です。


普通の粥のつもりで口に含むと
プーンと硫黄泉の匂いがする
聞くところによると白骨は中性の硫黄泉
カルシウムを含み、匂いのわりには刺激が少ない
匂いが味と一体となり、ふくらむ
蕗ミソ、などがあれば
口中で複雑な春のハーモニーを奏で、喉もとを流れ下る
温泉粥は初めてではないのだが、まさしく硫黄味の粥だ
清涼な大気と相まって旨い
どんなオリジナルな副食を取り合わせたらいいのか、しばし考える
伝統的な地物の保存食がいいのだろう
金山寺味噌、山魚の甘露煮、蕗の佃煮、山ごぼうの味噌漬け、山菜
飲み疲れた胃腸をいたわりつつ、つれづれに思いをめぐらす朝のひととき
源泉のパワーを身体いっぱいにいただく幸せ。


 この温泉場は我々仲間の倉橋さんがライフワークで設計を手掛けておられ、その面から統一感がある。なかなか出来ないことだ、思い入れが感じられる。


 秘湯は秘湯であるがゆえに、苦心惨憺やっと辿り着けるのがいいのであって、知れ渡ってしまった秘湯、簡単に行けてしまう秘湯は大勢が訪れるただの温泉場になってしまう。いいのだろうか、素朴な疑問が残る・・・・・どうなんだろう。
  

Posted by masuzawa05 at 10:29Comments(0)

2009年06月22日

齢(よわい)を重ねて

 毎朝出掛けに鏡を見ると、父親に似てきたと思う。特に出張の帰り、新幹線の洗面所に映る疲れた吾が顔を見るとギョッとする。
                    
家内は家内で 「 母親に似てきた 」 と言う回数が増えてきた。
157














 他にも喋り方や考え方について、少し間を置いて反芻すると、あの時親爺はこんな喋り方をしたなと思い出す。 鷹揚なようで、やけに気が短かったりして、私もそんな喋り方をすることがままある。
 例えば休日に、時間の拘束も無くゆったりウォーキングしているつもりが、いつしか歩くことに一生懸命で、おまけに歩き始めに設定した時間に外れないようにと、律儀に汗をかいている自分に苦笑いしてしまう。親の諸々を受け継いでいるのだから仕方がないのだが、血筋がそうさせるのであろう。

 家内も亡くなった母親にまつわる同じようなことがあるのだろうか? けれど、そのことは彼女のなかにそっとしておいた方がいいと思うから、まだ聞いたことが無い。

 若い頃から嫌いな父親ではなかったから、今の私に表れる 『 オヤジ 』 はイヤではない。

 父は昔、台湾南部・基隆(キールン)の肝油の工場長として母と過ごした時代のことを、あまり話したがらなかった。母からはバナナの天麩羅が美味しかったことや、住まいの軒先に吊るしたバナナの束を猿によくとられた話をするのを聞いたことがあるが、その頃のことはなにか男の生き方として意に沿わないことがあったのだろうか、聞き漏らした。
 むしろ、中国の戦線で負った太ももの弾傷を見せながらの、戦場にまつわる話を、子供心にワクワクしながら聞いたのを良く憶えている。大砲隊は接近戦があまり無かったのだろうか、アルバムの父は至って暢気そうだ。

 健康な割には注意深く、定期的な健康診断を欠かさなかった父が、丁度12年前の健診日、駅に向かう近くの道路を横断中猛スピードの乗用車にはねられ、あっけなく死んだ。父の遺品を片付けているとき、小さな手帳にまるで遺言のように 「 幸せは家族仲良く暮らすこと 」 と書いてあった。 虫の知らせでもあったのだろうか、今となっては聞く由も無い。

 子供心に憶えている身近に居た戦争体験者のこと、辛抱強くて優しかった昔の大人達のこと、それぞれのかけがえのない人生の襞を聞き漏らし、接し漏らしたことの如何に多いことか・・・。 それが残念である。                                            


齢を重ねるごとに、吾が顔に親の顔をダブらせる自分がいる。
           

微妙にズレながら、時折あらわれ重なり合う互いの心の輪郭に、変えようの無い ‘ つながり ’ を感ずるとすれば、無意識に顕れる偏屈な性格もまた、 『 よし 』 としたい。
  
Posted by masuzawa05 at 09:35Comments(0)

2009年06月15日

デパートのレストラン

 
 東京駅の大丸デパートに用事が有って土曜日に出掛けた。宇佐美駅を朝8:54に出て、宇佐美に14:31に戻るスケジュールを組んだ。15:00頃からいつもの、みのりの村の温浴施設に行きたいからだ。
一旦日程を組むとスケジュール通りにやることばかり考えた挙句、宇佐美で降りるとき電車の網棚に置いたおみやげ 虎屋の 『 夜の梅 』 をコロッと忘れてしまった。終点の下田まで行ってしまわないよう、慌て急いで駅員から電車に電話をしてもらい、家内の運転で次の伊東駅迄車を走らせ忘れ物を受け取るという、余分な落ちまでついた。・・・いつものバッグのほかに紙袋等の荷物が増えるときはご注意を。そしてくれぐれも網棚に置かないこと。

 ところで、デパートのレストランは大食堂というイメージが強いのだが、ここ13Fのレストランは私の記憶では初めてと思われる程本格的イタリアンレストランなのだ。 ( 一般的なレストラン街は12Fに有る ) 東京に有る外資系の一流ホテルのレストランにひけをとらない出来栄えとサービスを提供してくれる。同一フロアーに他にバー&カフェと鉄板焼が有る。

○ 東京駅のホーム屋根越しに新丸ビルの二本が正面に見える
     1








○ レストランの雰囲気と夜のライブの為のピアノコーナーです。

234







○ ランチビュッフェテーブルです

56







● 『 Salvatore Cuomo Bros 』 と言う名のイタリアンレストランでランチビュッフェを摂る。お客さんが入ってくると、有名すし店の “ 若いし ” がお客の方を向いて一斉に 「 いらっしゃい! 」 と元気のいい声を掛けるノリで、ここでは勿論イタリー語で 「一斉に・・・・たしか、ボンジョルノとか !? 」 と声が掛かる。寿司屋に外国人シェフがしびれるご時勢、若いイタリアンシェフのさしがねだろう。

○ 前菜: サラダビュッフェ

7







サラダビュッフェのプレートの向こうにグラスワインの白。チラッと見て、少な目と見たのだが・・・・・。

○ メイン: A・ 生シラスと青菜、からすみのスパゲッティー(チョイスできるメニューは、A〜Hまである。今回は・A )

8







○ 本日のデザート

9







○ コーヒー又は紅茶 ( エスプレッソを頼む )

10






● グラスワインの白 ¥850、を入れて締めて¥3,650也。メインのパスタは和風でいいのだが、からすみをもう少し多く効かせないと香り立たない。そこが拙いと思った。


 最初、グラスワインを頼んだとき、やけに量が少ないと思えたので、食後、ウエイターを呼んで聞いてみたところ、「  グラスが大きいので少なく見えるのでしょう 」 との返事・・・・。     
お客としては見た目の気分も料理のうち、 「 量が少なく見えるから普通サイズのグラスの方がいい 」 と言ったのだが、 「 豪華に見えるグラスを使っています 」 と仕込まれたような強情さ。でも白ワインだからやはりもう少し細身の方がいいと私は思う。

11







 これは丁寧なウエイターが大きさの違うグラスに水を入れて、テーブルに置いて見せてくれた写真です。
 左が豪華に見えるここで使っているグラス、右が一般的なグラス。左は広口のグラスゆえに量が少なく見えるのだ。確かに全然違って見えるけれど量は間違いなく同じ。
              
営業的には、この際、水ではなくワインを入れて見せてくれて、 「 よろしければ、そのままお飲みください。 」 と言えば、私としては末代までの顧客になるのにと、 ‘ 飲んべい ’ としては虫のいいことを思った。


 ところで彼氏の言葉を借りれば,グラスワインはフルボトルから6杯取り。すなはち、750mlの1 / 6 で125mlとのこと、計量しない場合は勘でグラスのかたちの下からカーブのRのどの辺でとめれば125mlかを学ぶのだそうです。ついでに、「 6倍すればフルボトルの値段になるんですね 」 と聞くとその場合はボトルの方が多少お安くなりますと返事が返ってきた。その通り、なかなかのものだ。
            
次に行ったとき私を覚えていて、細身のグラスで出てきたらたいしたものだが・・・・・。近いうちに今度はディナーで行ってみようと思っている。
  
Posted by masuzawa05 at 09:49Comments(0)

2009年06月08日

心に残る建築家の言葉・その23

 ニューヨークの近代美術館(MoMA)で私( 増澤 ) が感じたこと、それを設計者である彼はこう述べていました。

谷口さんのイラスト











◎ 外部と内部があいまいになるような空間づくり:

 たとえば、道に沿って建築があって、その建築と隣の建築がくっついて街となり一つの都市が出来ていくという有機的なつながり、そういう関係の中では創造に対する衝動が今の町の中ではわいてこない。だから私としては抽象化したイメージで単純な箱みたいなものをつくって、都市の中で起こるいろいろな偶然性とか、出会いの体験といったようなものを建築の中に再現するという方法をとっています。空間が立体交差していて、上からも下からも見えるとか、外部と内部との境界がなんとなくあいまいになるような空間をつくろうかとか、というようなことです。例えば狭い繁華街の道路を歩いていると屋内が屋外に感じたり、また逆に外が内に感じたりという、そういう複雑な視覚空間を建物の中につくる。何となく都市の中のような視覚空間をつくるという方法です。

 ● 私(増澤)、MoMAを見てそう思いました。四角い箱の中で交差する、フロアーの違う面に穿たれたように開けられた通路や開口部を見やるとき、そこに行ってみたい衝動と、視覚的には見えないけれど厳然としてある、平面的ではない空間の繋がりを感じました。それと、内と外のつながりの大切さ。

2728     












◎ 制約はむしろ創造のための要素と考える:

 建築というのは、施主と施工者と設計者が協力して初めて使いやすくて、美しくて、長持ちするものが出来る。その三者でうまいコンビネーションができなければ、絶対いい建築ができないのは当然です。日本では発注者の方で建築家を全然、建築に関係ないレベルで選ぶケースがたくさんあるわけですね。それに対して外国の場合は、建築家を選ぶのは非常に重要なことだと考えて、「建築家選考委員会」というのをつくって慎重に検討する。その辺りに違いが大きく表れていると思います。日本の場合は、ビジネスとプロフェッションの違いを発注者の方に分かっていただけない。その辺がわかると偶然とか、無頓着とか、建築に全然関係ないレベルで(建築家)を選んでしまうことはなくなると思うのです。

● 私(増澤)、宿つくりについては、プロとしての実績を元にビジネス最優先で臨みますが、半数ほどは経営コンサルタントとの共同作業になります。お互いのプロフェッションを尊重しながら進めます、そして領空侵犯しないことが肝要です。例えば、発注者が経営や建築設計に詳しく一家言ある場合は、よく見極めた上で仕事をお受けしたいと思います。というのは、終わりまでなかなか相手先の技量の程が解らないのが現実で、( それはお互いさまかもしれませんが ) ならば我々としては ‘ 良く見聞きし解る ’ よう、誠意を持って当たるしかありません。

◎ 建築家としてのプロとは:

 ビジネスは相手との相対的な関係によって仕事をしていくということで、プロフェッションは自分自身の問題だと思うのです。だから私としては、プロフェッショナルは何であるかということを考えて、ビジネスとの違いを自覚するということが頭にあります。

 ところが、あまりプロフェッショナルに傾きすぎると、今度は独断的になってしまう。建築が出来るというのは一つのチャンスで、発注者があり、施工者があり、我々がある。我々はいろいろな条件の中で仕事をするわけで、独断ではいけないということも一つの設計条件といえるわけですね。私としては、いろいろな規制があった方がかえって面白い建築が出来るし、逆にそんなことすべてを創造のための要素と考えて処理していこう、と思っています。

● 私(増澤)思いますに、ヒントは施主(発注者)の中にある、と思います。よく話し合い、観察すること。なおかつ、繊細かつ大胆に耳を傾けるところからすべてが始まる。多くの意見や規制の中に答えがある。

◎ 日本的なものについて:

 日本的といっても、いわゆる和風とか、数奇屋とか、古典的なものとかいうものではなくて、非常に洗練された中で日本的な環境に合う形が出てくるのではないか、これから、そういう独創性のあるものが出てくると思うし、私自身もそういうことを心がけていこうと思っているわけです。


 ● 私(増澤)、宿馬鹿としては、アジアの中の美しく厳しい風土に根ざした ‘ 倭 ’としてのもの造りがあって、結果としての ‘ 和宿 ’ があっていいと思い始めている。

   旅館は日本の伝統文化でありながら、時代に即した ‘ 儲かる商品建築 ’ でなければならないと思っています。儲からないことには事業の継続・メンテナンスができない。

   我々の範疇である 『 温泉旅館は 』 海外の高級リゾートに負けない魅力があるはずなのに、ハード・ソフト共に、生かされていない。


   その為には、顧客満足度と従業員の生産性 ( 適正な人数で効率よく働いて、それでいてお客様に不満を与えない ) を高める仕組みを作ることだと言われて久しいが、なかなか道は遠い。一つ一つ出来る事からやる以外になさそうだ。
  
Posted by masuzawa05 at 10:01Comments(0)

2009年06月01日

枯らしてしまった

   
書1







 今年も楽しみにしていた畑のタラの木、去年先端の大きいのを摘んでしまったので何本か枯れてしまった。知っていながらついつい欲張って多く採ってしまう、素人の浅ましさゆえの失敗だった。

 タラの芽
              

     






 「 雪峰花譜 」 という 美山荘の摘草料理の本にこうありました:

◎ 私が子供の頃は決してこのタラの芽は採らなかった、採ってはいけなかったのである。タラの芽を食べてよいということは家業に就いて板場に立つようになってから物の本に教えられた驚きと共に興味しんしんで初物を口にした。 旨い! なぜこんな旨いものを採ってはいけないと云い続けてきたのであろうかと、初めて疑問に思ったが、その謎は私なりに直ぐ解けた。芽の摘み方によっては木が枯れてしまうのである。其の事は自分の摘み方で立証できた、自分が枯れさせた木が私に教えてくれた自然の摂理を説いて聞かせてくれたのである。 「 木を枯らせてはいけない 」 と、謳い続けること数年にして朽ち果てたタラの木の仲間は、今日も全身にトゲを突き出しては何物も寄付けぬ姿勢で気高く天空を仰いでいる。



 ● 御説の通り、自然の摂理に添えない ‘ 私(増澤)の欲 ’ が枯れさせた。

 タラの芽の天婦羅は旨い。大事に接すれば、永く春先の自然の恵みを享受できたのに後の祭りである。せめてもの償いに、欲も絡めて今年又五本植えた。芽生えてくれたらと祈ったのだが、出てこない。

タラの芽の神は欲の蠢く吾が畑の片隅に芽生えることを躊躇しているのかもしれない。

  
Posted by masuzawa05 at 09:42Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター