livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2009年05月25日

平賀敬 美術館

 
『 巴里 無頼 』

 新聞にて知った 画家・平賀敬。 箱根湯本に美術館が在るのと、なにやら色っぽい絵に誘われて訪れた。

     1












 住まいを展示スペースにしているので、玄関アプローチはこんな感じ。

     2








● 古い木造別荘の廊下、蔵、座敷に所狭しと無造作に飾り置いてある絵の数々、小さく2センチ角ぐらいの紙切れに鉛筆手書きの値札が脇に付いているのが微笑ましい。

 美術館と言うわりには、自由に写真を撮らせる気安さが好きだ。ボランティアの近所の女性が座敷に招き入れ、主人・平賀敬 在りし日のNHK取材ビデオ映像を掛け、お茶と饅頭を出してくれる、またまたこの気楽さにまいる。                                      
此処にお住まいになっている奥様はたまたま病院に行っているとの事で、お会いできなかったが、座敷を一瞥してざっくばらんな暖かなお人柄が偲ばれる。次はぜひともお会いしたい。

345






678






いずれも明るい色気がはち切れんばかりに輝いている。こういう‘ あからさま ’も久しぶりだ。


 予め頼めば入れる、まじりっけの無い源泉100%の湯、 「 どうぞどうぞ! 」 と勧められたが、目的違いで面食らって・・・・・、次は風呂に入りに来よう。

910







 ○ 赤富士:シャンパンの香りのする富士もいいもんだ。

11

     





 ○ 雨:真ん中にある黒い帯は雨の塊で、涙雨なのか、清貧の頃の作品(第7回シェル美術賞展第3席入選)で、売らずに床の間に置いてあるのは、思い出深いからでしょうか。

12
     






 ○ 大観先生のいる風景:真ん中に尊敬してやまない横山大観先生が座り、両脇はへのへのもへじ顔の有象無象(うぞうむぞう)が取り巻くという構図はいいのだが、説明を聴かないとわかりづらい。

13
     






 ○ 花遊図:真ん中が平賀さん、後ろに在る本物の襖絵を閉めると女体が一体となる。

14







 ○ 着物絵: 太郎の屋根に雪降りつむ
        次郎の屋根に雪降りつむ 云々。

15
     










●  三好達治の詩 「 雪 」 の一節(一部)が書かれています。高校生の時、私の友人が彼の詩 「 蟻が蝶を運んでいる、ああヨットのようだ 」 という一節を私に諳んじてくれた思い出、一見がさつそうに見えて、人は見かけによらないとその時思った。今は不動産屋をしています。

 ○ 太郎

16






 ○ 次郎

17






 綿入れ:彼が着ていたのでしょうか、なんともにぎやか。

18






 ○ デスマスク・スケッチ:息子の画家の太郎さんが描いたもの。床脇棚に無造作に置いてある

19







● あっけらかんとしたセクシーさで湯(遊)蕩に明け暮れた、粋な明るさがいい。
障子を開けて本人がひょっこりと現れてきそうな気がする。

 ここには家族の‘ 愛 ’が満ちている。洒脱な絵師 平賀 敬。
     20












◎ 私が箱根湯本に住んで何年になるのか湯本の仲間たちが首をかしげるのをいいことに、私も箱根を終の棲家と思い定め、たまに所望される色紙に「 湯場散人 」などと署名して臆面もない。
 箱根の良さは当然、温泉と言うことになるのだが、日がな湯に浸り、あがれば当然、ビール、お酒ということになり、酔夢のうちに月日が流れ、温泉必ずしも心身に良いとも思われぬ。
 わが庭には湯坂山を源流とする曲水が存在して、仙石原の湿生花園の縮図とでもいうべき水草、山野草が流れに蟠踞し、もはやあまり手入れの要もない。
 いまは、箱根ゆかりの生物を流れに忍ばせることに専念している。
 そろそろ蛍も遊びにやってくる頃だろう。
この春も素性は分からぬが微小なるメダカを放流した。目にもとまらぬ早業で彼らを捕食する鬼ヤンマのヤゴを目撃し、悲喜いずれをとるかに苦慮した。
 いつの夏からか緋メダカの水瓶に河鹿が出現し、ホロホロと哀傷の啼き声を発して縁側の大酒飲みどもをホロリとさせている。昔は河鹿の大合唱だったそうで、木戸孝允こと桂小五郎さんがわが庭を 「 蛙園(あえん) 」 と名づけたそうである。探せばその看板はどこかに存在すると古老から聞いたことがある。
                    平賀 敬 著: 「 マイウエイ 」 より



● この散人居の画家という文士の名文  久しぶりに ‘ しびれた ’。

新聞で知り、ネットで調べ、矢も盾もたまらず訪れた甲斐があった。
  

Posted by masuzawa05 at 10:07Comments(0)

2009年05月18日

建築の ‘ 見せ方 ’

 
旅館の竣工写真を建築写真家に頼むと、先入観念が無い分、意外なアングルからのものが斬新で格好いい場合がある。けれども、お客さんがめったに行きもしないような場所からのカットは、それはそれで事実であり、空間の良さをより引き立てて見せてくれるのであれば営業的表現としては良いのだが、しかし普段のアプローチからの多くのお客様が普通に目にする建物景観が美しくなければ、いくら写真が良くても、外観デザインとしてはダメだと密かに思っている。     
アプローチ空間を仕組む場合、必然としての仕掛けは許されるが、まわりくどいのはいただけない。無理せず自然体のデザインが求められる。


 そんな中、巡り会った一文( 日本建築士事務所連合会月刊誌・Argus-eye ) より 

     1









 「 遠めに五重塔を眺めながらゆっくり歩いて近づいていってこそ、法隆寺の素晴らしさが味わえる。 」 と書いたのは哲学者の和辻哲郎だったように思う。たしかにその通りだ。
 古人はこの場所から塔を仰ぎ見て畏怖の念を感じたのだろうか。そんなことを考えながら斑鳩の里を行く・・・その道程で刻々と変化する塔の表情を見るのが、ここを訪れる楽しみなのである。

     2













 これに比べると、京都・八坂の五重塔は屋根勾配がきつく、立面図に描きおこせば鈍重な印象をぬぐえない。しかし、八坂にはあの屋根勾配の塔がふさわしい。それは現地に行くとよく解る。東大路から坂道を上がりながら塔をみると、きつめの屋根勾配ゆえに瓦が垂木の上に見え隠れするのだ。この場所に法隆寺の五重塔が立っていたとしたら、こんな見え方の楽しみはなかっただろう。設計者は屋根勾配に関して、その立地場所に最適な解を出した。建築の見せ方に対する配慮の賜物である。

     3











 同じ京都には、こんな楽しさを感じさせる所がたくさんある。例えば、慈照寺( 銀閣寺 )。周囲の景色を一旦遮断して銀閣寺垣と呼ばれる垣根の間を歩かせる導入部の巧みさ。

     4














 あるいは、大徳寺高桐院の門から玄関への石畳。紅葉で有名な名庭を垣根越しにチラリとだけ見せて心をくすぐる演出も心憎い。

 我々建築士は外観デザインを立面図を基に考えがちだ。しかし、立面図とは無限遠からその建物を見た図であり、けしてその通りには見ることができない姿図である。だからこそ、立面図的な思考をする一方で、実際の建築の ‘ 見え方 ’ を意識して建築に相対していくべきだろ。
 
「 読書百篇意おのずから通ず 」 とは古来よく言われる格言だが、我々建築士には「 現場百篇意おのずから通ず 」という教えがある。とにかく現場に行ってみる。そして、そこに計画している建物が、どのように見られるかをじっくり検討することの大切さを再認識したい。

 「 いかに見せるか 」・・・それは机上の思考ではカバーできない領域である。よくできた建築の廻りを歩きながら、作者が想定した “ 一番見せたかったアングル ” はどこだったのかを想像する。 こういう視点で作品に接することの面白さを伝えていきたいとおもう。      
( 会員: 戸田和孝さんの寄稿より抜粋。 )


● 私(増澤)思いますに、現地 ( 敷地 ) をよく見ること。そして何度でも歩いてみて、そこの “ 地成り(じなり) ” と “ 空気 ” が発想を喚起し、 建築の ‘ 見せ方 ’ を教えてくれると思っています。



● これは私共で設計した 『 御宿 THE・EARTH 』 の車寄せの ‘ 円空 ’です。鳥羽市のはずれ52,000坪強の原生林の中、海女の磯笛が聞こえる、切り岸に佇む “ 嵐を見る為 ” の瀟洒な16室の和の宿です。                                   
大自然の中に敢えて人工的な ‘ 輪 ’ を挟み結界としました。

 UFO(未確認飛行物体:Unidentified Frying Object ) → IFO( 確認飛行物体:Identified Frying Object )

『 UFO 』 ではなく 『 IFO 』 と洒落つつ、アプローチの見え方を仕掛けました。現況は未だ生々しいですが、カンボジアの遺跡のように、人工的なものも年降りて、やがて幽玄な原生林に埋もれるようにして生き永らえることでしょう。それが大自然に対するお返しのような気がします。

     5








○ UFOついでに、朝日新聞の 奇想遺産 に 『 石の家 』 が出ていました。
  ( 『 藤森照信グランド・ツアー 』 からの 「 UFO 」 編 )

     6











 建築史家の藤森照信さんによると:

 この40年間、古今東西、世界中のいろんな建物を探訪してきたが、自分好みといえるのは、やはり、 “ ポルトガルの石の家 ” につきるだろう。
 第一の特徴は、建築としてちゃんと作れている点だろう。コンクリートの壁には小石が張られ、コンクリートの屋根には瓦が葺かれ、しっかりしたドアとエントツが付く。素人セルフビルドにありがちな思いつきや放縦は見当たらない。 と述べています。

 ちなみに、石の家があるモレイラ・デ・レイはポルトガル北部のファフェ地域に位置する。あたりの丘陵地は樹木も少なく、草原のところどころに岩が転がっている。石の家は、そんな巨岩を四つ組み合わせて屋根を架けて壁で囲ったもの。岩の重さは小さなもので2トン、大きなものは10トンに達すると推定されている。
 近くの都市ギマランエスの建築家が設計し、建設したと考えられている。


● 私(増澤)思いますに、これは 自然に同化させた、見せない建築かもしれない。     
しかしながら、屋根のウロコ状といい、石と壁のブツブツといい、ガラパゴスのイグアナが丘の上で一休みといった風情に見えてしまうから不思議だ。かなり自己主張は激しい。 見せ方もいろいろだが、なにかのついでに一度訪れてみたい建物である。

見せ方も難しいが、生き方はもっと難しい・・・!?
  
Posted by masuzawa05 at 10:27Comments(0)

2009年05月11日

社会人は 『 公私混同 』 を


 「 不思議大好き 」

 「 おいしい生活 」


20080401150232_00001
     












 社会人や企業人に 「 公私混同 」 をすすめているとうかがいました:

○ 「 生活者主導の時代を迎えています。映画も観ない、洋服にも興味が無い、休暇の楽しさもわからないという人がつくる商品は、安全確実かもしれないが、大きなヒットは期待できない。消費する側の自分を目覚めさせ、 『 私 』 で蓄えたことを 『 公 』である仕事に役立てるべきです 」

「 うちの事務所では日ごろから、勤務時間中に映画を観に行ってもいいと言っています。もちろん仕事にまったく関係ない映画でもいい。映画は 『 私 』 のひとつにすぎませんが、想像力を育ててくれるし、心が満たされる。そんな楽しみを知っている人でないと、人の心を打つような商品は生み出せない。自分なりの考えも持てないと思います 」

 「 ‘ 私 ’の思いが感じられない商品やサービスには、もはや心が動かされない。そんな心の時代を迎えたいま、上司に求められるのは、 ‘ ユーモアや微笑だ ’ いかに管理監督するかではなく、部下が心を育む時間をどう確保するか、管理職も発想を切り替える必要がある 」
                         日経 領空侵犯 より。


● 私(増澤)思いますに、

自分が楽しいかどうか
自分はどんな宿に泊まりたいか

そう考えて、あそこに泊まりたい と思う宿がいくつあるだろうか!

旅館のオーナーである貴方は自分の宿に泊まりたいと思いますか?

遊び心が有って、洒落気豊かで、肩の張らない上品さが有る・・・・・・宿。
客に媚びないが、さりげない心遣いで満たされている・・・・・・・・・宿。
 

 「 不思議大好き 」

 「 おいしい生活 」

 「 とっておきの宿 」


 いいねえ・・・・・・・・・上司としては 「 公私混同も芸(デザイン)の種 」 と言いたいところだが・・・・・・。  
Posted by masuzawa05 at 10:07Comments(0)

2009年05月07日

今どきの心の持ちよう


ご自宅を増改築設計した縁で、竣工祝いのお招きを受けた折、さりげなく今年の景気について、大久保さんから何かヒントをいただこうかと思ったのだが。

 やはり予測は難しいのでしょう、 「 ぢっと冬眠でもしていたい雰囲気ですね 」と仰られたのが印象深く残っていました。

     153'








◎ 先日の 『 日経4946FILe 』 この人に聞きたい にこんな対談記事が出ていました:

 Q;不況を生き抜くため、ビジネスパーソンに必用なことは?

 A;資格よりも、汎用的スキルを身につける。
 

 ○ 具体的には、どのようなことを実践していけばいいですか? :

現在の会社で働き続けるのであれば、スキルアップを図っていくことが重要。ただし私が言うスキルとは、資格のことではありません。実際の仕事を通してどんどん質を向上させていくスキルのことです。
 日本のビジネス社会は、欧米に多い資格重視型ではなく、経験を大切にする社会。現場で磨き上げてきた営業、接客、経理などの技術は、汎用的なスキルとなって、例え今勤めている会社が倒産したとしても、ほかの会社で役に立つでしょう。

 ○ 不況という現状を、チャンスに変えることはできますか? :

不況期は産業構造が転換する時期でもあります。第一次石油ショックの後は、チェーン店ビジネスなどが台頭してきました。ですから、現在の不況を経て新しいビジネスが生まれてくる可能性があります。
 これは個人にも言えること。今回の不況は製造業に携わる人にもっとも大きく影響が出ていますが、こうしたときこそ視野を広げて、様々なジャンルの仕事に目を向けるべきです。 製造業の人は製造業でしか働けないと思われがちですが、働く業界を変えることは意外に簡単です。私が所長を務めるリクルートワークス研究所の調査では、製造業で働いていた人で、転職先に別の業種を選んだ人は六割強を占めています。
 例えば、スキルとして高い営業センス持っていれば、物販や飲食業でも力を発揮できるでしょう。新しい道を切り開くためにも、汎用的なスキルを身につけておくことですね。
〔 skill (スキル) : 熟練、腕前、技能、技術 〕        以上、一部抜粋。



● 私(増澤)、こんな時期だから、今まで思っていてもなかなか踏み込んで出来なかった
“ ジャンル ” に踏み込みたいと思っています。
                 
ヒントは

団塊世代の大量リタイア。

企業戦士も家庭に帰る。

必用なのはすまいのリホーム。

ふたり(夫婦)を生きる。

濡れ落ち葉なんて言わせない・・・思いやりを形に表わす。

             
設計における汎用性のあるスキルアップを図り、挑戦すれば、自ずと道は開かれる。  
失敗を恐れていては何もできない。
  
Posted by masuzawa05 at 09:44Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター