livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2009年01月26日

心に残る建築家の言葉・その21 小嶋一浩+赤松佳珠子

私(増澤)、 「 土地 と 建物 と 人 」 を考えていて 行き詰っていました。
                       
そんな時、

◎ カルティベイト(Cultivate)=耕すように建築する。ある日この言葉が目に飛び込んできました。

早速、 ギャラリー 『 間 』 で開かれた 小嶋一浩+赤松佳珠子(かずこ)、CAt展に行ってきました。


146小嶋













 今回は3つのプロジェクトの展覧会をしていました。

以下、TOTO出版 「 耕すように建築する 」 より

 <耕す> という言葉は、「社会を耕す」 「人を耕す」 といった具合に社会学や教育の世界でも用いられる。最近の身近な世界やグローバルという意味での世界を見ていると、こちらもどんどん荒地になりつつあるように思う。そうした中で建築家として私たちに何ができるのだろうか?

 以下の3プロジェクトでは、そうしたことまでが様々な局面で、好むと好まざるに関わらず射程に入ってきてしまう。


一、 UCA (University of Central Asia) 

146-1     









 Naryn Campus キリギスに在るナリンキャンパスであり、タジキスタン、カザフスタン、キリギス共和国の3カ国にそれぞれ1つずつキャンパスを持ち、3キャンパスあわせて1つの大学となる、壮大なプロジェクトである。
 首都ビシュケクから車で5〜6時間、海抜2000m、中国国境の北西に位置しているナリン。その街の西端、レッドマウンテンと呼んでいる高低差200m断崖絶壁に沿った全長5Kmの谷全体が敷地である。「ネックレス」と呼ぶジオメトリーとともに建築群を滑り込ませることにした。風の向き、日当たり、谷と川の高低、夏暑く冬は酷寒の地にあって、多くの建築家やエンジニアやランドスケープデザイナー、複数の設計者のコラボレーションよって進められている。


二、 project  MURAYAMA

146-2     


 
  日産自動車武蔵村山工場跡地に「 全ての人々がやすらぎ、祈りをささげたくなるような場所 」が計画されるようになった。クライアントは仏教の一宗派の教団・真言密教(真如苑―余談ですが、先日ニューヨークの仏像 ( 大日如来坐像 ) オークションで三越のバイヤーが14億で落札した運慶作と言われている物を手に入れた宗教団体)であるが、宗教、宗派を超え、仏教だけでなく他の宗教の人達にも受け入れられる、共に平安、平和を祈る場所を生み出すことが求められている。106haの敷地において空間の大半は森や自然的なランドスケープとなり、寄り添うような建築も徐々に立ち上げ、30年を区切りとする壮大なものである。宗教の違いを越えた ‘ 祈りの空間 ’ を考えるということは、特定の宗教的イコン( 仏像や十字架 )を用いないで、いかにして、 普通の公園でない < 祈り > の場所を生み出すかを考えて提案することであり、
 将来にわたって 「 耕し続ける 」 ことの出来る、最終形を設定しない可能性の場所のためのプラットホーム、あるいは様々な曲 ( イベント )を奏でることのできる‘ 楽器となる空間 ’ の計画をすることである。


三、 HUA ( Ho Chi Minh City University of Architecture )

146-3     


                         
 ホーチミンシティ建築大学新キャンパスプロジェクト。
 敷地はホーチミン市の郊外、メコンデルタの端の低湿地帯に位置する約37haのエリアであり、そこにはメコン川の支流に沿うマングローブの群生、水位差1.5mのほとんど水面のような地盤、厳しい気候と豊かな植生といったメコンデルタならではの圧倒的な自然が存在する。私たちは、この敷地に対して、周辺と切り離すのではなく、地盤より少し高くした輪中(リングロード)と共に、緩やかな「流れ=フルイド」を許容する一筆書きのジオメトリーを滑り込ませて、熱帯地域にも関わらず冷房を前提としないで自然の通風で快適さを創り出す計画を提案した。ここでは近代で繰り返された「自然の支配」ではなく、今ある自然を最大化して捉え、共存するという方法を試みている。だから、敷地を知り、気候や水位変動、地質のデータを読み取り、現地の生活文化をサーヴェイすることは、とりわけ重要となった。


 3プロジェクトの共通点は 「 膨大な敷地 」である。長く関わっているにもかかわらず、いまだ設計途上である。どうやらどれも 「 耕し続けているのだ 」 ということである。従来なら、こうしたプロジェクトを <開発> と呼んでいたであろう。では、<耕す> のと <開発> するのは、どうちがうのか?

○ <開発> は、「計画」や「 マスタープラン 」といつもセットだった。「 マスタープラン 」でゴールを設定し、走り方を「 計画 」してしまえば、とりあえずそれを信じて一斉に走ることができる。そして、20世紀の100年をかけて、あるいはそのもっと前から効率よく地球を壊し続けてきたのだろう。それこそ大量生産のみを目的とし技術をつぎ込んで行われてきた開発的な農業も含めて。
 
 進行中のこれらプロジェクトではその辺りの前提が全く異なってきたことを感じている。まず、「 計画 」 という前提そのものが、議論され続ける。「 マスタープラン 」 など所詮は暫定的だという理解が、共有されている。ゴールは、必ずしも クリア ではない。それ故大勢で同時に走るのはえらくたいへんそうである。今までなら 「 計画 」という名のもとに当たり前に決まっていたことや、逆に切り捨ててきたような事柄も含めて、全部が浮遊する変数と化しているからである。しかし、変数全部を同時に動かしてもなんとかなるような方法そのものを設計できるのではないか、という期待も有る。そうした状況が、
 「 耕し続けている 」 のではないかという感覚に重なってくる。 

● Designing an Instrument Rather than a Song= 作曲ではない。 楽器を設計する。 ( instrument; 器具、楽器 )

 数十年後も、その時代に登場するであろう人々によって耕され続けるサイトで、われわれがターゲットとすべき < 設計 > とは、ある楽器を前提とした鮮やかな作曲ではなく、むしろ楽器そのものを設計することではないだろうか。   以上 本文より。



 私(増澤)以前、ホーチミン市 ( 旧称 サイゴン ) を旅して、メコンデルタに行ったときのこと、中州の一画にある民家の周りをジャスミンの垣根が巡らされており、品のいい初老の御夫婦が淡々とジャスミンの花を摘んでいた思い出がよみがえってきました。ジャスミンティーでも作るのでしょうか。                    
香り立つような美しい光景で、恥ずかしながら暫く覗き込んでいました。そこに創る 『 HUA 』 には出来上がったあかつきには是非とも訪れてみたい。

 
人の 感性・琴線 にふれる オリジナルな 『 楽器 』 をもて、
四季の移ろいを宿す 「 日本を耕し続ける 」
  

Posted by masuzawa05 at 10:17Comments(0)

2009年01月19日

今年のヒント。

146'


    

 






    

 百年に一度という未曾有の世界同時大不況に直面している今 ( 2009年 )、日産のゴーン社長は当時を振り返りこう述べています。
 「 日産危機の1999年は海は静かだったが、日産という船が悪かった。今は船は良くなったが、海が大荒れだ 」 売れ筋のマーチのほとんどを工賃の安いタイで30%安く作り、円高の日本で輸入するという。なるほどと思える一つの選択だ。

 我々事務所もこの十年かけて社体を整備したのだが、 「 船は良くなったが、浮かべる水面が狭すぎる 」 というのが実情である。                  
ヒントを求めて、丁度十年前の不況のときに考えた石井建築事務所生き残りの為の具体的戦略を読み直している。あの時も前途真っ暗闇だった。

 具体的戦略(1999年)

一、 時代の流れに合わせてやり方を変えてゆく柔軟性を持つ。すなはち、どんな時代が来ようともフレキシブルにそれらに対応する。(時代が求めているものを提供する)

二、 勝てるゲームでプレイする。勝ち目の無いものは捨て勝てるもので勝負する。NO1をめざす。

三、 うちは正しい、時代が間違っていると一人気を吐いても、時代に合わなければ取り残される。(あくまでも商売として)

四、 競争のカギはスピード(迅速)である。今日出来ることを明日に延ばさない。午前に出来ることを午後にしない。今出来ることはすぐやる。

五、 オーナーが何を求めているのか、気働きをする。‘のほほん’としていてはダメ、より具体的に親切に考える。性能に完璧を求めるより、素早い対応。良いものも時機を失すると役に立たなくなる時代である。素早く具体的な方法論を提案する。(コンセプトの正統性よりも具体的な処置)

六、 デザイン力・センスで売り込む。

七、 景観・環境への配慮を怠るな! まわりに配慮した建物は生き残る。

八、 ソフト・ハード両面を視野に入れたアフターフォローを充実する。   小さな増改築に結びつける熱意。熱意が次なる大きなものを呼び込む。


 石井建築事務所としては、二十年前に仙台・秋保温泉 茶寮 『 宗園 』 で初めて露付客室を作ったのだが、それから遅れること丁度十年程 (1999年) して、露天風呂付客室が一般的に流行りだして、2〜3の新築物件でそれを実践し、立地条件・環境を加味した時代に合った素早い対応とデザイン力・センスがうけて、糊口を凌いできた。 

 ここにきて日本における旅館の客室数がどんどん減り、ホテルの客室数が旅館の客室数を超えそうな勢いである ( 国際観光施設協会、 協会誌 「 観光施設 」 リーコ・佐藤氏記事より )。冷静に考えてあくまでも結果論ではあるが、旅館の露付客室の出現は温泉を付けることによってホテル客室との差別化による延命を図れたのだが、増え続けるホテル客室に対して今後の課題として旅館はどうあるべきなのだろうか。
                                        
いたずらにホテルナイズされた旅館を作るのではなく、旅館としてのアイデンティティー ( 自己の存在証明 ) を発揮できるハード・ソフトを伴ったリーズナブルプライスの施設創りが必要であろう。そうしなければ日本の伝統文化としての旅館は生き残れないところまできている。


『 倭の宿り 』 とは; 
                          
古来より連綿と続く日本人の ‘ 美・感性 ’ は自然環境という五線譜に託した ‘ 内 ’ と ‘ 外 ’ の空間が織りなす、もてなしとしつらいに込めた四季の賛歌ではなかろうか。
                 
我々ストーリーテラーとしての旅館作りは楽しい。
自然を取り込むことによって、ドラマが生まれる                                   
時に、庭から縁先を通じ宇宙につながる軒の端には神が宿る。

 
                                 
ところで、2009年の年始回りで多くの旅館さんから聞かれる 「 露付客室の次に続く施設作りの一手は!? 」 の問いに、我々プロは具体的にどう答えればいいのだろうか。

● 年初、もの創り面 で考えたこと。

一、 情感の有る 

二、 目的を絞った

三、 合理的な建物を作る

 環境に配慮した、ムダの無い、省エネ、グッドセンスの、ハード・ソフト共に ‘ 温かみのある ’ 「 目的・使い勝手を絞り込んだシンプル建物 」 とでも言えばいいのだろうか。

● 昨年の観光庁発足記念に於ける 国際観光施設協会の 「 景観シンポジウム 」で(財)日本交通公社の小林常務理事が言われた三つのことが地方旅館の将来に向けたキーワードと思えるので列挙して検証の一助としたい。

○ ライフスタイルツーリズム ( 訪問地の生活文化に触れ体験すること ) が大きなトレンドになる。

○ ツーリズムは、環境とコミュニティーに大きく依存していることに気付くこと。環境やコミュニティーと互恵的な関係を構築すべきである。住民とのふれあいが大切である。

○ ツーリズムには、環境を保全しコミュニティーの結束を高める力がある。

1     









● インターネットのクチコミで旅館についての書き込みで多いい ‘ 三つの不評 ’


一、 料理 

一、 料金

一、 サービス

 料金・サービスは努力、反省、考え方次第、でどうにもなるのだが、問題は料理。食!

省力化の為のダイニングではなく、どうしてもここまで出て来て食べて欲しい施設作り。魅力ある食のエンターテイメントが必要である。

● 地域の環境・風景の質を高め、保全に努めることにより、ツーリズムが可能になることを考えると、コミュニティー、環境、ツーリズム、にプラスすること 「 地産地消の食文化 」 が加味され、質を高めながらスパイラル状に連鎖していくのが21世紀に求められる地域主体のツーリズムである。
 あえて言うならば、旅館の部屋出し料理は残るものの、露付客室に続きこれからの旅館のトレンドは食事処 ( 居食処 ) である。 例えば外飯 ( そとめし ) 『 地域内の他の食事処 』 の場合も有りうる。
 
 何を・・・、どんな場所の・・・、オンリーワンな空間で・・・、どの様に・・・食べるか。

一、 本館とは別棟のとっておきの場所に
一、 地域の環境・風景に配慮した
一、 木造伝統工法による
一、 オリジナルな設え
一、 季節を感じながら
一、 地産の食材を使った伝統料理 ( あくまでもその地域らしい創作料理 )
一、 そこで食べることが旅の目的となる


 お風呂も部屋も良くなった。残るは ‘ 居食処 ’ に於ける ‘ 食 ’ !    過激にセンスフルに知恵を絞りたい。
  
Posted by masuzawa05 at 10:01Comments(0)

2009年01月13日

壊れゆく常識

145'

     







     


○ 豊かさとは:

 クイズをひとつ。中間層の世帯の半数には使用人がいる。車を持つ世帯の一割にはお抱え運転手。さて、この国はどこですか?
 答えはインド。今は五千万人程度の中間層は向こう七年で二億〜三億人に増えるという。博報堂の調査によれば年収はたかだか百万ルピー(約二百万円)。日本なら課税最低限以下だが、日本の中間層よりも生活スタイルは豊かだ。

○ 低価格化の衝撃:

 世界銀行によると、同じような新中間層は東アジアを中心に急増し、2030年には05年の三倍の十二億人に達する。世界経済の主役に躍り出る彼らの影響を一言で表現すれば、 「 低価格化革命 」 である。
 「 そんな値段で作れるのは前の座席部分だけ。大赤字だ 」 日本円で約二十万円の超低価格車開発を急ぐインドのタタ自動車からシートの注文を受けた日本メーカーは、即座に取引を断った。だが、A・Tカーニーの試算によると世界中から部品を集めればエアコン、エアバッグ付自動車でも三千ドルでつくれる。

○ 壊れゆく常識:

 日本などの先進国では豊かな消費者が高性能の商品を買うことで企業の利益が生まれ、年金や雇用を守る源泉になってきた。日本企業が不況時にコストダウンを進めても、高付加価値を求める日本の消費者は最後の頼みの綱でもあった。
 ところが、世界の新中間層は違う。これまでの常識を破るような低価格化を企業に求める。企業には一段と厳しいコストダウンの圧力がかかり、雇用を守る以前のような役割を果たすのは難しくなっていく。

○ 不安の正体:

 「 二十五年後には平均的なコンピュータープログラマーと大工のどちらが稼げるか?それは恐らく大工だ 」。米連邦準備理事会(FRB)の元議長のアラン・ブラインダーはいう。平凡なホワイトカラーの仕事は世界のどこかで代替されてしまうのだ。
 06年でみると、米国では上位0・1%の所得層が全体の収入の8%弱を独占する。この割合は過去二十年間で五ポイント増えた。 「 競争に耐える独創的な知 」 に富が集中したからだ。対照的に中間層の取り分はグローバル化で削り取られた。
 「 日本も米国と同じ運命をたどる 」 と見る。苦しくなるのは平均的な労働者や正社員であり、これが漠然とした不安の正体ではないかといわれている。 
      
以上、日経: 「 世界この先 」より抜粋。


 私(増澤)思いますに、ユニクロは売り上げを伸ばしつつ世界を視野に入れている。勝手に解釈すると、キーワードは ‘ 温かさ ’。 フリースのジャンパーやヒートテックの肌着が売れている。 体より人の心が冷えているから・・・。
                 
安くて良いもの(良いものを安く)という付加価値をつけて前進している。私も着ているが大量消費衣料では一目でユニクロと判らないところがいい。

 私どもは高付加価値を付けたリーズナブルな工事費の小規模高質旅館の設計に日本旅館の将来を賭けている。我々は儲かる施設を安く創っていると自負しているのだが、まだ道半ばである。

 ここでもキーワードは素敵さを伴った総合的な ‘ 温かみ ’ かもしれない。
                       
大規模なホテルナイズされた旅館では低価格化という流れの中で、常識が覆りつつあるが、従来の旅館の食事提供の仕方、内容では限界がある。                 
旅館の食事には期待しない。むしろ安く泊まることを望んでいて、一歩外に出ればコンビニを含めて安い食事処はいっぱい有る。そういう層が多いいのも事実である。泊食分離を含めたいろいろの選択肢が有っていい。
                                   
泊まりと温泉に 「 食 」 をどう絡めるか。宿泊棟と離した、とっておきの良い場所で、 ‘ 何 ’ を ‘ どう食べる ’ か? そこが問題だ。

そしてなによりもハード、ソフトを伴った 『 温かな 情緒性 』 の商品化に取り組まなければ! それが急務だ。
  
Posted by masuzawa05 at 10:07Comments(0)

2009年01月07日

ちょっといい話・その5

 誰しも不安に駆られることが多いい、仕事のこと、お金のこと、恋愛、自分の来し方行く末、 そんな時出会った 一文。

145茂木









     『 喜びは不安に由来する 』

 夕暮れの街を歩いている時などに、ふと、理由の無い不安の発作にかられることがある。

 子どもの頃からそうだった。大人になって、社会に慣れ、自分の居場所のようなものができ、普段はそんなことを意識しなくなっても、なお時々発作に襲われる。
 誰でも例外なく裸で生まれてくる。産み落とされた私たちはすぐに産着で包まれ、社会の網の中へと接続される。 

 「 自分は何ものなのか ? 」

 その根源的な問いを、私たちは次第に正面からは問わずに済ませてしまうようになる。夕暮れの街を一人用も無く歩くというような、仕事でもプライベートでもない、特定の文脈から突き放された場所に身を置く時に、初めて 「 自分は何ものなのか 」 と改めて問い直すことができる。夕暮れ現場から立ち上がる何ものかが、私のこころをかきむしるのだろう。                                        
それは、決して死の恐れなどではない。むしろ、生きることそのもののど真ん中にかかわるような何かである。そのとき、私は、むしろ十全に呼吸している。 「 ああ、私は生きているのだ 」 と実感する。若々しさの中で戦慄しているのだ。             (戦慄:恐れて身震いすること)

ああ、世界は、なんと生きることの不安に満ちた場所なのだろう。然し、生命の最も甘美な夢は、その不安こそ母としているはずだ。生きる。そして死ぬ。不安だからこそ、希望を抱く。そのような太古から変わらぬ教えが、私が夕暮れに時折感じる何ともいえない不安の中に潜んでいるように思われる。

人間が社会の中で巻き込まれる軋轢(不和)や混乱も、同種間の社会的相互作用に起因している。それは、一方では愛や友情に結実する福音となるが、一方では私たちの存在を根本から揺るがす事態ともなる。恋のさや当て。男の嫉妬。敵愾心。
他人に対する温かい気持ちを忘れてしまってはいけないが、その一方で、人とのつながりの中におぼれてしまっては、魂の切れ味がにぶる。 「 非人情 」 の通奏低音が響いてこそ、人と触れ合う温かさが身にしみる。
非人情と人情の緊張関係に身を置いてこそ、胸がざわめく。生きるということは、基本的に 「 どうなるかわからない 」 という不安定の縁に自分を置くということである。安定と不安定の間の緊張関係こそが、生命原理の本質である。物質の存在形態として一番安定しているのは結晶だが、それでは生きていることにはならない。

夕暮れの街で、自分を包んでいる関係性が解かれていく。自分がどこから来てどこに流れていくのか。何を後生大事に抱えていくのか。如何に糊口( かゆをすする、生活をすること )を凌いでいくのか。どんな夢を抱くのか。何を恐れるのか。そんなことの全てが揺らぎ、生きるということの偶有性(本質的ではなく偶然的なこと)が露になるとき、 「 生きている! 」 と最も強く確信することができる。
一体何故なのか。その根本的な理由がわからないままに私たちは生まれ、そして死んでいく。考えようによっては限りなく哀れな私たちの人生。しかし、そんなささやかな人生の最も深き喜びは、この先どうなるかわからないという不安こそに由来する。不安の中に生まれ、不安の中に死んでいく。それで良いと思えば、人生はきっと私たちを抱きしめてくれる。
   以上、「風の旅人」 より抜粋。


未だ、そんな境地にはなれないのだが、不安がいつも私(増澤)を覆っている。
そして、不安の雲間から射す一条の光 ( 「 そうなんだ! 」 という些細な納得 ) が、 時折私を喜びと共に包むとき、ほっとする。

そのことの連続が生きるということなのだろうか。
  
Posted by masuzawa05 at 14:07Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター