livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2008年12月29日

適切な言葉

20071217170029_00001

     

     






日経の 「 交遊抄 」 にオリックス副社長・梁瀬行雄さんのこんな一文がありました。

米国人 Dさんとは長い付き合いである。カリフォルニアのビーチボーイとして育ったためビーチから離れられず、会社をホノルルに移し、いまはアロハを正装として仕事をしている。

折に触れて寄せてくれる便りはいつも心ニクイ。A銀行のトップのときは
「 Do the right thing 」。 孤独だったが 「 自分が信じることをやりなさい 」 という彼の言葉に勇気づけられた。

 頭取を辞任したときには
「 Congratulations ! 」。 「 おめでとう、ひと仕事終わったね 」 と言われて気持ちが落着いた。

 オリックスに再就職したときには
「 Smartest choices 」。 「 一番賢い選択だね 」 とのメッセージを贈ってくれた。

 楽園の哲学を持ったDさんとの交わりをいつも楽しみにしている。と結んでいます。  
( 余談ですが最近オリックスの社長になったのを新聞記事で読みました )



 シンプルで心温かい言葉

私、そういう言葉を人生の岐路に寄せてくれる、外国人の友達を持ちたいものだと思っている。

そして、去り行く所員にもそんなつながりを残したいと思うのだが・・・・・。
人生の経験・見識が私に 幅と重み を与えてくれるだろうか、 そこが問題だ。
  

Posted by masuzawa05 at 09:11Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター