livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2008年10月27日

今どきの旅館に必要なもの・その15

     

 カメラ会社の新聞広告に こうありました。

137今どきの

     










 「 まねない だから まねられない 」

  いいものをつくるには技術だけでなく
  確固たるオリジナリティーが必要である。  云々。

旅館のオーナーの ‘ 生き方 ’ ‘ オリジナリティー ’ が問われている。   私(増澤)、そう思います。

 
◎ 似ているといわれる事について:

建築はいつも、まねられる
だけど
イズム はまねられない

つねに イズム をみがく

見てくれではない
その土地と人が醸し出す雰囲気が
形をつくる

まねられてもいい

オーナーの イズム を
その都度
ウチ だけのものとして理解する

オーナーの ‘ オリジナリティー ’ を形に表わす。・・・常に、まねられない。


建築家 安藤忠雄さんは近頃の日経アーキテクチュアのなかで、
「 可能性は自分の中にある 」 と題してこう述べています:

日本には顔の見えるクライアントが少なくなった。多くのプロジェクトでは意思決定する人が見えず、設計者の意思も弱くなる。日本自体が顔の見えない国になっている。現場の技術者は何のために働いているのかを理解できなくなっている。
 一方で、アジア各国ではクライアントの顔が見える。日本と比べて年齢が若く、街づくりや建築に対して熱心だ。日本のクライアントはこの熱心さを欠いている。数字で理解できる資産運用の面だけを追い求めるのだ。クライアントに情熱が無いのに、設計者だけが情熱を傾けることはできない。 と・・・・・。
情熱のあるクライアントの存在が建築設計者の能力を大きく引き出すと説く。


 私(増澤)思いますに、世界が日本の技術と感性に熱い目線を送っているというのに、もったいない。自然や庭と一体になった 『 和の宿 』 は素晴らしい。
  

Posted by masuzawa05 at 09:30Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター