livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2008年07月29日

モディリアーニ(MODIGLIANI)展に行ってきました

   

イラスト     











 六本木に出来た 国立新美術館です。

012     








 創造の興奮に包まれた20世紀初頭のパリにおいて、イタリア人のアメデオ・モディリアーニは最も目立つ芸術家のひとりであったに違いない。流れるような黒髪に頬骨の張った完璧といえる容貌に恵まれ、男らしいボヘミアンの典型であった彼は、パリの美術界に登場してから15年にも満たない僅かな年月の間に多くの作品を残し、1920年に35歳でこの世を去った。

 うりざね顔の中にアーモンド状に切り込まれた翡翠色の目、瞳を描いていないので、シンプルな眼差しに吸い寄せられるように、画中の人物が私のきもち次第でいろいろに語りかけて来る不思議。

 見てきた絵にそっくりなヒョロ長の顔の ‘ 日本のおばさん ’ に ホールでいきなり出会って、 ビックリ!

犠蓮Д廛螢潺謄ヴィスムの発見

 ● ピエロの頭部 

3     















 ● 帽子をかぶった裸婦

4     













 ● 無題(鉛筆スケッチ)

5     















蕎蓮Ъ存嚇段階への移行(カリアティッドの人物像)

 ● カリアティッド

6
















 *建築用語でカリアティッドとは: 古くはアテネのアクロポリスにあるエレクテイオンの有名な人柱像にみられるような、リンテル(まぐさ石)を支える女性像のことをいう。

 ● 大きな赤い胸像

7     















珪蓮Р疆牢の時代(カリアティッドからの変遷―不特定の人物像から実際の人物の肖像画へ)

 ● クララ

8     















 ● 右手で頬杖をつくベアトリス・ヘイスティングス

9     

















 ● 若い娘の肖像

10     













 ● 口髭の男(鉛筆スケッチ)

11     
















 ● コンスタン・ルプートル

12     














 ● 大きな帽子をかぶったジャンヌ・エビュテルヌ

13     














 ◎ 昼時なので3Fのポールボキューズのレストランでランチを摂ることにした。

1415














 ● 前菜:豆のスープ

16     







 ● メインディッシュ:仔羊肉ナヴァラン(煮込み)、春野菜とともに

17     







  フランスパンにはバターはつかなかった!( このパンはバター無しで食べるのだろうか? )
 「 別売りで 何々バター、600円をお付けしますか? 」 と ウエイトレス・・・・もちろん断って、パンに煮込みのソースをつけて食べた。 でも今思えば、どんなバターか味見してみればよかったかも!? 後悔先に立たずでした。

 ● デザート:ムッシュ・ポールボキューズのクレーム・ブリュレ

18     








 ● コーヒー(別売り)

19     









 締めて 3280円也。

特筆すべきはデザート、甘いもの好きな私にはたまらない(私、甘党でもあります)。表面をカリカリに焼いてとろけるような薄焼きプリン。濃厚な合わせ技の ‘ 旨・甘味 ’に完全にノックアウト! これは旨い、筆舌に尽くしがたい。

 レストランは98%が女性、平日だからさもあらん。後は初老のお洒落な身なりの紳士たち。私、昼休みを利用してせかせかと見て回るただのオッサン。

20     











会計時、見開きにポールボキューズの写真が載った、レシート入れ兼用のパンフレット。これは気が利いていてなかなかいい。                        
印象深く記憶に残る。ほか(旅館)でも利用できそうだ。

そして、ここは地下鉄から濡れずに行けるのがいい。
  

Posted by masuzawa05 at 10:30Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: