livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2008年06月30日

詩人の感性に学ぶ・その7

 サムエル・ウルマン原作
 新井満さん 自由訳     

samueru











 私としてはちょっと こそばゆいのですが この一節が気に入っています。

青春とは
真の 青春とは
若き
肉体のなかに
あるのではなく

若き
精神のなかにこそ
ある


arai










 新井満さんの 「千の風になって」という作曲・訳詩がありますが
ここでは辞書を引き引き、訳詩に挑戦してみました。

 メアリー・フライ 原作
 増澤信一郎  勝手 訳  『 千の風になって 』

Do  not  stand  at  my  grave and weep.
私のお墓のそばで、涙を流さないで下さい。
I am not there, I do not sleep.
私はそこには居ないし、眠ってなんかいないのだから。
I am in a thousand winds that blow.
頬をなでる 千 もの風になって。
I am the softly falling snow.
やわらかに舞う 粉雪になって。
I am the gentle showers of rain.
優しく降り注ぐ雨になって。
I am the fields of ripening grain.
名もない野草の 実り になって
I am in the morning hush.
朝の静かさの中で。
I am graceful rush.
優雅な胸騒ぎをおぼえている。

Of beautiful birds in circling flight.  天空をめぐる美しい鳥たちのように。

I am the starshine of the night.
私は 夜空の星のきらめき。
I am in the flowers that bloom.
咲きほこる花々につつまれ。
I am in a quiet room.
おだやかな安らぎにひたり。
I am in the birds that sing.
さえずる小鳥たちと共に。
I am in the each lovely thing.
いとしさに抱かれている。

Do not stand at my grave and cry. だから お墓の前で悲しまないで下さい。

I am not there, I do not die.
私は今そこには居ない そう、貴方の心の中に生きているのだから。


偉そうに言うわりには、お前の勝手訳は 「 たいしたことは無い 」 と言う声が聞こえて来るようです。

では又・・・・・。
  

Posted by masuzawa05 at 10:20Comments(0)

2008年06月23日

近頃考えること

 発想を変えないといけない! と思うことがある。
                 
例えば不動産ファンド、土地等の直接売買取引ではなく、不良債権化した土地や旅館を
銀行から格安で買い、かつ自前若しくは投資家を募り、そのお金を運用し利益を上げる付
加価値取引が全盛である。銀行が手に余る物件をファンドが肩代わりしてくれるので、お
互いに助かるのだが・・・・サブプライムローンのようにその先は? という心配も有る。


 話し変わりますが
 ロダンの 「 考える人 」 は後からつけた名称って・・・・・、知っていました?
 定説からは ‘ もの ’ が見えない

kangaeru-hitorodan     









 その一: 外国人旅行者が増える

日本を訪れる外国人旅行者が2007年で830万人、とりわけ韓国・中国・台湾・タイなどアジアからのお客様が急激に増えている。2010年に1000万人にする政府
の「 ビジット・ジャパン 」キャンペーンも目標達成が視野に入ってきた。最近のニュースでは目標を2000万人にアップするとのこと。
 先日も銀ブラをしていると沢山の中国人の買い物客に出会いました。日本で買うブランド物は関税の関係で中国より安いという。馴染みの鳩居堂も外国人が結構居ましたがなぜか欧米人が多かった。外国人旅行者が2007年に使ったお金は1兆4000億円で日本国内の旅行関係消費の6%を占めるという。                       
先日も上海に行ってきましたが3時間余りで、地図上では沖縄の隣に位置する近くて遠い国だったんですね。アジアの中心は将来的には上海かもしれない、そして日本は技術と文化の中心にならねば。アジア人の日本旅行ブームを一過性に終らせないで、維持継続発展させるにはどうすればいいか、よく考えましょう。


その二: 数奇屋普請

 例えば旅館・ホテル、日本人客ならアジアン・エスニックやバリ・テイストでも新鮮味があるが、客層はアジアがメインでプラス欧米人なら、やっぱり数奇屋建築の宿だろう! 若しくは日本の民家に範をとった倭・モダンか、倭・民芸がいい。数奇屋は好き好き、勝手自由気まま、という解釈をするのなら総くくりで数奇屋建築が主流になる。


 その三: 健康な食生活

 私は健康ダイエットのために石原結実先生の ‘ 朝だけダイエット ’を5〜6年実践している。朝食はニンジンとリンゴのジュースを2合飲むだけで、昼はなるべく軽い食事(できれば蕎麦程度)、但し夜は普通に飲んで食べていい。このダイエットの良さは夜が普通に食べて飲んで良いという点にあると思っています。

 旅館の料理はカロリーが高く、これでもかと量があって不健康極まりないのだが、 『 晴れと褻(け) 』 晴れの食事はたまにだからいいかと思ってしまうが、飽食の時代とはいえ、残すほどたっぷり有って、質と量のバランスは如何なものでしょうか。

 先日来、久司道夫先生のマクロビオティックという本(THE MACROBIOTIC PATH TO TOTAL HEALTH)にはまって、主食は玄米・全粒の乾燥穀粒・大麦・雑穀・ライ麦・トウモロコシ・ソバなどの穀物がいいということで、取り敢えずはお昼の弁当に五穀入りのご飯を摂りはじめ、惣菜には自分で育てた有機無農薬の野菜を入れるようにしている。

 先生はこう述べています:現代の人類が直面している最大の危機は、「 人間性 」が急速に衰弱し退化しつつある事実です。生命を生み出し育成する 「 環境 」 と 「 食物 」の二大要因が、近代の技術商業文明によって汚染され混乱した結果、地球上に 「 生物学的生理学的ノアの洪水 」 が、民族、国家、宗教、職業、家族の別なくひたひたと広がりつつあります。けだし耳の痛い話ではあります。

ちなみに辞書を引くと、
 MACROBIOTIC:長寿食の、食養料理の、自然食の。
 PATH:方針、生き方、道。   とあります。

 食べ方はともかく、よくかむことが大切である! かつてガンジーが言ったように 
「 食べ物は飲みなさい。 飲み物はかみなさい 」                  
そして 腹八分目がのぞましいと、先生は警告しています。


健康の七大条件

● 限りないエネルギー
● 旺盛な食欲
● 安眠・熟睡
● 正確な記憶力
● 平和な心持ち
● 楽しげで機敏
● 尽きない感謝の気持ち


 その四: 環境にやさしい家

 経済産業省は太陽光発電や有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)照明などを備えて二酸化炭素(CO2)排出を抑えた近未来型住宅「ゼロエミッションハウス」を洞爺湖サミットの会場近くに設置すると発表した。施設の電力はすべて太陽光や風力など自然エネルギーでまかなうという。

 私共で設計した新設の旅館もオール電化で賄う(売電ですが)ところも出てきています。       

JR東海の飛行機に対する優位性のキャッチコピーは、自然にやさしいエネルギーを謳っています。電気の元は水力発電がメインだそうです・・・・・!?

 私も将来、わが事務所で開発した木肌美人の1200万住宅にオール電化を採用し、エコ住宅・モデルハウスとして作り、展示場を兼ねた終の棲家にしたいとひそかに思っています。


 その五: 食料自給率

 かつて危機が叫ばれましたが、ここにきて39%という低さに愕然。中国やアメリカ、オーストラリアからの食材に頼ることの危うさと、食材の不健康さに思いをいたさねば! まして食材をガソリンの代替エネルギーに使うなんて神への冒涜である( 食材でない植物ならいいが )。  驕りの地球は温暖化によるしっぺ返しを受け始めた。

 中国は水が少なく、耕地も少ない。彼らが国内用に農産物を向けたらどうなるのだろう
か、日本には伝統的な良い食文化がある、米・雑穀・野菜・魚・海草、味噌等の二次製品を100%近く自給して健康に暮らせそうなきがするのだが。

 かつての日本の飛脚に肉食と従来の菜食に分けて与え、走らせたところ菜食飛脚の方がロングディスタンスを走り抜けたそうです。動物性たんぱく質より植物性たんぱく質の方がエネルギー源としては勝っている。


 と、いろんなことを考える今日この頃です。
  
Posted by masuzawa05 at 11:01Comments(0)

2008年06月16日

COOL(かっこいい)−クール

日本のアニメやゲームなどポップ・カルチャーが海外では
クール( かっこいい )と呼ばれて人気が高い。

sugiyama










  クールジャパン:世界が買いたがる日本(書籍)より

 「 クールジャパン 」という言葉が市民権を得始めたのはここ三年ほどのことだ。
そのきっかけは『 ポケモン 』だった。

 アメリカの外交専門誌 『 フォーリン・ポリシー 』の2002年に掲載された
‘ 日本のグロス・ナショナル・クール(Japan’s Gross National Cool) ’ という論文だった。
 その論文で 「 現代の国力を見るに、GNP(国民総生産) やGDP(国内総生産)といった、従来の経済指標では尺度になりえない。一国のもつ クールさ(かっこよさ)で計る必要がある 」として 「 GNC(グロス・ナショナル・クール) 」という概念を提唱したのだ。

* 余談だがブータンの「 GNH(グロス・ナショナル・ハッピネス) 」はローハス的さわやかな誠実愚鈍と言う意味で、私(増澤)としてはその対極にあると思うのだが・・・。

 食文化、アニメ、音楽、ファッション、建築、さらに現代アートなども含めて、新しい日本の魅力を世界が発見しつつあることをふまえての論文だった。

 日本は クール なのだ!

 少しデザインに興味を持つ人なら、家電製品や自動車でも建築でも欧米のデザイナーが作るものと、日本のデザイナーが作るものとでは微妙に違いがあることに気づくだろう。

 わび・さびとも通じるシンプルを旨とし、どこか淡白な形や配色を得意としている。
その理由として、自然と対峙するのではなく共生してきたことが語られ、さかのぼって照葉樹林帯を代表する、日本の気候風土から説明されることもある。

たしかにドイツの建築家、ブルーノ・タウトが見いだした桂離宮の美しさは、そうした自然環境と切り離しては語れないだろう。だが近年、「 クール・ジャパン 」として評価される日本の工業デザインには、もっと別な要素が重要な役割を果たしていると思う。
あまり指摘されないことだが、デザインの背景に、アニメで慣れ親しんだ形が潜んでいるのである。

少し前まで海外市場で日本の工業製品は、機能と品質の高さが特徴だったが、現在ではデザインのクールさでも人気が高い。日本のアニメに慣れ親しんだ人々は、画面から抜け出したようなメカの格好よさを感じているのである。・・・・・と述べています。


私(増澤)思うに、外国人は、例えば日本建築の何に‘ クールさ ’を感じるのだろうか? 多くの想いを情念として盛り込みつつ、削りに削り、生のままの姿をさらす、自然に逆らわず共生する、 たとえばシンプルな空間美・・・数奇屋。

弱輩ゆえ、先人の残した集大成された形を、畏れ多くていじくりがたいが、それは其れとして置いといて、身近な、手描きの大工さん仕事の延長線上にある木造空間に、CADを使ったハイテクっぽい近代数奇屋が創れないかと思い始めている(数寄屋は数奇、好き好き、自由気まま)。もちろんそういう簡易的トゥールが有ってのことだが、すると、ここそこに出来る住まいも変わってくるだろう。

和食ブームに乗せて、時にアニメの力を借りて、コンテンツとしての建築美や宿の過ごし方を描けないだろうか?・・・と思い始めている。世界に向けて(中国等に向けての逆輸出 ) 和の潤いのある建築を発信したい。


反面、                                    
クールと袂を分かち、もっとドロドロとした人間くさい、建築家・藤森照信的に「倭人の棲家」のようなものをひそかに創りたいと思ってもいるのだが、ドロドロの先にあるクールさはローハス的同根異夢かもしれない、いかがなものでしょうか。

かくなるうえは 人格と言うか 品格を備えて後、クールに生きる・・・・・、ドロド
ロ・クール。
そう、・・・・・クールな(カッコいい)旅館、ドロドロ・クールな数寄屋を創る。
              
できるかな・・・その辺のところでゆれ動いています。
  
Posted by masuzawa05 at 10:27Comments(0)

2008年06月09日

マイウォーキング・その1

 私は今、静岡県伊東市宇佐美という伊豆半島の付け根、相模湾に面した東海岸の一画に住んでいます、学生時代の4年間を除き、生まれも育ちも 宇佐美です。
 ふるさとに住んで温泉に入り、伊豆の田舎をもっと知りたいと思って、休みの日は極力歩き回っていますので、私の好きなコースをご紹介します。

1-11-2     










 住まいから北側に 山田と言う集落が在って、左手に 伊豆小京都・嵯峨野の朝善寺を見やりながら農道を登り、なだらかなみかん畑をしばらく行くと、古道に出ます。たまたま見つけた道なき道の出会い頭に、これが在ります。左手に山道を上り続けると多賀の滝をへて、隣町多賀(網代)へ通じています。

012     








 日蓮宗の高僧、日朝上人(上人は宇佐美の出身です)派の開いた朝善寺は眼の病に効くということで、近在の人が詣でたのでしょう、かつての村々を繋ぐ分岐点に、埋もれたように苔むした石の道標が在ります。 正面に 何無妙法蓮華経と経文が、脇に「 江戸 四日市 住吉屋仁左衛門 」とあり、側面には朝善寺安全道と刻まれています。

345    











 これは、多賀(網代)と宇佐美をつなぐ古道です。右に折れて少し下ると、東京都中央区立の宇佐美学園があります。そこを右手に見て又少し下ると、宇佐美には珍しい30年程前に畑を切り開いて、何故か長野が本社の北野建設が作った白亜のリゾートマンションが右手に見えてきます。そこを一坂上り、少し下り始めるところに眺めのいい墓地があります。

 これは墓地から見た宇佐美海岸の景色です。

67     










 小学生のころこの浜で、春先 磯もの(アサリや貝)を採ったものですが、夢中になってそのあまり、母が古着の毛糸を解いて編んでくれた、臙脂っぽい・こげ茶色のセーターを磯石の上に置き忘れて波にさらわれ、ひどく叱られた思い出が今でも蘇ります。
                                    
夏は手作りの銛(モリ)を持って、六尺褌で蛸(タコ)やカサゴを突いた遊び場でした。    
僕らの褌は赤フンではなく、なぜか紫色のもので、子供心にそれが ‘ 粋 ’ だと思っていました。 夜のウォーキングはここの堤防を歩きます。

89     










 宇佐美の留田港です。以前は鰹漁のえさの鰯を獲る巻き網の網元が二軒ありましたが、後継者不足で、今は一軒になってしまいました。昨今は見てのとおり、観光釣り船が増えています。

1011     










 かつてこの火の見櫓手前は海で、黒鯛などが釣れる磯でした。今は埋め立てられて面影さえありませんが、いい景色のポイントで、日活の映画撮影がこの火の見櫓を背景に撮影されていました。セピア色の懐かしい思い出です。

12     











 
 全行程 一時間半、約一万歩弱の「 山と海の 」 私だけのウォーキングルートです。
  
Posted by masuzawa05 at 10:48Comments(0)

2008年06月02日

ちょっといい話・その4

     

 「 過保護 」で何が悪い

 「 我が子が世界一 」は当然

goshima












 二人の世界的バイオリニスト、五嶋みどり、五嶋龍さんを生み、自ら指導した 五嶋節
さんのインタビュー記事が 『 教育朝日 』 に出ていました。

● 日本ではアメリカ型の競争社会、格差社会への批判が一部にあります。競争は良くないと、運動会で徒競走をしない学校があるとの話も聞きますが。:

 まったく馬鹿げていますね。社会に出れば競争は現実にあるのだから、学校で競争を避けても意味がない。そもそも子どもは、競争が大好きですよ。勝ち負けがなければ、頑張る張り合いもない。アメリカは確かに格差社会だし、勝ち負けがはっきりしています。でもいいところは、日本のように価値観が一元的でないところです。勉強で負けても、スポーツで負けても、人を笑わせることでは誰にも負けない。そんな自分だけの価値観を尊重する。だから競争社会でも、日本より「 負け組 」といった意識を持っている人は少ない気がします。
 アメリカの親は、どんなに成績が悪くても「 うちの子は心が優しい 」と良いところを自慢する。「 誰がなんと言おうとうちの子は世界一 」といった意識を持つことは大切だし、自然なこと。私自身、ずっとそう思って子どもを育ててきました。親が認めて、ほめてあげないと、子どもは自分に誇りが持てません。親が子どものいいところを見つけ、尊敬の念をもって接すれば、子どもは自分に自信が持てます。自分に自信があれば、ちょっといじめにあったくらいで自殺するようなことは減るように思います。

● 五嶋さんは厳しさの半面、過保護ともいえる愛情を子どもに注いでいますね。:

 バイオリンのレッスンで厳しく接していただけに、それ以外のことではかなり甘やかしました。他人から過保護だと言われようとも関係ありません。子どもを大切にして、しすぎることはありません。 それでも、命をかけて生んで育てた子どもという個人に、誰が責任を取ることができるのかといえば、悲しいかな親ですらない。一般社会に親の出来ないことを求めるのは、しょせん無理。
 講演では「 自分の子どもだけを全身全霊で愛してください 」といいます。そうすれば、おのずから他人の親や子どもの気持ちだってくむことが出来るようになるのではないでしょうか。 と結んでいます。


 私(増澤)思うに、最近、日教組の‘ ゆとり教育 ’が学力低下を招いたとかいわれすったもんだ、でもそれって、日教組や学校任せにしている親の責任逃れの産物だと思われませんか ?! そして躾については徹頭徹尾、親が悪い。

 ところでそう云うお前のところ(家)はどうなんだと聞かれたら:

吾がことでなんですが、ウチの娘はヒト(他人)の立場に立ってよく考え、ひたすら優しい、それが取り柄です。と、親としてはっきり言えます。


 だから
愛情いっぱいに過保護に育てて何が悪い!
                    
愛がありさえすれば 「 放任 」 という我が家の家庭教育だってあるんだ!


いずれにしても、五嶋さんあっぱれ。
  
Posted by masuzawa05 at 14:32Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター