livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2008年04月28日

レム・日比谷に行ってきました

 眠りをテーマに、宿泊に特化したビジネスホテルタイプのミニホテルが日比谷に出来ました。客室の水廻りがなんと シースルー です。

東京駅から、丸ビル裏手の丸の内通りを歩いてペニンシュラを経て、帝国ホテルにぶつかる手前、内角に在ります。有楽町駅から歩いてすぐですが、たまにはこんなウィンドウショッピングを兼ねた、散歩コースもいいものです。 そして銀座も近い。
 

 外観です

01     









 


入り口です

02     








 フロントです

03     








 ロビーです

04     










● コンセプトは眠り:

 心地よい眠りは、今日をリセットするとともに、
 生き生きとした明日に向け
 スタートするきっかけになります
 忙しく過ぎていく毎日の中、
 ホテルで過ごすひととき。
 その中での眠りの位置付けは、とても大きなものです。
 もっと、よい眠りを。 ―以上 ホテルパンフレットより


* レム睡眠とは;
 急速眼球運動( rapid eye movement ―REM )の見られる睡眠。もっとも深い睡眠であるが、脳波は覚醒時に似るので、逆説睡眠ともいわれる。


 それでも眠れない あなたのために 羊数えシートが付いていました。

05     









シングルがほとんどですが1400幅のBEDを使っているので、プラス3000円でダブルとしても使えます。

ルームレートとプランです

06     











BEDとゆったりTVを観るためのマッサージチェアーです

07     









トイレとシャワールームです

08     









洗面です

09     









シングルルームはバスタブ無しで、大きなレインシャワーとハンドシャワーでストゥールに座ってくつろぐ。

水回りは全てガラス張りで、明るく広く見える(全体で15屬覆里世)。いやならばカーテン・ブラインドで隠すことも出来るが、シングルならいいか! ダブル使用の時は、それはそれ? おまけに通りに面しない眺めの悪い部屋は窓辺に水回りを持ってくるという徹底ぶり。

デスク回りにガラスを多用しているので掃除の具合がちょっと気がかりであるが、スッキリ・さわやか シンプルでいい。


そして
● 後日、泊まってみての感想:

 10    










ベッド脇に水廻りが有るので、便器と添い寝しているようです。
     
11     










そこでロールスクリーンを下ろしてみました。こうすれば気にならない、まあまあかな。

バスタブがない代わり、ハンドシャワーとレインシャワーが付いていますが、ハンドシャワーを天井のレインシャワーに切り替えるとき、最初冷水が出ます(びっくり水と言うのでしょうか)、身をかわすスペースが無いのでヒヤッとしました。これはいただけない!

1400幅のベッドは広すぎて、マッサージチェアーのスペースにしわ寄せがいって、そこが狭いです。1200でも良かったと思いました(200の差は大きい)。

ガラスのライティングテーブルは中が見えるのでコンパクトにまとめるにはいいが物を書くには狭すぎる。汚れもあまり気にならなかったが、掃除は結構大変だろうと推察する。
                   
細かいところは抜きにして、ビジネスホテルとしては爽やかな印象でした。

宿泊代13,000円(楽天のネット予約)でちょっと高め、プラス朝食1,000円。和食の白いご飯が美味しくないのが気になりました。‘MUJI’(無印良品)―ノーブランド米 で食べたからでしょうか、それでは洒落にならない。 



竹中工務店の設計施工、客室は国際観光施設協会のインテリア部会のメンバー  NEXT/M の中川さんのコーディネートで、 240.D.S の西尾さんのデザイン。


考え方 デザイン ひとつで 「 箱 」が変わる。
  

Posted by masuzawa05 at 13:36Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター