livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2008年03月24日

今どきの旅館に必要なもの・その13

 今どきの旅館に必要なものは・・・ 逆説的に言うと:

「 今どきの旅館に不必要なもの 」を探し出し、小規模旅館にとってはある意味バブリーなスペースをどれだけ削れるかがポイント・・・・。それが コストダウンにつながり、なお且つウチ(その宿)にとっての個性化に結びつくとしたらこんないい話はない。


◎ 入り口らしき大屋根の付いた門が有って、そこを潜り直接客室に導かれそこでチェックインをする。気ままな時を過ごし、夕食・朝食は部屋を出て外の庭を歩いてレストラン棟に行く。食事が終わったら庭を歩いて部屋に戻る。パブリックの大風呂は無いので、今流行の源泉掛け流しの露天風呂で、川のせせらぎを眺めながらゆったりとした時を過ごす。
 手付かずの自然景観にいだかれ、好きな音楽を聴きながら、清潔で心地よいファニチャーに憩いつつ しばしまどろむ。

 ウチの東京事務所で伊豆湯ヶ島に設計した 「アルカナ・イズ」 を見学に行ってきました。


一、 寄り付きの門、ここでコンシェルジュがお迎え。軒内の吹きさらしに暖炉(なぜか猫が陽だまりにゴロゴロ)向かいに控えの小さな事務室がある。

aru01aru02     








二、 庭を歩いて部屋に向かう(三階建て客棟三棟)

aru03     








三、 部屋、洗面、露天  お部屋でチェックイン。

aru04aru05aru06     








aru07aru08







四、 部屋からの眺め

aru09     






五、 外庭を歩いてレストランへ(フランス料理)

aru10aru11     









六、 部屋に戻る。


● お泊りいただいたお客様 いろいろ そして うんぬん。


「TVがない」
「フランス料理はどうも?」
「パブリックが無い」
「バリアフリーでない」
「外歩きは寒い」
「3〜4人で泊まりたい」


いろんなものをそぎ落としたので シンプル。
イヤなら行かなければいいんであって                  
ウチはこういう宿です、を通し                           
欲をかかずに、二人収容で徹底している。                       
支配人曰く 「 一泊二食の 旅館料金システム のホテルです 」

二人で過ごす快適な洋間
窓外に拡がる非日常の渓谷の美しい景色
源泉掛け流しのゆったりとした露天風呂
美味しいフランス料理 
安らかな眠り 


シティーホテルの客室が自然豊かな 伊豆・天城湯ヶ島に ‘引っ越’ してきた感じ!
なるほど、これならば日本国中 何処へでも引っ越せる。

しっかりとした ソフト が有って、ベタベタしない接客。二人の世界を演出。
そこから生まれる ‘ 建物の形態 ’


機能空間が少ないぶん建物同士の取り合い、配置計画、外部景観との取り合い一つで粋にも野暮にもなる


空間の数 の引き算は明確な経営方針があってこそ決断出来る、そして設備投資金額のコストダウンと宿の個性化を生む。 ここはオーベルジュ、食事の吸引力がポイント。

チェックイン15:00 チェックアウト13:00



これからの時代の 一つの有り様 ではある。 この先を見守りたい。
  

Posted by masuzawa05 at 08:43Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: