livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2008年02月25日

iroha


     





沫雪(あはゆき)の 中に 立ちたる

三千大世界(みちあふち)

また その中に 

沫雪ぞ 降る       ― 良寛。 (三千大世界:宇宙)

 ● 良寛の『 三 嫌 』とは : 詩人の詩・書家の書・料理人の料理・・・う〜んとうなって 私(増澤)、わかる気もする。 (名うての棟梁(建築家)による数奇屋普請の住宅・・・なんてのが無くてよかった・・・?)


123
     









月日は 百代の 過客(かかく)にして

行き交う年も又、旅人也  ― 松尾芭蕉。 (百代:永遠、過客:旅人)                   

● 文意:人は永遠の旅人である


tabi
    









旅という字形に 道中を急ぐ、三度笠・合羽姿 が見え隠れするのですが如何でしょうか。
  

Posted by masuzawa05 at 11:31Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター