livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2008年01月28日

今どきの旅館に必要なもの・その12(温泉旅館の本分)

温泉旅館の 本分は 『 湯 』

 直木賞作家の山本一力(いちりき)さんが朝日のコラム 「 陽を浴びた朝つゆ 」でこう述べていました。


itiriki









 「 添乗員の本分は何だ 」初めての単独添乗を控えた前夜、怖い先輩にこう問われた。
わたしは手近な言葉を使い、あれこれと分かったようなことを言い募った。三十九年前の、二十歳の春だった。
 「 そんな小賢しい考え方で添乗するなら、会社を辞めろ 」 答えを聞いた先輩は、顔つきを目一杯険しくした。
 「 元気に旅に出たお客様を、元気なまま、怪我も病気もさせずに連れ帰ること。これを実行するのが添乗員の本分だ 」
 サービスだの快適性だのは、すべて二の次。元気な姿で出発地点まで連れ帰ることこそが、添乗員に課せられた最大の使命、本分だと心得よ。
                 
三十九年前の先輩の言葉は、いまの時代が真剣に耳を傾けるべき箴言であると確信する。
・ 箴言(しんげん):いましめとなる短い句、格言。(たとえば、ソロモンの箴言とか)

多くの企業が、なにが本分であるかを見失っている。
 食品メーカーは、安全な食べ物を供給すること。
 交通機関は、時刻表通りに安全に旅客を目的地に運ぶこと。
これが本分ではないか。その他のサービスうんぬんは、本分を果たしてこそ光る。

 ならば温泉旅館の本分は?
湯を 堪能できることだろう。
                         
嬉しいことに、なによりも 湯 が命という温泉旅館に出会えた。・・・・・ガラス戸を
開くと、湯殿に立ち込めた硫黄の湯の香が押し寄せてきた。 その強さに、思わずクラッ。こんな体験ができるのも、正真正銘の 『 源泉かけ流し 』 の湯だからだ。・・・・・・・・
 「 温泉旅館の原点に、もう一度立ち返りました 」 湯はどこにも負けないと、社長は笑みを浮かべた。本分をまっとうする者の顔つきは、だれもがさわやかだった。 と、結んでいます。


先日、私(増澤)何軒か設計をやらせていただいているオーナーで会長さんの、竣工検査に立ち会いました。出来上がった施設を回りながら、次のような指摘を受けました。

「お前たちは、意匠ばかりに頭が向いていて、お客様の目線・使い勝手・安全を考慮し、具体的な使用状況に思いを馳せた、設計をしなければダメだ」と、 設計意匠を尊重はするが、俺はいつもお客様のつもり、目線で施設を点検している。


 温泉が有っての温泉旅館
 お客さん有っての温泉旅館

温泉旅館を設計する者の ‘本分’ とは如何に・・・原点に返れば、温泉有っての温泉宿なんですね。 ‘お湯’ が大きな顔を出来る気配り。
(*本分:その人の守るべき本来の分限)


もっと温泉を大事にした設計をしなければ。
  

Posted by masuzawa05 at 10:22
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター