livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2008年01月28日

今どきの旅館に必要なもの・その12(温泉旅館の本分)

温泉旅館の 本分は 『 湯 』

 直木賞作家の山本一力(いちりき)さんが朝日のコラム 「 陽を浴びた朝つゆ 」でこう述べていました。


itiriki









 「 添乗員の本分は何だ 」初めての単独添乗を控えた前夜、怖い先輩にこう問われた。
わたしは手近な言葉を使い、あれこれと分かったようなことを言い募った。三十九年前の、二十歳の春だった。
 「 そんな小賢しい考え方で添乗するなら、会社を辞めろ 」 答えを聞いた先輩は、顔つきを目一杯険しくした。
 「 元気に旅に出たお客様を、元気なまま、怪我も病気もさせずに連れ帰ること。これを実行するのが添乗員の本分だ 」
 サービスだの快適性だのは、すべて二の次。元気な姿で出発地点まで連れ帰ることこそが、添乗員に課せられた最大の使命、本分だと心得よ。
                 
三十九年前の先輩の言葉は、いまの時代が真剣に耳を傾けるべき箴言であると確信する。
・ 箴言(しんげん):いましめとなる短い句、格言。(たとえば、ソロモンの箴言とか)

多くの企業が、なにが本分であるかを見失っている。
 食品メーカーは、安全な食べ物を供給すること。
 交通機関は、時刻表通りに安全に旅客を目的地に運ぶこと。
これが本分ではないか。その他のサービスうんぬんは、本分を果たしてこそ光る。

 ならば温泉旅館の本分は?
湯を 堪能できることだろう。
                         
嬉しいことに、なによりも 湯 が命という温泉旅館に出会えた。・・・・・ガラス戸を
開くと、湯殿に立ち込めた硫黄の湯の香が押し寄せてきた。 その強さに、思わずクラッ。こんな体験ができるのも、正真正銘の 『 源泉かけ流し 』 の湯だからだ。・・・・・・・・
 「 温泉旅館の原点に、もう一度立ち返りました 」 湯はどこにも負けないと、社長は笑みを浮かべた。本分をまっとうする者の顔つきは、だれもがさわやかだった。 と、結んでいます。


先日、私(増澤)何軒か設計をやらせていただいているオーナーで会長さんの、竣工検査に立ち会いました。出来上がった施設を回りながら、次のような指摘を受けました。

「お前たちは、意匠ばかりに頭が向いていて、お客様の目線・使い勝手・安全を考慮し、具体的な使用状況に思いを馳せた、設計をしなければダメだ」と、 設計意匠を尊重はするが、俺はいつもお客様のつもり、目線で施設を点検している。


 温泉が有っての温泉旅館
 お客さん有っての温泉旅館

温泉旅館を設計する者の ‘本分’ とは如何に・・・原点に返れば、温泉有っての温泉宿なんですね。 ‘お湯’ が大きな顔を出来る気配り。
(*本分:その人の守るべき本来の分限)


もっと温泉を大事にした設計をしなければ。
  

Posted by masuzawa05 at 10:22

2008年01月21日

靖国神社に行ってきました



 靖国01









参拝に行ってきました。学生時代は運動部で、学ランを着て外観上はいわば体育会系右翼学生のような格好をしていた割には、以外でしょうが還暦にして初めての参拝でした。

靖国02
     







いろいろの論争が有りながら、「お前はどうなんだ」と問われても、確たる見識も無く、おぼろげに『国のために戦った人々の御霊を祀り、その御霊に礼を尽くす場』・・・・       それが何で悪いのだろうか? 又、 戦犯? であっても、日本では亡くなると等しく‘神’になると・・・・・そういう国(なんでもかんでも水に流してしまう)と思っていました。

欧米の列強のアジアの植民地化に異を唱え大東亜共栄圏構想の下、立ち上がったと父親からは聞いていました。

しかしながら、同じアジアの国々にとって日本は
 侵略されたことの無い、ひとりよがりな考えの国と思われているのでしょう。

靖国03








 たまたま近頃の文藝春秋に 作家の塩野七生(ななみ)さんの‘靖国に行ってきました’と題した同じような初めての訪問記が載っていましたので、私なりに「なるほど」と思いましたので、その辺のポイントを記します。

前段部 略
 私にとって、目的はやはり第二次世界大戦をどう展示しているかにあったので、「大東亜戦争」と題した五室にわたる展示だけはじっくりと見たのである。

 その感想を簡単に言えば、遊就館の展示とは日本側の歴史認識を示したものである、ということだった。つまり、追いこまれてやむなく起ったのが日本にとっての第二次世界大戦であった、と主張するのが目的なのだ。この『目的』のための「手段」である展示の内容なのだが、なかなか良く出来ていた。過度に感情的ではなかったし、感傷というか想い入れも、許容範囲に留まっていると思う。勝っていたのが負けに転じた時点の記述も、意外なくらいに冷静になされていた。

 それでいながら論争が絶えないのは、論者たちがこの種の施設に、敵だった側までが納得できる歴史認識、言い換えれば中立的で客観的で学問的で、それゆえに正しいとされる歴史認識を求めているからではないだろうか。 もしもそれまで求めるならば、学問の場に求めるべきであって、死者と生者の出会いの場である 「死者の都」 に求めるべきではないと、私ならば考える。・・・・・中略

塩野     










 彼女は世界にはもっと噴飯もの の展示施設がいっぱい有ると述べています。 そして、このて の展示とは、いつでもどこでも問題を引き起こすものだと、あきらめた方がよいかもしれない。とも述べています。                         
(世界の列強は過去にことごとく他国を侵略しているのにそこのところは問われず、また特に中国・韓国・北朝鮮の日本に対しての憎しみが強いのが私としては気になる。)

 続いてこう述べています。いっそのこと、靖国とスミソニアンと中国や韓国にある同種の施設のすべてを見てまわるツアーを企画してはどうだろう。 また、日本の首相も 日本を訪れる外国の要人たちに、 「一緒に靖国に行かれませんか、私も貴国訪問の折には、あなた方の国にある同種の施設の見学に同行いただければ願ったりかなったりです」とか、言ってみてはどうか。

 時代はちがったが私もそれをしてきた。これをつづけていると、人間への見方が暖かくなる。 ムキになるのも人間の特色の一つなのだと、考えるようになる。 そして、言うまでも無いことだが、双方で ちがう言い分を聴いて比較する作業に慣れてくると、それらの合間に自然に浮かび上がってくる 「真相」 も見えてくるようになるから面白い    と結んでいます。


 私(増澤)、その通りと思いました。それぞれの国の宗教観を認めつつ、お互いの見識・立場を尊重するところから相互理解と和解が生まれるのではないでしょうか。
               
人間って 元々間違いだらけで、決して立派ではない。でも互いに人類として仲良く、生き延びなければならない。  そう思いませんか!
  
Posted by masuzawa05 at 10:49Comments(0)

2008年01月15日

 熱海に住まう

 新幹線を使って、東京からすぐの セルリアンブルー
非・日常の景色を 日常としたい人   
熱海が素晴らしい


熱海01熱海02熱海03
     







青い海と 空と 山並み
温暖な気候
温泉

熱海は坂の街
適度な負荷のウォーキング
垣間見える美しい景色
家を作れば何処からも ‘ 海 ’が見える

温泉に入り いい空気を吸って 
伊豆・箱根を巡る
食い物は旨く
人情は篤い

金曜の夜から 土・日 を熱海で過ごし
ウイークデーは東京で働く
そんな 私らしい家 を作る人が増えています

都会田舎という言葉が流行っている
ここは 東京都下 湯町熱海

もう少し歳を取ったら 永住もいいかも
孫との距離感も 丁度いい

そうだ  熱海! 住もう。 建物の設計は 石井建築事務所! 頼もう。
  
Posted by masuzawa05 at 10:29Comments(0)

2008年01月07日

マレーシア(MALAYSIA)に行って来ました

010203 







0405    







○ パンコール・ラウ・リゾートに行って来ました。クアラルンプールから車で三時間半の港から、船で一時間かかります。一島が一リゾートの島です。(旅の思い出を日本語から英語に訳してみました=I translated the memory of the trip from Japanese into English)
 (I went to the Pangkor Laut Resort. It took three hours and half by car from Kuala Lumpur to the port and one hour by ship from the port. IT was an One island~One resort.)

○ 水上コテージに泊まりました。部屋から階段で直接海に入れるのかと思っていましたが、階段は無く、水上に在るというだけでした。それが残念でした。
 (I stayed at a cottage that was over the water. I thought that I could into the the sea from the stairs of the cottage. but I couldn’t find the stairs, It just stood on the water, and it was very disappointing.)

○ 揺れない船の家は爽やかで、周りの海には小魚が群れ泳いでいました。
 (The cottage of dose not shaking feels like being on a ship was refreshry , small fish gatherd around the circumference of the cottage and swam. )

○ 給排水・電気は橋の下を通して陸地へと繋がっています。
(Water supply, drainage and the electricity leads to the land through the bottom of the bridge.)

○ 台風が来たときはどうでしたかと聞いたところ、三年前に来たけれど大したことはなかったということです。
(I asked them about the typhoons , they said that the typhoons came three years ago but everything was all right now.) etc.


或る旅館のオーナーさんから、ここのような建物をイメージしていると言われ、一年前に計画したのですが、日程の調整がつかず、やっと今回の旅になりました。

一年中が夏の国、そして一島・一リゾートは ホテルとしての創り方が違う・・・・・。                 
応用できるかな? どうなんだろう! と余計なことを考えるが、それが研修旅行の目的。

集合写真は2007・9月時点の設計オールスタッフです。(平均年齢は私を入れると
40歳です)

集合     






建物はPC杭の様な物の上にコンクリートスラブを置いて木造で建っています。
施設の点検は船の上に脚立を置いて下からしていました。.

建物と水面からの高さは多分、干満の差・経験的波高・平面スケールと水上にある感じ・陸地に繋がる排水勾配 で決まるのだろうが、満ち潮のとき水面に近いほうが景観的には浮いているようで美しい。

08   







 Star Diamond Award の5つ星ということでしたが、マレー語、英語、日本語の入り混じる会話ではサービスの質(マレー人の)に少し不満が残る。それはこちら側の語学力の問題なのか、従業員のトレーニングの問題なのか? (今年世界で初めて6つ星がマンダリンオリエンタル・東京に与えられたというニュース)

 建物や料理が良くても、従業員のサービスマインドと具体的な対応が良くなければ、全て悪いと思われてしまう現実がある。つまるところ‘ 人 ’にありでしょうか。帰国後日本のT旅館のM女将とそんな話しをしたところ(ほんとに、「ウチもそうなのよ」と仰っていました)。   ホテルも旅館も‘ 人 ’が一番難しい。

 ランチに4人で寿司を少々、ラーメンや、ごった煮ミソスープ、白ワイン一本で〆て2万円(1人頭5000円)はこの国の物価レベルからは高いのだが、一島一リゾートでは致し方ないのだろうか。海外では日本食が一番高くつく。                                
ちなみに勤めて3ヶ月の日本人スタッフのお兄さんの月給が7万円だそうです。


●ビーチ・私の足・花・プール・昼寝小屋・レストラン・客室デッキです。

060709   






101112  






13








行きと帰りにクアラルンプールのプリンスホテルに一泊しました。写真は
ペトロナス・タワーの夜景とエレベーターホールに有った花々です。

141516   











私、個人的には嫌いではないフルーツなんですが、一階のエレベーターホールに有った持ち込み禁止の表示です。

17     








これはマレーシアの屋台で紹興酒をあおりつつ、中華の火鍋をつっついている写真です。

所長     












以上、社員研修旅行の一端でした。


南北に細長く、四季のある日本は、宿のつくり方一つとっても色んな要素が有って、一筋縄ではいかないな! と思った旅でした。それ故にやりがいがあり、地域に合った様々なタイプの宿があってしかるべきだと思い始めています。
  
Posted by masuzawa05 at 09:08Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター