livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2007年12月25日

賢者の贈りもの

 話しの発端は夏にニューヨークに行ったときの事、娘がビーチサンダルを履いていた為、高級デパート 「サックス・フィフス・アベニュー」 に入れなかったことを悔やんでいた家内が、朝日新聞・be‘愛の旅人’の O・ヘンリー の記事を読み、その高級デパートの記述から突然 NY を思い出し、当時の高層ビルの写真が載った新聞を私の鼻先につんだして、残念がってそのあまり、貴方 「賢者の贈りもの」 知っているでしょ! ときたもんだ。

 私、忘れていて知らなかった。「 最後の一葉 (The Last Leaf) 」は知っているのだが・・・それは良く憶えていないと言った手前、こっそりと本屋にとんだ(走った)のだが・・・その後の顛末ドタバタは後で。

 これは O・ヘンリーが数々の短編を生み出した街、ニューヨーク。当時と変わらぬ、最初の「摩天楼」 フラットアイアンビル の写真です。

賢者










 


 そのことをニューヨークに居る、カソリック信徒の娘に家内がメールしたもんだから その返信に
「 パパは 賢者の贈りもの 知らなかったの!? それはビックリ 」・・・。クリスマスが近づいて、彼女が仕事の合間に通っている英会話学校でも、つい最近この話を読んでくれたそうです。
 しかしながらニューヨークが舞台であることは知らなかったようですが、原文の題は 「 The Gift of the Magi 」と言うのよ と伝えてきました。

ご存知でしょうが概略です:

 貧しい若夫婦のジムとデラ、この短編のクライマックスは、クリスマスの夜にプレゼントを交換する場面だ。帰宅したジムは、ばっさりと髪を切ったデラを見て驚く。かつら屋に髪の毛を売って、ジムの宝物である懐中時計に似合う鎖を買っていたのだ。ところがジムは懐中時計を売って、デラの長い髪に似合う上等のくしを用意していたのである。
 相手の大切な物のために自分の大切な物を犠牲にしてしまう。贈り物は無駄に終わるが、お互いの深い愛情をこれ以上はない形で確かめ合える。

 O・ヘンリーはニューヨークに1903年から8年間住んで、ニューヨーク・ワールド紙と一編100ドルの契約で日曜版に書き続け、これは1905年12月10日 に掲載されたものです。「The Gift of  the Magi」 日本訳 「賢者の贈り物」です。
                                  新聞記事より 

 読もうと思って、早速本屋で文庫本を買ってきたのだが、家に着くなり、「貴方何を買ってきたの」の 冷たい一言 「家にあるのに!」・・・又、本屋に戻って返却がてら、そのまま帰るわけにもいかず、言われるままに、今話題の「カラマーゾフの兄弟」全5巻を買った次第です。

 ちなみに
◎ Gift: 与えるが原義。与える、贈り物をする、施しものをする(冷たい言い方と思われるので一般にはプレゼントを使う)とあります。

◎ Present: 前にあるが原義。物を目の前に差し出す、贈り物。

プレゼントは 「どうぞ!って言って、物を差し出す。」と言うイメージで、この場合心を与えると考えると、Gift が正解かなと辞書を見ながら私、思ってしまいました。

◎ Magi: 聖書でキリストの降誕を祝いに来た東方の三博士、昔の魔法使い、とあります。私、誰かの名前かと類推していたのですが、違っていました。          

ある演劇では東方から駆けつけた三人の賢者は、あこぎな八百屋に扮してクリスマスのアップルパイ用にと腐りかけたリンゴをデラに売りつけたり、物乞いに姿を変えてジムの懐中時計を奪おうとしたり・・・と新聞の解説にはありました。


家族のメールが まあるい 地球を飛び交い、絆を確かめ合う年の瀬ではあります。

薬害訴訟、一律救済の福田総理の発言あり、先ほどの臨時ニュース。まだ日本も捨てたものではないと思える今日この頃でした。
  

Posted by masuzawa05 at 14:10Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター