livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2007年08月27日

今どきの旅館に必要なもの・その11(施設に手を入れる)

 三十数年お付き合いしている、旅館のM・社長さんと先日、年男同士こんな雑談をしました。

増澤さん、「 旅館業も廃業・倒産・民事再生・経営委譲、いろいろあって、個人企業で生き残っているのは、後5年も経つと数えるほど、なんてならなければいいけど」 etc 。

旅館の設計を生業としている私としてはさびしい限りです。しかしながら、宿泊業が無くなるわけではありません。むしろ財務的に破綻もしていないのに、土地代込み建物を丸々売ってしまうことや、後継者不足や、単なるヤル気無さによる経営放棄で、手放す方々が増えていることのほうが問題です。又、手放したくても債務が有って手放せないケースのほうが実際は多いいかもしれません。

又、割に合わないとの思いから、息子さんを医者や他業種に進ませる方々も多いいようですが、如何したものでしょうか、そんなに魅力のない商売なのでしょうか?
          
私の知り合いの三十代の若いご夫婦で、研修を兼ねて各地に旅をし、ホテル・旅館に泊まることも出来るし、又、いろいろ考えたことが形になり、その反応として、お客さんに喜んでいただけ、感謝されたりするから楽しい。と前向きに明るく喋ってくれる、確かな経営者がいるのも事実です。

経済紙のこんな記事が目に付きました

● 高度成長期に創業 経営者高齢化
● 銀行仲介で後継者
● 中小企業もM&A

 後継者不足や少子高齢化の影響が出てきています。 中小企業向けM&A(企業合併・買収)の相談が増えているとの記事。事業継続のためのM&Aは外資ファンド対策も有って大手企業では普通の事と成ってきていますが、中小企業にも及び始めたとは。
               
ファンドと組んで、何軒かの経営を始めている旅館経営者の方も居ますし、大手企業も参画してきています。所有と経営を分離する欧米ホテル的な考え方もあります。先日も日経に、‘サービス業の進化・下支え’と題して、米ニューヨーク州にある名門コーネル大学でホテル経営を学んだ、日本人の方々の活躍が論じられていました。身近な旅館も例外ではありません。

それぞれの立地、ソフト面での持ち味を活かした、M&Aが有っていいと思うのだが・・・・・、人材次第でしょう。  そんなことは許せないという声も聞こえてきますが。 かつてそんなことを真剣に考えたこともありました。

 旅館に限らずオーナー社長には、自分の会社を売り渡す行為そのものを 『恥』 と考える傾向が強いようです。家業として、当然といえば当然なんですが・・・・・・。  

しかしながら新聞記者の目にはそう映るのでしょう。そして、大手銀行の担当者は「M&Aを成立させるには、経営者のそういう意識を変えてもらうことが課題」と結んでいる。

 身内が経営する旅館の社外監査役という私の立場からは、                 
高齢化・後継者不足と言う二点は切実な問題です。そしてM&Aは検討に値する事柄でも
ある。  先ずは、 ‘魅力ある旅館’ にならなければ !


 ここで重苦しい話はさておいて、

● 小さな改装(マメに手を入れていく)のくりかえし;                          
最近の増・改装例の中で特筆すべきは、オーナーが計算した堅実な財務の内容で少しずつ投資を繰り返して、何年後かにはハード・ソフト共に理想に近づけるという投資スタイルが、低成長下で定着してきた様に思われます。もちろん融資元の理解と、小さい改装工事であっても、融資効果としての、売り上げUP実績が必要なのは言うまでもありません。
                                      
増築は必要最小限にとどめておいて(但し良い大風呂が無いときには思い切って増築若しくは改造をしましょう。日本人客にとっては旅館のお風呂は大切です)、 客室やダイニング、ライブラリー等のパブリックについては改装で済む場合が多いいです。そして、決められた予算の中で、しっかり作って、良いものを永く使う。

私はそれを ‘ダイエット改装’ と呼んでいます。バブル太りした体をスリムに整え直し、時代の要求に応える施術をする。健康維持のためにも早いほうがいい。        
健全さの為のメンテナンスを兼ねた掃除や飾り付けならば、お金を掛けずに、自分たちで今からでも すぐ出来ます。
     
長期計画を立て、改装について今年はここまで、次にしたいことは考えてあるのですがそれは2年後とか・・・・・総合的な完成は10年後。戦いやすい体を徐々に作り上げるのです。
                                  
いついかなる事態にも対処できる、というと語弊がありますが、その時の為に付加価値を付けるのです。


◎ これらは至近なZ・Kホテルさんと、Z・Sホテルさん。H・H旅館さんの大風呂の増築例です

八衛門1八衛門2
















百八1百八2









萩1萩2







いい温泉を持ちながら、大風呂の商品力が弱いときのカンフル剤としてのハード創りの例です。


◎ 又、以下の写真は、適正に予算付けをして、徐々に ‘いいもの’ を作りながら、施設整備をして夢を叶えるという、京都のS・K旅館さんの例です。                     
 
すみや1すみや3








近頃は、上記旅館さんのように、設計概算よりも 「もう少しお金をかけて ‘時代に耐えて永く遣えるいい施設’ を作って下さい」 という要望も増え始め、そういう仕事をしました。                                              
対費用効果としてのバランスを崩してはいけませんが、 まあ、お金をかけると言っても通常の2割UP程度なんですが・・・・・。収容規模の小さい個性派旅館に限らず     『良いものを永く慈しんで使っていく』 そういう成熟化した時代の到来を予感します。


 建築工事は一度に大きなお金が動きます。                   

 「 設計士のやりたいことの為にお金を出すのではない 」 と言われない為にも、    
プロとして『 的を外さず、何をデザインしなければならないかを訴え・明らかにする 』という、一連のコンセプトメークを通じて、お客様の満足を得られるよう 心して臨みたいと思っています。
  

Posted by masuzawa05 at 13:44Comments(0)

2007年08月20日

正しさについて

 朝日の 時事英語に挑戦 の欄に 「 CALL 」 について、イギリスのブレア首相の発言を引用して、こう載っていました。

 Hand on heart , I did what I thought was right .
I may have been wrong . That’s your call。

             ( call : 決心、決定 ) 

ブレア











訳文は:

 『 胸に手を当て省みて、 私は正しいと考えることを行った。
過ちがあったかもしれない。 それは みなさんが決めることです 』。


もう辞任してしまいましたが、 『 間違いがあったかどうか !? 』 を認めるのか、認めないのか、『 正しいか、正しくなかったか !? 』 迷う・・・。
                              
一見開き直りともとれる発言ですが、私としては引退に際し、神に誓って述べる。 
‘JUSTICE( 正しさ、正義 )’について迷うのは当然のことで、ミスは人の常、いたずらに功績を主張するのではなく、国民に問うその姿勢を評価したいと思うのだが。

 国際政治の荒波の中で もまれ・力尽き、一市民に戻るための通過儀礼としての発言として認めたい。と、彼よりちょっとだけ年長者の私としては思います。

◎ ‘ RIGHT ’ について。

 RIGHT ; 間違いの無い 正しい。・・・・好都合な。・・・政治上の右派、右翼。

◎ ちなみに ‘ JUSTICE ’ について。

JUSTICE ; 正義  正当  報い  裁判  正義の女神。


‘正しさ’ 英語の和訳 に内蔵する似て非なる意味合い・・・・・、
                   
ブレアさんの発言に通底する諸刃の剣を感じるのは 私だけでしょうか。 


先日の参院選で自民党が大敗しました、くだらない発言をする議員は問題外として、
 どうも野党は反対のための反対党のような気がしています。野党といっても半数は元の仲間、是々非々として盛り上げていく力量を見せてほしい。トップを戴いたなら、しばらく(4〜5年)はその力量を発揮するチャンスを与えたらどうでしょう。トップの交代はそれからでもいい、天下国家を論じるには時間が必要です。日本人はそんなに馬鹿ではない。 そして、 『美しい国日本』 で何が悪い! と思うのですが。
  
Posted by masuzawa05 at 13:53Comments(0)

2007年08月15日

心に残る建築家の言葉・その11

 以前、「建築作法(さっぽう)」という彼の本を読んでから、ずっと気にしていました。

大江スケッチ










近代建築に欠落しているものを探る と題して以下のように述べています:

 近代建築の中で一体何が欠落しているかということを、いろいろの面から見て行かなければなりません。 ひとつは ‘気配’ とか ‘香り ’というような人間の五感、つまり味覚とか触覚とか、耳馴れたとか、見馴れたという感覚に訴えかけるかけるものです。

‘気配’の中には、 怪しげな気配、 流麗な気配、 重厚な気配 などいろいろなものがあって‘ケ’という広い世界を持っています。

 五感に直接訴えかけるものというのは、生活の中にみんながもっています。 老若男女を問わず、あるいは東洋人であろうと西洋人であろうとまた日本人であろうと。もっているにも関わらず、建築という形になると抜けてしまうことが、 近代建築の担っているひとつの欠陥であろうと思います。                            
たとえば板前を例にとると、いい腕だとか、包丁さばきがいいとか言いますが、何も腕で料理を作るわけではない。 味と腕とは直接には関係ないようなんだが、実は直結しているという思想性が抜けてしまったことが、人びとから建築が離れて行ってしまった大きな原因だと思います。

 それでは ‘ケ’ とは一体何か。‘怪しい’という字を書いても ‘ケ’ だし、霊魂の‘霊’、疾病の‘疾’という字もそうです。もちろん色気の‘気’もそうだし、いろいろな ‘ケ’ があります。いずれも、 何か怪しいものであったり、 美しいものであったり、 悲しいものであったり、 手触りのいいものであったり、 快いものであったり    という種類のものであって、それにこだわっていく事が、あたかも近代化に反するかのごとき考え方は、まさしく錯覚であり、迷信であると思うのです。

 除外することと同時に、 そういうものが落ちこぼれてしまうと、 残るものは味も素気もないものだけになってしまう。近代建築を酷評するとそういう言葉で総括できるような気がします。

能楽堂1能楽堂2











 




 これは国立能楽堂です。 何となく伝統の ‘気配’ を感じます。 私、その‘気配’を一度だけ旅館のロビーに引用させていただきました。


 東大で同級生の建築家・丹下健三さんは学生時代の思い出をこう回想しています:

「東大に入ったらえらく貴公子がいましてね、それが今から考えると大江君なんです。
まず設計の時間になると、セピア色の特別なペンを持ってきて、それでデッサンするんです。それが絵になるわけですね。こういうのがいるんじゃかなわないなと思って、大変ショックでした。そして彼は、体質的に何か日本のものを持っているんじゃないかというきがいたしましたね。」


大江さん、座右の銘はと聞かれて 人にはあまり言わないのですが と ことわって一言; 

『 流麗軽妙 』・・・・・ シャイな紳士。
  
Posted by masuzawa05 at 08:26Comments(0)

2007年08月06日

東京 ミッドタウン に行ってきました

mid スケッチ









    

mid01mid02







mid03

 










六本木、旧防衛庁跡地に出来た複合ビルです。

mid04mid06







mid07








これはガレリアの内観です。                          
大きくはガレリア・プラザ・ガーデン・ミッドタウンイースト・ミッドタウンウエスト・ 
ミッドタウンタワーからなる。

今どきの都心の高層ビルは客寄せホテル(ここではリッツ)と屋外の附帯空間を取り込んで、ゆったりとして ファッショナブルで、着飾って友人と連れ立ってのおしゃれ歩きには丁度良い。
                                    
まるで建物の中が街路であり、界隈を成し、エアコンが効いて、そぞろ歩きがてら、食事もショッピングも出来る人工外部空間化しているのが好ましいのだろう。見る、見られる、見せたい ご婦人や 物見遊山な人々で溢れる。

 ガーデンが又良い、豊かな緑に心が和む。

mid07









 話し変わって学生時代のこと、運動部の幹部交代を、たしか旧防衛庁正門はす向かいの桧苑と言う料亭で、毎年やった思い出がある。                                              
無礼講と言う名目の宴席で、しこたま酒を飲まされて、酔っ払った挙句の醜態ゆえに全員整列させられて殴られたことも、今は懐かしい思い出。
                   
どの場所だったか、40年ぶりに探してみるが見つからず、 場所の記憶は日に日に色褪せてしまったが、‘全体責任’と言う名の体罰の思い出は今も蘇る。
                
誰か知っていたら教えてください。


これは安藤忠雄さん設計の 21_21 DESIGN SIGHTの写真です

mid08










これは隈研吾さん設計のサントリー美術館です

mid09











 美術館巡りは又の機会にするとして、こんな高層の真新しいオフィースに入る企業は、どんな企業なのかと思っていたら、たまたま先日仕事の引き合いがありました。元気な会社には マインドと勢い がある。
                                     
そして、たまには都心の クールさ を味わうのもいいもんだ。


 六本木界隈 開発が進み  なにやら ‘近代文化’ ・・・? が薫る。
  
Posted by masuzawa05 at 10:54Comments(0)

2007年08月01日

新聞掲載

nikkei







07年7月31日(火)の日本経済新聞(静岡版)35面に、弊社が増・改装のお手伝いをした「淘心庵 米屋」が、女将力による旅館の再生事例として取り上げられました。   
Posted by masuzawa05 at 20:40Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター