livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2007年07月30日

お笑いブーム(ユーモアブームではないの?)

 朝日新聞にこんな発言がありました。

『透けて見える世の危うさ』と題して 落語芸術協会会長 落語家・桂 歌丸さんの言葉

桂











 お笑いが大ブームです。 テレビはお笑いタレント総動員で、テンポの速い漫才やコントで笑いっぱなしにさせてくれる。 でも、どうでしょう、私は見ててくたびれちゃう。見た後に何も残らない。手前味噌になるが、聞いた後にジーンとくる、ほのぼのとする、そんなものが欲しくなる。 寄席の盛況は皆さんのそんな気持ちの表れじゃあないか。    となると落語ブームも、ただ喜んでばかりはいられないのかもしれない。ギスギスした世の中の反動じゃないかとも思うんです。

● 弱いものいじめについて;                            
余裕のない、シャレの通じない世の中になってきました。去年を振り返っても、悲しいことや腹立たしいことがありすぎて、一つ一つあげられないくらい。 早い話がいじめ。子供のいじめばかりが問題にされていますが、大人の世界にもあるんじゃないですか。
 たとえば今、政府は増税の話ばっかり、何かあるとすぐ税金をとることばかり考えるよ    
うに見える。なぜか、それは一番簡単だからですよ。取りやすいところから取る、世の中   
の弱いところから取る。楽だから。これ要するに、弱い者いじめでしょ。で、企業には減 
税っていうんだから・・・・・。


● 落語とユーモアについて;                             
大体政治家には笑顔がない。 特に野党の幹部。自民党のほうがまだ表情に余裕がある。外国の政治家は必ず冗談を言います。 笑わせること、人を楽しませることを大事にしている。日本でやったら「不謹慎だ」って言われるでしょうが、政治家にもユーモアや人間味が欲しいですね。 吉田茂、福田赳夫、大平正芳。みんな落語好きでした。 今はいません。後援会の方々は時々団体で寄席に来ますが、政治家本人は来ない。オペラや歌舞伎もいいけど、時には寄席にいらっしゃい。


● 落語家の躾について;                            
落語家の世界は昔ながらの師弟関係です。 弟子には先ず礼儀作法から教える。私生活をきっちりさせる。今は家庭教育がおろそかだから、その分も厳しくする。そして稼ぎのネタになる落語を教えるのは一番最後です。 ところが、企業ってのはそうじゃない。会社で最初に教えるのが金儲けの方法。人間としての土台などは作らない。だから不祥事が次々に起きるんです。
ある時、 飛行機で乗り合わせた政治家が降り際に「あんまり政治家の悪口言うなよ」って言うんです。 「言わないで下さいよ」 じゃなくて。 言い返してやりましたよ。「悪口言われないような政治家になりなよ」って。


● 落語と漫才について;                            
結局大事なのはコミュニケーションなんです。 落語は一人で演じますが登場人物の会話で話が進みます。客席も照明をつけて明るくして、お客の顔を見ながら、反応を見ながらします。コミュニケーションの芸なんです。
 一方、漫才はぶつ切りの笑いを連続するだけで、最後のせりふは必ず「もうええわ」で  
しょ。コミュニケーションを断ち切ってしまう。議論の必要なし、問答無用。こういう笑
いに浸り続けるのは、考えてみると、危険なことじゃないですかねえ。笑いに限った話で
はありませんがね。



 昔、高校生時代、デートで上野の‘ツタンカーメン展’に行った帰り、行き所に困って
上野・鈴本で落語を聴いたことがありますが、舞い上がっていて何の話だったかまったく
憶えていません。寄席の思い出はそれだけです。

 ここ数年手帳の最初のページに ‘ユーモア’と毎年書くのですが、出来ているような          
出来ていないような?そんな会話が出来るように!と、いつも心がけているつもりですが。

日本語のユーモア : こっけい、おかしみ。
英語の HUMOR : 原義は 湿ったもの、体液。そこから派生して 気性、気質。    

日本語のユーモアはむしろ、英語ではJOKEに相当するかも。

 健全な人が持っている ‘共感者’ を得るような人間味溢れるおかしさ。とあります。 ‘共感者’ とあるところがクセモノです。                        


HUMORの本質が 「反応を感じながらの共感者を得るやりとり」 とすれば歌丸師匠の言う落語の本質とイコールではないでしょうか!


 浅い ‘笑い’ に流されず   ユーモアに満ちた豊かな感性で礼儀正しく生きたい。

  

Posted by masuzawa05 at 10:40Comments(0)

2007年07月23日

死にまつわる イメージ

 東北新幹線に友人から電話が入った。数週間前に有給をとって何十年ぶりに一緒にゴルフをした時に母親の具合が悪い話しをしていたが、亡くなったという。40年程前、月末にお金が無くなると、自宅で揚げ餃子をたらふくご馳走になった懐かしい思い出。つづいて密葬するから気遣い無くというメールも入った。
 長く入院していたが、家系の遺伝である糖尿病で最後の幕を閉じたとのこと。救われるのは90歳を過ぎたお父さんが毎日、原宿から病院の在る新宿まで介護の為自転車で出かけていたという、美しい話。・・・息子である友人も糖尿病で薬を飲んでいる。


 先日の朝日の ロンドン駐在 特派員メモ に

宮沢









 宮沢喜一さんと談笑していて、何かの拍子に、今月88歳で亡くなったワルトハイム元国連事務総長のことが話に出たことがある。もう10年も前のことだ。

 「ナチスの疑惑を晴らせないままの晩年、というのはつらいでしょうな。人生の幕引きのときに、彼は何を考えるのかなあ・・・・・」と言った。

 その自分の言葉に誘われてか、
「ミッテラン(元フランス大統領)も最後は延命治療を拒んで、人生と死の意味について宗教者に真剣に尋ねたそうだ」と漏らした。

 ぶしつけにも、では、宮沢さんにとって死は何を意味するのですか、と 聞いた。

政治家の死とは;
 宮沢さんは目を丸くした。
「そりゃ、あなた、いちばんこわいことだな。ぼくの中では、宴会に遅れて行って 『いやあ、みなさん申し訳ない』と座敷のふすまを開けても、反応がない。だれもぼくの存在に気がつかない。そういうイメージでしょうか。」 

 自宅に近い明治神宮の森の散歩におつき合いした。 「ぼくは、どうにも小鳥の目がこわい。ワイフは『きっとあなたの前世は虫で、小鳥に食べられたからよ』なんてからかうんだ」と笑った。
 政治指導者の交代が相次ぐ欧州から、戦後日本に輝く傑出した知性の、心のひだを偲ぶ。と結んでいます。


 私の中にある 死 のイメージは;
多くの人と暗闇の中の一本道を黙々と歩いている、時たま振り返ると、一人二人と減っている。やがて自分もかと思う恐怖 ・・・暗闇から 死の腕が ヌッと出てくるイメージ。

 もう一つは親になったとき なぜか ‘死ねない’ と思った。
 (今思えば ‘生きなければ’という 逆説的なものとして。) 


いづれにしても 死 は誰にも平等におとずれるという・・・神のもとでの平等。

死のイメージは 『 我が生き方 』 でもあると、最近思える。
  
Posted by masuzawa05 at 15:57Comments(0)

2007年07月17日

今どきの旅館に必要なもの・その10(小規模な宿)


 お世話になっている旅館さんに伺って、最近必ず出る話があります。

「小規模な旅館が増えているけど、・・・・・どうなの?」
私ですmini

 




「 設備投資金額が少ないので、単純に計画はたてやすいという事は有ると思いますが、採算性という点については料金面から問題がある場合があります。設計としてのハード面からは、環境を取り込んで、どう個性化を図るか! がむずかしい。 」 とお答えしています。
                                       
かつて過大投資も怖いけど、過小投資のほうがもっと大変だと言われた時期もありました。過小投資は捨て金になると思われていたのでしょう?                              
けれども大事なことは借金が少ないということです。少なければ、その後の日々の営業から捻出した資金で、時代の変化にうまく対応させた小さな施設整備が出来ます。そして、お客様の満足度アップが計れます。 今は そう思っています。

ところで、今どきの 小規模高料金・高質旅館 を支えているのは            
温泉・露付客室 という時代の救世主と 環境・ロケーションです。  

 個性化をはかる際に何よりも助かるのは 立地・景色の良さ であり、それがかなりの部分を占めていると思われます。                                         
幸いなことに、山紫水明の国日本には個性的な良い自然がいたるところに残っていて、そう言った意味では好立地は 無限に有ります。
              
水や緑  花鳥風月  神々しい日の出  厳かな夕日。
         
そう、だから我々は肩の力を抜いて、自然が導いてくれる             
‘呼びかけ’や‘佇まい’ ‘ありよう’ に素直に従ってデザインすればいいのです。                                 
 
「そんなことは当然じゃないか」という声が聞こえてきます、しかし、小規模で高料金・高稼働を上げるには好立地であるかの的確な判断と、オーナーの人となり、感性が大切で、加うるに設計者の 『自然の ‘声’ に耳を澄ます』 気配りとデザイン能力が、絶対条件のような気がいたします。


●営業面から見て、特に現在稼働中の20〜30室以下の旅館さんにとっては、     新しい施設への 移動・客離れ が起きるという具体的な心配事が起きてきました。

 しかしながらそれを繋ぎ止めてリピーターとするためには、私どもの範疇外で生意気なようですが‘料理’と‘サービス’の質 と『 多少の不便さをも含めた居心地の良さ 』 ではないでしょうか。たとえば、建物を含めた室礼(しつらい)を擬人化してとらえると 『 人がら 』 みたいなものといえるでしょう。

ばさらなゆめbig












◎私どもは、物件によっていろいろの ストーリー(物語)をデザインします。

そこのところは ゆずれない 設計士の ‘ 仕事 ’ と心得ています。
物語の イメージ が夢を呼び、インテリアや造園、家具や飾りつけ、空間の昂まり、へと波及していきます。

ばさら武士

 











(この建物を人物に喩えると、坂本龍馬とロートレックの赤いマフラーのポスター絵の男がだぶった、天衣無縫・ちょっと危険 なイメージがありました。)


『 ばさら 邸 』 ストーリー :

 倭人の郷  に在って
 着流しの渋い和服に、赤いマフラー伊達に巻き
 帯に刀 懐にピストルをしのばせ
 きり岸(断崖絶壁)に スックと佇む侍 ひとり

 荒い土かべの和のインテリアに 洋の家具                    
一見世紀末的 なげやりでラフな飾りつけ
異郷の地 自由気まま ‘婆沙羅’ な日本を演出

 時代は 東南アジア、エスニック・テイストから
 日本発 渋派手スタイル  東・亜細亜(極東)の薫りへ
 キリリと締まった 野武士のような
 それは 小気味いい無頼 「倭人の郷」 ・・・・・ ばさら 邸。


 話し変わって、新聞の経済学の欄に 『多様性と混成』 と題して、こんなことが載っていました。

● 将来ビジョンとして;
 これからの資本主義経済の中で、世の中がどう変わっていくのか・・・社会が真に豊かに発展するには、次元の異なる多様性と、混成が重視されてくる。とありました。

 ときおり、旅館という伝統的な ‘類似性’ で一括りされるソフトも含めた施設作りに、飽きられてしまったのではないかと思い、暗澹たる気持ちになることが有りました。
  
 
今、世界で日本料理ブームが起きています。ヘルシーで、素材を大切にする料理感性が見直され注目されています。建築においても伝統的な和の建物を見直してみると、天然の合理的な美しい建築素材が沢山あり、それらは我が国の気候風土で培われた物であり、生活習慣を含め、日本の建物の中でしか生かされない場合が多いように思います。共生の思想です。
     
現代建築にその素材もしくは、近代的なそれに替わる新素材を投入し、日本的なるものを組み立て、蘇らせる一連の作業が必要と思われます。以前訪れた銀山温泉のH・旅館さんでは、そのことを強く感じました。 体感した感性・・・いいものはいい。
                                 
それが、多様性へ向けての、解決の一つの糸口のような気がします。                  
そして VISIT JAPAN  ようこそ ‘日本’ へ繋がるのです。

 低成長・文化的熟成の時代の RYOKAN 創りのキーワードは           
「多様性と混成」 「伝統回帰」 そして 「品格」 が求められてくるように思います。「ざっくばらんな品の良さ」とでも言いましょうか、                 
そういった意味からは、いろいろの種類の 宿 もしくは 旅 を、自由気ままに選択する時代の到来を予感します。         
それぞれに、今あることを認め、それに磨きをかけ個性化を図りましょう。


いろんなタイプの旅館を泊まり歩く。うちから他へ浮気する・・・・・、心配は要りません。 浮気は 人の常、 男の文化、 女の常識。 収容人数が少ない分、あっちこっちを何度も泊まり歩いているうちに、元のところに戻ってきます。

それと、旅人を飽きさせないためには施設の健康に留意し、掃除・メンテナンスをおこたらず、常に小さなお化粧を施す! 自分の体に対する気配りが肝要です。・・・・・・貴方の施設なのですから。                                         
そう、身だしなみが大切なのは言うまでもありません。常に清潔で セクシーであらねばなりません。
                       
貴方には見えなくても、私には見えることもあります。 
お金はそんなに掛かりません、アイディアを買ってください。
 お互いにビジネスチャンスの到来です。
                     
いたずらに 戸惑い・憂えるのではなく、前向きに考え、
日本の ‘文化’ に自信を持ちましょう。


 我々にとっては  新たな  『 挑戦 』 の始まりです。
  
Posted by masuzawa05 at 10:47Comments(0)

2007年07月09日

男性的建築・女性的建築

 有名なコンサルタントの先生(K・T:故人)が昔、私ども事務所の先輩たちの旅館建築を評し、 ある時こうおっしゃっていました: 

「 Nの作るものは男性的で、 Mの作るものは女性的なんだよなー。 どちらかというと、女性的な建物のほうが優しくて、お客には受けるような気がする。旅館建築は女性的なほうがいいのかもしれないなぁー・・・・・どうなんだろう !? 」・・・・・・・・。  
と独り言のように、若造の私に問われました。        

今までコンサルタントの方から 作品としての旅館建築について、 そういう講評を聞いたのはその時が後にも先にも初めてでしたので、 なるほどそんな受け取り方、感じ方が有るのか! 面白い見方だなあ・・・・と思い、 『 旅館建物の批評 』としての、その言葉が深く心に残りました。

 何となく判ったような気がして、それからは他人の作品や自分の作った建物をそんな風に見るようになりました。 今回はどっちなんだろうか? と。
              
ホテルや旅館も商品建築という側面からはお客に受けて、儲かる施設 でなければいけません。そのことは当然として、けれども男性的・女性的ということについて、はっきりこうだという分類法はなく、ずっと 言葉の意味を考え続けています。

今でもそのことを反芻しますが、私自身はどちらかというと、 理屈っぽく、細かいところが気になるような少し女性的感性があるので、その分反動として作る建物は男性的な感じがしないでもないな、 と、自己分析しながら時おり匙加減しているつもりです。


 先日、月刊誌の料理対談で玉村豊男さん(画家でエッセイスト)と 平松洋子さん(エッセイストでフードジャーナリスト) お二人がこう述べていました。 アッ そういう事もあるのかと思って、冒頭の記憶が繋がったので一部ピックアップさせてもらいました。

玉村













・玉村さん:                                   
最近、フランス料理のメニューの中でもスープが回帰しているし、アメリカや日本なんかでも、スープだけの専門店が出てきたりしています。スープというのは基本的に鍋の中に材料を全部入れて、一滴も無駄にしないという女性原理の料理で、家庭の料理なんです。  お祝いとか、宴会のハレの料理には肉を焼いたりするけれど、あれは肉は縮むし肉汁もなくなる無駄の多い料理で、男性原理の料理だと。
 文化人類学ではそういうふうに対比するんですが、今は無駄のない女性原理的なものが優位になってきている時代。それで日常の女性料理、いわゆるおばあちゃんの味というものが、逆に新しく感じられて、ご馳走化されているという流れでしょうね。

・平松さん:                                   
本当にそうですね。ただ、スープというのは、いかに合理的に効率よく、旨みと栄養を逃さずにとるかという家庭料理なので、それがメニューに戻ってきているという潮流はあるかもしれませんが、レストランのスープと家庭のスープでは微妙に違う。

・玉村さん:                                   
でも、王侯貴族のためのフランス料理のような、伝統あるコンソメといった贅沢なスープが戻ってきているわけじゃないですよね。今、脚光を浴びているのは、昔風の家庭のスープで、それをいかにレストランの料理としてアレンジして出すかがシェフの腕の見せどころになっている。家庭の失われた温かさというか、懐かしさを感知しながら、だけど、うちとは違うねえ、みたいな傾向でしょう。・・・・・・・・・・・・・・云々。

 私、いみじくも以前、 旅館料理は料亭や、都会のレストラン料理を真似るのではなく、ローカルで独創的、偉大なる家庭料理や・漁師料理・山村料理でいい。 といった事を思い出し、自説とつながるように思いました。 海であれ、山であれ、地産の素材で、具沢山な うまいスープを味わいたい。

 で、転じて、女性に受けるスープ料理のような ‘ 建築 ’。              
それも家庭で失われた温かい懐かしい味を秘めた‘うち’だけのとっておきの具沢山な      
スープのような、・・・・・・・そう、 味わい深い宿り・旅。  

形にすると限りなく 個性的な別荘建築になると思うのですが、如何でしょうか。

 男性原理から女性原理へ → 『 実をとる宿 』 きれい・すてき が有る       無駄の無い個性派旅館 ?


● ここで一つ 家具考

例えば
・男性的なもの; 桜製作所・ジョージナカジマのアメリカンブラックウォールナットの家具、チャイナの家具


0102












03









・女性的なもの; イタリアンの家具(ジョル・ジェッティー等)

0405







06








      

・中間的なもの; アジアン  韓国  北欧の家具

0708











09












1011










・老人に優しい家具; アーリーアメリカンの大きな布張りぐるみのもの

12












◎ 男性的建築とは: しいて言えば建前建築 
                    
 男性原理のもの  オーソドックス、瓦屋根、破綻のないプラン、カチッとしている、堅い、やりたいようにやれている、こうあるべきに則っている。              
 ・・・こちらでも 最後は粋の程度が問題。

◎ 女性的建築とは: しいて言えば本音の建築                    

 女性原理のもの  形にはまらず 実(じつ)を採る(無駄の無い合理性)、優しい線、柔らかさ、色使いの妙、いい薫りと音、 ちょっと見栄を張る ‘すてき’ が有る    
感覚優先空間             
・・・こちらでも 最後は粋の程度が問題。

 これで正しいかは 私自身わからない(というのは非常に男性的なのに女性らしさのある人、又逆も真なりで)・・・・・タレントで言えば誰だろう? 
            
個人的趣味で言うと女優の菊川怜さんとか・・・(当然女性なのだが かなり男性的)   
その辺が又魅力的ですが。

菊川












 具体的な建築の例は個人的な感性の世界で(自分自身の分類はしてあるんですが)、気分しだいで捉えがたく、秘密のままにしておきたいので、 しゃべれません。           

男性的な人、 女性的な人、 それぞれに内に秘めた異性の小さな 塊 があって個性が際立つのであって、 簡単に分けられないのです。
                           
建築における違いもまた匙加減次第、私にとっても永遠のテーマ。         
・・・・・で、よろしいでしょうか。
  
Posted by masuzawa05 at 11:42Comments(0)

2007年07月02日

新規立ち上げに伴う旅館の試食会あれこれ

 今から17年前、 茶寮 「宗園」を立ち上げる時、 事前打ち合わせの度毎に料理の試食及び、冷酒及びワインの試飲を繰り返した懐かしい思い出があります。 私にとって、『オープン前・試食会』 のはしりで、 (昨今はどこでも始めていますが・・・。)
 和気藹々と皆で飲み、且つ食べあい、腹蔵なしに感想・意見を述べ合い、美味しい料理屋があると聞くと、社長ご夫妻と設計士共々食べに出掛けたものでした。
              
今どきは、料理に限らずそういうソフト面の検討が疎かになっているように思われます。それでは、グローバルなホテルチェーンのお客様第一主義の戦略に敵う訳がありません。

インターネットの検索でも、旅館料理についての書き込みには、惨憺たるものがあります。良い書き込みの有る旅館さんは全体の5パーセント位でしょう。都会や町なかに美味しい食事処・レストランが出来、気軽にいろいろの味に慣れた人々には、旅館料理については量だけはたっぷり有るが、肝心な素材の質、味付け、食材と季節に合った食器の取り合わせ、センス有る盛り付け等に不満が残るのでしょう。
                          
今はホテルやレストラン、居酒屋からも学べます。 学び且つ行うことです。そして、何よりもオーナーと調理人にセンスが無ければ、推して知るべしですが、・・・・学び且つ行えばかなりの部分でセンスは磨かれます。 


 これは南伊豆 T・旅館さんの3回目の 夕食の試食会のものです。(夕食 3回、 朝食 和・洋 1回ずつ計2回、少ないとは思いますが、それでも合計5回やりました)


● 魚のチョイス

試食会01







● いろいろ・1

試食会02試食会04








試食会05試食会03








● いろいろ・2

試食会06試食会09







試食会08試食会07







● いろいろ・3
AB









CD







 季節感が有り、見た目にも美しく、当然 味もいい! それが理想ですが、奥が深い。


 ◎板前さんも出来ない理由を述べるのではなく、どうしたら出来るのかを述べてほしい。

 ◎社長は料理についても キチッと具体的に指示を出すことが肝要です。

その時に わくわくする様ならしめたものです



 今どき 世界中が和食ブーム。
                         
和食は和食で、フレンチ・中華・イタリアンの良さを取り入れて、新和風に挑戦し始めています。日本の郷土食の良さを踏まえ、グローバルに羽ばたきそうです。

 そして、設計士はニコニコと料理をいただきながら、 出来上がりの空間・家具・インテリアに想いを馳せ、 室礼(しつらい)に彩を添える。緊張しつつも楽しいひと時です。
       
我々も料理の勉強を欠かせません。 
  
Posted by masuzawa05 at 09:58Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター