livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2007年05月28日

心に残る建築家の言葉・その9

 木造大壁造りの 吉田五十八
 木造真壁造りの 堀口捨巳 と当社の創業者・石井会長より教わりました。

                  
真壁作りで、構造柱すなはち意匠柱であり、逃げの利かないのが堀口さん。 床の間の隅柱なんぞは斜め壁やRでふかしちゃって、結果として雰囲気が良ければいいんじゃないのと許される数奇屋が吉田さん。 そんな風に教わり、勝手に理解してやってきました。     
我々が手懸ける鉄筋コンクリートの内装数奇屋には 吉田流がピッタリです。 

吉田五十八












 『住宅建築の極致とはどんなものですか。』 とある人がある有名な建築家に尋ねた。  するとその人は、『新築のお祝いによばれて行って、特に目立って誉めるところもないしと言って又けなす処もない。そしてすぐに帰りたいと言った気にもならなかったので、つい良い気持ちになってズルズルと長く居たといったような住宅が、これが住宅建築の極致である』 と答えた。 他人の言葉を借りてはいるが、吉田さんの本音のような気がする。

 私はかつて巴里の婦人に 『あなたは、本当の巴里の粋を知っていますか。』 と聞かれたので私は 『知らない』と答えた。するとその婦人はつぎの様に私に話してくれた。     それは、
『かりにあなたが、巴里のブルバールで一人の婦人とすれ違ったとします。その時あなたは馬鹿馬鹿しく綺麗とは思はないが一寸好ましいなりをしていると思って、通りすぎて又もう一度見ようとふり返って見る。そして家に帰ってきても、あのなりはよかったなあと思う。これが本当の流行の極致で巴里の粋人なのです。』 と。
 この話は、前の建築の話と一致点がありはすまいか、私はこの二つの話の対照が非常に面白いと思ふ。 私は新築した家に行ってこれは立派だとは思ふが自分が住む気にはなれない。しかしこんな家に住んでみたいと思ふ家がある。私はこの方が本当の建築だと思ふ。女でもさうだ。 あの人は綺麗だなと思ふ。しかし綺麗さだけでは親しめない。あまり綺麗ではないが、何となく親しみを感じてこの人となら一緒に居てもいいと思ふのとにてはいないか。

 この意味で、私は特に数奇屋普請を主張しはしない。だが、親しみ深い家、住んでみたいと思ふ家は決して しゃっちこばった家ではない。


 いい作品というものは本来、 作者が人に説明するものではなく能書きがなくても作品そのものが見る人、使う人に語りかけ問いかけてその価値を知らしめる。


 遊びも一流・粋な趣味人 東京芸大出の建築家  ここにあり。

 大分前に、吉田さんの数奇屋仕事をした事のある大工さんが私の近くに住んでいて、将来自分の家を作るときは、この人に頼みたいと思った程腕のいい人でした。

 「イソッパチの仕事をしたことが有るけど・・・、内法一本付けるにも現場であてがって、高いの低いのとうるさくてしょうがねえ!」 と懐かしそうに喋っていました。          生きていれば70代前半、残念ながらその大工さん若くして亡くなりました。 


 私 未だに家も作らず・作れず そのままずるずる  ヤケッパチ?・・・・今日まで。
  

Posted by masuzawa05 at 09:49Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター