livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2007年04月23日

バリアフリー・その2

 先日、ホテルレストランショー(2007年)で国際観光施設協会主催のパネルディスカッション 『こうすれば喜ばれ、売り上げが上がるバリアフリー対策』 が開催されました。

 その講演で、「旅する視点でみた、バリアフリー旅行成功の秘訣」と題して、有限会社 ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツ代表でトラベル・コーディネーターの高萩徳宗(たかはぎ・のりとし)さんのお話が、旅館設計にたずさわる者として、特にソフト面でわかりやすく納得できたので記します。
(余談ですが、『バリアフリーの旅を創る』と言う本が実業之日本社から¥1500で出ています。 読んでみてください。)
 
高萩氏


 





 


 お金を持っている・旅をしたいと思っている障害者がそこにいるのに、受け手の宿がいろいろ出来ない理由を述べ、拒絶する必要はない! ビジネスチャンスは沢山転がっているのに! という辛口の指摘から始まり、 実体験からのお話は ‘なるほど’とうなずくことばかりでした。

● 総論

一、 車椅子、障害者であっても普通に旅をしたいんだ、という考え方を尊重すること。(エピソードとして; 添乗をしていたある真夜中、車椅子の人に電話で起こされた。トイレの介助かと思って部屋に行ってみると、「ビールを飲みたい」と言う。眠かったんで、冗談じゃないよ!と怒ると、俺たちも一般の人と同じように、夜中にビールを飲みたいときも有る。と言う・・・・・。)
二、 3つの  ‘不’  (不安・不満・不便・・・・・トイレの不安から生じる怖さや、諸々の快適さや、便利さ) にどう調査対処するか。
三、 オールラウンドな旅の手配ではなく、側面支援をしている。というスタンスが大切。(国内旅行7割、海外旅行3割)
四、 紹介したホテルサイドからリベートを貰うのではなく。お客様から手配料としてお金をいただく。(それが大切だと私・増澤も思いました。)
五、 お客様から旅を通じ「生きててよかった」と言ってもらえるのが何よりも嬉しい。


● 各論
一、 旅してわかる、バリアフリービジネスのヒント
・ サービスの軸をはっきりとさせる:                     
それぞれの施設が自分のホテルはどういう施設かをキチッと理解していることが大切である。
・ 誰に来て欲しいかを明確に(障害者というマーケットは存在しない):       
すべての障害者ではなく、誰に来て欲しいかを明確にすることが大切。
・ 出来ること出来ないことをはっきりさせる:
  経営者が従業員に受け手としての自分たちに出来ること出来ないことをはっきり教え、そのことを前提に従業員が身障者の方と交渉する。それでいい、と言うお客様を迎える。
・ 続けられないことはやらない:
  いつでも出来ることをやる。無理は長続きしない。
・ 大切なのは情より しくみ:
  気持ちがあっても、出来ないことが多々ある。だから出来る‘しくみ’をつくることが大切である。無理したしくみはサービスする側の 心・表情に 正直に出てしまい、お客様を傷つける。それはソフト面から非常にマズイ。
・ お客様から選んでもらう:
  お客様が、自分で出来ること・出来ないことを判断して、旅や宿を選ぶ。

二、 旅の成功は、情報発信とコミュニケーション
・ まずは自分のことを良く知らせる:
  ホームページにて情報収集出来るように、そういうページを作る。
・ お客様の情報を出来るだけ多くいただく:
  お客様の考え方を良く聞き、 受け手として出来る出来ないかを判断する(お客様からより多くのデーターを入手すること)
 
三、 思い込みと 過信は命取り
・ 大丈夫、は大丈夫でない:
  思い込みと・過信は禁物である。
・ お客様は、自分のことを正確に伝えられない:
  障害の程度や有り様をその人自身よく説明できないので、正確に聞き取るようにする。そして具体的なサービスにつなげる。

四、 利益を出してこその、バリアフリービジネス
・ キーワードは ファン創りとリピーター育成:
  リピーターやファンになってもらうのには『自分のところで出来るサービスの明示』をし、丁寧な打ち合わせと、心からの対応をすること。 
・ ダイレクトマーケティングが成功の秘訣:
  例えば旅館は、送客エージェント向きにものを考えるのではなく、お客様の方を向いて営業して欲しい。
・ サービスの代価としてのお金:
  良いサービスをし、満足していただくためには、それなりのお金をいただかない    
  とできないことの相互認識と、高いと感じさせないホスピタリティー。

以上、大変有意義な話でした。
 
 ディスカッションの中でこんな頓智 問答が有りました; 洋便器のウォシュレットは有るけれど和便器のウォシュレットが無いので、腰掛けることの出来ない、床を這ってでしか動けない人から開発してくれないかとの要望について、「誰か良いアイデアがないでしょうか」という主催者側からの問いかけがあり、「どなたかご存知なら教えてください」と・・・・・・。
 すると、会場に居られた車椅子の男性から、「洋便器を使って周りの床を上げればいいんだよ!」と、 一同、なるほどそうか! と納得し苦笑い、和やかな一幕。


 またデーター的に;今の日本に身障者が650万人、高齢者2000万人。トータルで人口の1/5なんです。これらの人達はなるべく混まない土・日・休日以外の旅を望み、特にハンディキャップのある人は 折角行くのだから2〜3泊はしたいと思っている。そしてサービスに見合うお金は充分に払える人たち。 だから、ホテル・旅館にとっては何よりのお客さんなんですね!  私、ブログの「バリアフリー・その1」でも述べましたが本当にビッグ・ビジネスチャンスと思うのですが如何でしょうか。


 私事ですが、旅館の設計者として今まで、バリアフリーに限らず 『なんでも設計でき、かつ完璧を目指さなければダメ!』 と思っていました。しかし、パーフェクトを目指すということは一つ条件が変わると、再度組み立て直さなければならないと言う事で、窮屈であり、お互いに厄介です。                                 
空間の輝きはハードとソフトのマッチングなんですね。ソフトが有ってのハード、施設創りにあたってはフレキシブルな組み立てが可能な ‘よりベター’ ‘いい加減’ を目指すくらいで丁度いい・・・・・と。そして、我々サイドの 得手・不得手、 出来る・出来ない という事柄を明確にしたうえで、クライアントとの打ち合わせに臨むべきだと思っています・・・・・如何でしょうか。


 ともあれ、目からうろこのバリアフリー・ビジネス論でした。
  

Posted by masuzawa05 at 10:09Comments(0)

2007年04月16日

心に残る建築家の言葉・その8

 光と闇そして沈黙・・・・・哲学者。和魂欧才の建築家。

白井












 村野さんと並んで度々デザインを参考にさせてもらいました。
何がそうさせるのか定かではありませんが、形に表れる精神性が高く、そしてその形を成す詳細図の数々が素晴らしいのです。
 機能を越えて表れる外観がシンボリックであることも(本人もみとめていますが)その一つかもしれません。


親和銀行









 私はよく現場の諸職に「きみたちがやっている仕事、つまり建築そのものが施主なんだ。そうでないと本気で仕事にうちこめない」「建築主、施工者、設計者が緊密な鼎(かなえ)でなければというのは、いわば大義名分であって、こうして現実の姿をつくりあげるのはきみら職方以外にはない」。事実仕事を始めたときから出来上がるまで、一度も見ることもない施主とは、秀吉と足軽との間よりもっと遠い、いや無縁に近いかもしれない。

 「いつでも建築はきみたちをまん前からみている。石が、硝子が、壁が・・・、みられてないことなんて瞬時もないんだよ」。十年以上も苦労をかけた諸職と、くりかえしこのような話をしてきたものだが、とにかく仕事は掃除にはげむ女房達までみんな命がけだった。竣工式には立派な身なりの善男善女が乾杯をして施主におめでとうを言う。長い月日労苦を共にした私の仲間たちはこの祝宴の何日か前には既に汗と泥まみれの姿のまま現場から消えてこの席にはいない。私はいつも重くかなしい心で祝宴には失礼させてもらう。


 静岡の登呂遺跡の近くに我が郷土が誇る、染織家芹沢げ陲気鵑糧術館・石水館があります。建物は白井さんの作品なんですが、芹沢さんの作品を展示するには建物の個性が強すぎて、建物が勝りすぎていました。芹沢さん曰く「これは私の美術館ではなく、白井晟一の作品だ」・・・・・
嘗てそんな 悲しい新聞記事がありました。
                      
共に個性の強いものが同居することの難しさを感じました。作家と設計者の間に役所が入りバランスが崩れたのかもしれません。私としては建築が少し引くべきだったと思いました。

 いろいろの施主がいて‘一式の仕事’は気配りが・・・・・大変です。


芹沢









 
 オーナーと建築家の関わりと採用経過について、丹下健三さんとの対談で丹下さんの質問にこう述べています。
「僕の場合も、‘これだ’と信じられるまでやって出すのですが、むこうでも、こちらの熱意を感じてくれるのでしょうか。今までやり直しを求められたことはありません。途中経過はいろいろ有ったようですが、結局は見込んで頼んだのだから、まあこれくらいやってもらえれば、通す他ないというようなことになるのでしょうね。」                 
残念ながら二人とももう鬼籍に入りました。

 自邸について『窓が無い』とか『トイレが無い』とかの風評がありますが、そこのところを答えている文章があります。

 私の住居には窓が無いといわれているときいた。決して絶無というわけではないが、誰かが原爆時代のシェルタアときめつけてくれたおかげで、その方がわかりやすかったのであろう。百平米ばかりの書斎には開口が一つあるだけだから、その憶測、批評はあながち間違ってはいないかもしれない。しかし折角の窓も、昼夜顛倒の生活では開ける遑(いとま)は無い。また、もし雨戸を繰ったところで、義理にも外部にしのびよる自然があるなどといえるたたずまいではない。ここでは寝ているか、机前に坐っているかだけだから、外光の要りようもない。ふと何かの機会に開けることが有るとすれば、何もない砂庭に、コリント・オーダーの柱頭一つ、「ごぶさたです」とでもいいたげにぽつんとしかしいつもフレッシュに蹲っているだけである。

柱








 住居の表通りは一分間に何百台という車が疾走する街道である。コンクリートの壁は厚く、高くせざるをえないし窓は開けようがない。埃の入るところがないから、ひと月に二度位、留守中に掃除をするようだ。もちろん紫外線には縁がないわけだが、住人は青びょうたんではない。物好きで見たがる人があっても、住居の中の公開は遠慮する。

 はっきりしていて天晴れ と思う。

 トイレの件、未だ真偽の程わからず、調べるすべなし。

 忘れていけないのは住宅における骨太の木造数奇屋の秀作が数多くあります。それについては又。
  
Posted by masuzawa05 at 21:19Comments(0)

2007年04月09日

「初心忘るべからず」の本意とは

    

初心












「志を立てた時の気持ちを忘れるな」ではなく
以下の、三つの初心を忘れるなと言う意味である。
と、ありました。

『是非・時々・老後』
・ 是非:若い時の未熟の自覚
・ 時々:修行のときどきでの初体験の緊張
・ 老後:老熟の後も、初めてのことに取り組む意欲

この三初心を保てば、芸は一生向上する。
(世阿弥 能楽書 「花鏡」より)

若かりし頃、何かを志した最初の純粋無垢な気持を忘れるな! と、ばかりずっと思っていましたが、初めての事に対しての備え、戒めであり、大雑把に三つの節目と理解しました。以後、心したいと思います。                            
自分自身・今は、『時々』なのか『老後』なのか・・・!?
  
Posted by masuzawa05 at 10:26Comments(0)

2007年04月03日

美しい景観を創る会・その5(景観と生活)

    身近な生活に鍵がある

 「未来へのメッセージ」として: 造形作家・新宮晋(しんぐうすすむ)さん
 「景観は生活」として: 日本建築家協会前会長、日建設計顧問・小倉善明さん
  御両名のセミナーより。


● 新宮晋;未来へのメッセージ

景観01景観02






景観03








一、 私たちの生まれたこの地球が、どんなにユニークで魅力に満ちているか、考えたことがありますか?私たちが人間として生まれたことを、本当に幸せだと感じたことがありますか?

一、 私たちが、人間社会だけを快適にすることを考えて発展させてきたために、地球全体のバランスは急激に崩れ始めています。それも、今までの歴史には無かった、猛スピードで。地球の危機はもう限界にきているのに、私たちはまだ、目先の利益や経済効果ばかり追い求めています。

一、 100年先、200年先の未来を考える時、今私たちの目に見えている未来は、子供たちです。この子供たちに、何を伝え、何を残していけるのでしょうか。本来芸術には、人の心に直接訴える力があると、私は信じています。大人でも子供でも自然に溶け込める、美しい環境を創りだす事が、私のアーティストとしての使命だと思います。

 私は風のプロジェクト(ウインドキャラバン)を引っさげ世界の6ヵ所で21点の作品をコンテナで運び、いい景色の中でモニュメントを作って来ました。凧は空の手紙という呼称をしているとこもある。
 人間にとって海の表面は、魚から見ると空気の天井である。発想・視点を変えると同じものが違って見えてくる。

 アートとは明日とか未来とかを予感させるものでなければならない(現実を露呈するのではなく)。外国に行って日本のよさが良くわかる、これからも地球全体のことを考えながら、メッセージを送り続けたい。


● 小倉善明;景観は生活

一、 景観は生活である
・ 美しい自然の風景も景観であるが、人の営みが背景になる景観こそが大切で、良くも悪くも景観には人の営みが関係している。
・ 景観の背景にある生活の質が景観を決める。美しい景観を取り戻すのには、豊かな生活の質を取り戻さなければならない。
・ 町のスカイラインを悪くしているのは広告ばかりではない。ビルの屋上においてある様々な機械類だ。屋上緑化も、屋上に生活があって初めて可能になる。
・ わが国の集合住宅のバルコニーのほとんどが火事の際の避難経路で、いつもは物置場か洗濯干し場である。日のあたる奥行きのあるバルコニーを作り、居間の延長線上の生活空間としたらどうだろう。
一、 交差点の歩道橋は必要か?
撤去できる歩道橋がいかに多いいかがわかる。

以下の写真は飯田橋の交差点の写真ですこの上に丸い広場を作り、下の道路にも明かりの漏れる憩いの広場にしたらという提案です。

景観04景観05








  現代の高度な技術で快適な配慮された空間を創ろうではありませんか。


私、 上杉鷹山(ようざん)の

「なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬはひとの なさぬなりけり」
技術の世界でも、こんな言葉が聞こえてきそうです。


 ソフトでキツイ新宮さん ハードでヤワラカイ小倉さん             
 私、ウ〜ンと唸ってばかりのシンポジウムでした。
  
Posted by masuzawa05 at 09:31Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター