livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2007年03月26日

噂の美術館・噂の建築家

 東京の乃木坂に黒川紀章氏と日本設計 JV ・設計の 『国立新美術館』が出来ました。
収蔵品を持たず、公募展用の大展示空間を持つ異例な美術館です。公募展に限らず、いろいろなイベントに市民が参加できる会場を持つ美術館としては、まさしく‘新’美術館と言える。こんな建物がもっと出来ていいと思うが、370億はお金のかけすぎ、奇を衒わずとも、空間豊かなものは創れる。多分100億程度でも十分です。

 大空間の中にいわば親・カンガルーの袋のような展示室をいくつか持つもので、パブリックである吹き抜け大空間にはロビー・ラウンジ・レストラン・ショッピング・ライブラリー等が有って、それらは入館無料で、随所に北欧デザインの座りやすい椅子が置かれていて、ゆったりとして寛げる。
 但し、内部でふとそれぞれの企画展を見たいと思った時、外のチケット売り場迄戻らなければならないのがおっくうで、不親切。それぞれの企画展スペース毎に簡易で瀟洒な移動可能なチケット売り場が在ればBETTERで、そこのところが検討不足でスマートでない。

百聞は一見に如かず、建物の概要です。

○ 乃木坂駅から濡れずに入館できる、ガラスのつたい。

新国立01







○ 六本木側からのメイン玄関庇、玄関庇内部はなんと傘置き場、多角錐の風除け室(したがってオートドアーも斜めに開閉します)。

新国立02新国立03







新国立04









○ ロビーに二つある逆円錐の一つ、3Fにポール・ボキューズのオープンなレストラン(これが客寄せパンダと言えなくもない)、もう一つの2Fにティーラウンジが在る。二つの内部の円形空間、この部分がガラスの外壁の二つの出っ張りとなっている。自立した逆円錐は接地面が広く使えて良い。 

新国立05新国立06










新国立07新国立08













○ 3Fレストランと図書室

新国立09新国立10










 地方にも市民参加型の  憩いのホール・レストラン・ティーラウンジ・図書館・展示イベントホールを具備した 『○○ 新美術館』があってもいい。

● ここにまつわる ちょっと ヨクナイ話

・老醜:
 丁度見学のころ、黒川紀章氏(73歳)が石原慎太郎氏(74歳)の向こうを張って都知事選に立候補した。石原氏が立候補を辞退しないなら私が立候補すると言う(年齢は関係ありませんが、一応参考に入れてみました)・・・・・。東京オリンピックは止めにして、福岡で!と。    
東京オリンピックに向け石原氏は安藤忠雄氏を建築家として推薦し、安藤氏も早々と石原氏の会見に何故か同席しているという不思議。(前々回の石原氏の立候補の時には黒川氏は自社ビルを選対に提供して全面的にバックアップしたという、今回の騒動で知ったのだが・・・・・この辺の結びつきが、クリーンでなく何か卑しい。)

 老人たちの 頑固一徹・ひとりよがり・身びいき・・・・・そしてジェラシー。
老いのなせる業か、トップレベルの人たちの ‘品’のなさ。ただただ恥ずかしい。

● ここで見聞した ちょっと イイ話

・ 老秀:
 美術館3階の屋上部分、竹林中庭に面した一画の白木作りの安楽椅子に年のころ七十代後半とお見受けする、中肉中背の老紳士二人が腰掛けて雑談をしていた。        
新美術館を誘い合わせて見学に来たのだろう、聞くともなしに聴いていると、どうも旧制中学の頃の柔道部の仲間らしく、一人が学生時代に戻ったように少し大きめな東京弁でしゃべり、片方が静かにうなずきながら答えている。
「あのときの何々君の技はすごかったね・・・・云々」                 
「先生もびっくりしていたねえ・・・」 
そして、「○○はがんだと聞いたがどうも喉頭がんのようだ、でも手術して元気のようだが・・・・」etc。
 
敬語無しのゆったりとした男友達同士の会話。
 しばらくして、
「町にでも出て、おいしいコーヒーでも飲みましょうか」 
「そうですね、そうしましょうか」 

行きつけのカフェでも有るのだろうか、音もなくスッと立ってゆったりとした足取りでエレベーターに向かうお二人の、きちっとした身なりの後姿を見送りながら、心なごむ私。    

矍鑠(かくしゃく)として淡々  ‘お洒落’で‘粋’。 



 仲良きことは 美しき哉!  老いて問われる・品性。
  

Posted by masuzawa05 at 18:01Comments(0)

2007年03月19日

渋さとアメリカ的なるもの・・・AND・私の芸術論。

猪熊   
          
 


 



 

 ‘渋い’という言葉は、日本の専売特許のようにいわれているけれども、そうではないようだ。
 渋いということは、どういうことかというと、気取りがなくシンプルで、自分から多くを語らない静かな美しさをいうのである。そういうことでは、渋さの良さは世界中どこにもあるわけだ。
 
 シェーカーボックスという、日本の曲げわっぱに似たアメリカインディアンの食器が有る。(中にチーズとか、豆とか、キッチンで使う食料品をキープしたらしい)

わっぱ







 

 アメリカには伝統が少なく、しかも新大陸時代のアメリカ生まれの宝物が少ないので、本当に貴重である。
 伝統が少ないということでいうと、アートの分野でも、日本とか、フランスとか、伊太利などは、かえって伝統という太いロープでいつもしっかり後ろに引っ張られているから、なかなか思い切って前に進めないところがあるかもしれないが、アメリカには伝統という重荷が少ないから、何がいつ飛び出してくるかわからないという面白さがある。私はこの未知数のアメリカに大きな魅力と期待を持っている。 


 私、丸亀の猪熊弦一郎現代美術館で初めて彼の作品群にふれ、特に ‘ちいさきもの’ ‘さりげないものたち’を大切に扱う、優しい眼差しが感じられました。


 フランス時代、画家マチスをして「お前の絵はうますぎる」と言われたことが、一番厳しい言葉であったと述べています。

 師匠からそう言われたことが、心にずっと響いていたのでしょうか、1993年90歳で亡くなる3年前、87歳でこう述べています。



 芸術は冒険であり、探検である。

 発見は探検の中から生まれる。

 冒険のない所には決して発見はない。

 只、そのものを描くことはどんなものでも、

 それは写生であり、写真の模倣である。

 新しいものを見つける為には大いなる

 勇気を必要とするし、自分との戦いでもある。

 常識はいつも進発を遮り妨げ、これとの勇敢なる

 戦いの後にこそ、新しい発見が誕生する。

 常識との戦いである。


 意識して捨てろ。・・・・・猪熊弦一郎

丸亀市立 猪熊弦一郎現代美術館     図書室にて珠玉の言葉と出会う。
(PS: たとえ、どんなに小さな美術館であっても、図書室があると有難い)
  
Posted by masuzawa05 at 09:57Comments(0)

2007年03月13日

気になる建物・その2(国際文化会館)

● International House of Japan;

1955年 日本建築界の巨匠、前川國男、坂倉準三、吉村順三 の三氏の共同設計で旧館部分が完成し、1976年前川國男氏の設計により旧館の改修と新館の増築が完成した。なお、2005年大規模な耐震改修が実施され現在に至る。(木造ではないRCの建物を補強して使うのもいいもんだと思いました。都心に在って低層でゆったりとしている。)

地下鉄六本木駅から歩いて10分

写真は アプローチ→看板→玄関キャノピー→ロビー前の屋上→庭側からの外観です。
   (景観上、六本木ヒルズの建物がいやらしいですが)

国際01国際02






国際03国際04






国際05







 
 財団法人・国際文化会館は、日本と世界の人びとの間の文化交流と知的協力を通じて国際相互理解の増進を図ることを目的に、1952年にロックフェラー財団をはじめとする内外の諸団体や個人からの支援により設立された非営利の民間団体とあります。たまたま会合があったので出かけました。

国際06国際07







 直線で構成されたグリッドと伸びやかな平庇で構成された、ちょっと 師 ル・コルビュジェのバルコニーを思わせるコンクリートの手すり等々、また客室の吉村障子の扱いになるほどと思わせる意匠が在りました。

 派手やかな吹き抜けや、大空間は無いのだが、低層で平面的に伸びやかで、庭園と相俟ってヒューマンスケールで普通らしい外観の美しさがある。

 階高は無駄なくぎりぎりに押さえられ、ボリュームは小さいのだが豊かで、経済的な構造は慎ましやかで微笑ましい。住宅の延長線上に置かれたような、ある種の『健全さ』が感じられる‘好ましい空間’といえる。今流行の外資系の絢爛豪華な高層ホテルに較べ、久し振りに質素で気品ある 『良心の建築』に出会えた。
(国際的・気さくなもてなし空間・・・・・館名にあるように読んで字の如し、インターナショナルなHouse of Japanと思うとピッタシかなと、ホテルではないがホテルのような、住宅のようで住宅でない、そうだ、これはInternational Houseなんだと。)



 話し変わりますが、これはザ・ガーデンというオープンキッチンの在る庭に面したティーラウンジで摂ったランチです。

国際08国際09









 オムライスなのだが、メニューにこう書いてありました
‘やわらかタマゴのオムライス、ハヤシソースがけ’・・・たっぷりの温野菜7種、とろけそうにやわらかいタマゴ、ご飯はケチャップライス、具沢山なハヤシのルー、美味しかった。 食後に紅茶を飲んで、締めて2656円也。一度いかがですか、お値打ちと思います。

シンプルな建築空間の中で、キッチンで立ち働くコックさんの動き表情にも淡々とした美しさがあった。


国際10国際11








 わが国屈指の京都の名造園家 「植冶(うえじ)」こと7代目・小川治兵衛作、桃山時代あるいは江戸初期の名残を留めている近代庭園の傑作とあります。写真集で見て、気にしていた人ですが、実際に意識して眺め散策したのはこれが初めてでした。

 私としてはちょっと創りすぎという感もありましたが、そこのところが‘近代庭園’と呼ばれる所以なのでしょうか、木造の離れ風会館ならばもっと違う自然な庭を造ったかもしれません。

 いずれにしても、爽やかな建物でした。
  
Posted by masuzawa05 at 17:58Comments(0)

2007年03月05日

小さな旅・その1

     

 休みの土曜日、銀座ソニービル4階のライトアップに頼んであった腕時計が3ヶ月ぶりに入荷したので、受け取りがてら出かけることにした。

小さな旅01








 9:04 宇佐美発 急行リゾート21(伊豆急行乗り入れ)の特別仕様のグリーン車、片道5120円にて一路東京に向かう。熱海から新幹線を使っても往復5000円位で済むのに・・・・・? 金額・電車の仕様・設えがなんとなくアンバランスだが、車両内トイレは良い。けれども料金が高いのでお客は私を含めて2人だけ。もっと安いつもりだったが仕方が無い。数年ぶりの在来線による乗り換え無しの旅1時間40分。
 ガラ空きの窓側の一人席にて読みかけの内村鑑三の「余は如何にして基督信徒となりし乎」を読む。天井までのR付の大きなガラス窓は伊豆の海岸線の青い海と空を取り込んで走るのにはいいが、東京に乗り入れるのには、途中から街中の美しくない雑多な景色やホームデッキが上下に見えすぎて少々興ざめ、そしてスクリーンが無いので本を読むには日ずるしい。

 10:50 銀座着 この辺は11時オープンらしく(夜の街なんでしょうか)暫らくぶらぶら。ポルシェデザインのショールームを覗き、服を着てみたり、時計を見たり(たかが時計が50万・100万とは如何に?最近お安い25万のモデルも出ましたとの黒づくめの店員の言葉に苦笑い、若い人には笑われそうですが)、前に買ったトローリーケースより良い物が出ていないか等々、新製品のチェック。

小さな旅02小さな旅03














小さな旅04小さな旅05














小さな旅06小さな旅07














小さな旅08小さな旅09

 












11:20 ソニービルに戻り時計を買う。芦原義信さん設計のこのビルはスキップフロアーが特徴で今も新鮮!(余談ですが、現在 56歳の芸大出の息子・太郎さんが建築家として活躍中です。「くうねるところにすむところ」 と副題の付いた『家族をつくった家』という芦原家増改築変遷史の本が出ています。)

 大学生時代、新橋生まれの2つ年上の同級生が空手道部にいて、「ソニービルに日本3大美人のうちの一人が居るから」と、よく見に連れて行かれたものでした。すらっと背の高い八頭身、白いワンピースに白いハイヒールを履いた垢抜けした美しさは憧れの的で(昔の銀座は今よりももっとシックで輝いていて)銀座に出るたびに見に行きました。都会育ちの友はかなり大人で、色々東京を案内してもらいました。               
当時はオーダーメイドのハイカラーの学ランでピッカピカのとがった黒の革靴で肩を怒らせて歩いていましたが、それでも都会の体育会系大学生はバンカラ一辺倒ではなく硬軟二種類あって、拓大等は前者で、私らはどちらかと言うと後者でお洒落軟派でした。                         
これは4年生の時の屋上道場での卒業記念写真です。 今から丁度38年前・1969年頃です。

学生服









         
その友達は卒業後銀座天賞堂に長く勤めていましたが、社長と喧嘩したとの噂がありましたが、その後会社を辞めてすぐ、脳梗塞で倒れ2年前鬼籍に入りました。


 ライトアップにてデンマーク製・SKAGENの15,000円の腕時計を買い、ついでに拘りの‘白のパンツ’も買おうかと思い試着しましたが「あまりにも似合わない」のであきれて止めました。道路向かいの数寄屋橋東芝ビルの地下には眼鏡のカムロ(今している赤い眼鏡の店)が有るので寄ろうと思いましたが、見ると‘買いたくなるメガネだらけ’なので今日のところは止めにしました。ついでに3階でウォーキング用ウォークマンの首掛けストラップ(1800円)を買い、お腹がすいたので昼飯を摂ることにした。

 12:15 天國(てんくに)か天一の天ぷらも食べたかったのですが、揺れる食欲に迷いつつ今日は景色を優先し、6階の角に在る全面ガラスブロックのエルメスの建物が真横に見えるスパゲッティー屋のカウンターで軽く摂ることにしました。オリーブオイルで混ぜた野菜スパゲッティーを無性に食べたかったのですが、無かったので海鮮物にして生ビールを一杯、締めて1800円。

小さな旅10









 




昔、裸足でかけ声を掛けながら走らされた、銀座和光前の道路際 菓子舗『あけぼの』 で味の民芸チーズ付をバラで4袋約2000円。

新装DIORのファサードを写真に撮っていると、ドアーマンの若いお兄さんが中からダメだダメだの執拗なジェスチャー、一旦無視して引き返してから、年寄りの厭味・今度は中に入って気に入らないので文句を言う。
警備会社から言われている・・・、人物の入った入り口の写真は困るとのこと、町並みの写真を撮るのに何が悪いのか!と言っても妥当な返事なし。お客のプライバシー侵害や肖像権があるのでしょうか、でも・・・もし裁判でもすれば、私のほうが負けるかもしれません。外国ブランドメーカーの考え方はただ一言 「わからん!」

銀座は大人の街、気さくな気高さであって欲しい。あくまでも私の好きな東京銀座だから

小さな旅11








 





 12:50 たまには映画でも観るかと有楽町マリオン、ピカデリー・1(昔の日劇の在った所)で洋画を見ることにした。

小さな旅12小さな旅13
















 今期NO・1の活劇!看板の謳い文句に誘われてカリブの海賊(バイオレーツ・オブ・カリビアン)云々・・・少年の様に観てしまった。指定席1800円。幽霊船が出てきたりして懐かしいのだが、コンピューターグラフィックスの画像は素晴らしいが、幽霊海賊と人間海賊同士、ぬいぐるみ実写の野原でのドタバタ活劇は頂けない。私にとってはなんのストーリーも無く飽きてしまい、昼のビールが効いてトイレも近くなったので映画館を出る。

 今日はいつもどおり銀座から歩いて東京駅まで出る予定だったが、かったるい(疲れた)ので有楽町から電車(130円)にて一駅、東京駅に向かった。
              
電車を調べると16:13発各駅停車の伊東行きが有るので、伊東線・宇佐美まで乗り換えなしで行ける、グリーン車の切符を買う。2640円。来るときの半額だ!しまった。たいして時間はかわらないのだから来る時も鈍行にすれば良かったと少し悔いる。ガラ空きの二階建ての一番後ろの座席で今買ったつまみと、さっき買ったあけぼの煎餅をつまみにウイスキーの缶水割とワンカップ清酒、合計650円で一日を反省しつつ、ささやかなひと時を過ごす。うとうとしながらも眠気を覚まし、予め決めた今日の読書目標・山川菊榮の「武家の女性」を読みながら帰路につく。


 元々は、歳をとってからの休日の過ごし方を模索するべく考えた、土曜の気まぐれな買い物がてらの東京行だったのだが・・・・・今は亡き良き友との、昔遊んだ思い出多き数寄屋橋・銀座のそぞろ歩きとなってしまった。                            
歳を取るということはこういうノスタルジアが増えるということでしょうか。


小さな旅の目的;
 ラフなそれでいてそれなりの身なり! 急がない電車と車中の読書! 今日の目的を定めそれを存分に楽しむ! うまいものを食べる! 都会の空気に触れる!
            
時間に縛られない気ままな一人旅。これからもいろいろ私らしくやりたいと思っている。
目的どうり、出来た様な、出来なかった様な・・・・・・小さなことに年甲斐もなく腹を立てたりして。      
15、000円の買い物にかかった経費15、940円(内、乗り物代で約8、000円・・・・・JRさんちょっと高すぎ!)、 しめて30,940円。

 たとえば年金生活者として考えてみると少々かかりすぎ。通販やネットショッピングが流行る理由が良くわかった。


18:23 2時間10分掛かって伊東線 宇佐美駅着、総行程所要時間 9時間19分。


いそいそと?  妻の待つ 家路を急ぐ。
  
Posted by masuzawa05 at 11:06Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター