livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2007年01月30日

居食屋革命・その6

フレンチバーべキュー ヴァンピックル(銀座・和光 裏手 TEL03-3567-4122)

居酒屋0-1









 銀座に在って、気楽なフレンチ風 串焼きバーベキューのお店。            
むしろ洋風・焼き鳥居酒屋。 新鮮な色々のお肉を使っているので旨い。
 
 ガラスの冷蔵ショウケースの中に豚が一匹、吊るされている。コース2種類・アラカルト色々。フォアグラの串焼きが絶品です。
 ワインも2000円位から10000円位まで有って結構楽しめる。


  お店の名刺にこう書いてありました
 「オザミレストランには ‘品質’‘ハート’‘情熱’ のワインしか置いてありません。」

 泣かせる文言ではありませんか・・・・・ワインに限らず、こんな言葉 旅館の表看板でも使ってみたいですね!                           
リッツ・カールトンのモットーである「紳士淑女をおもてなしする私たちも紳士淑女である」に通じるものがあります。

 グラスシャンパンから始まり2人で2種類のコースを摂りワインボトルを1本、交互に食べ合いながらアラカルト2〜3品追加で合計1万5〜6千円です。最後は焼きおにぎりで締める気さくな感じのお店です。

居酒屋06-2





   

 前置きが長くなりましたが、酒飲みの論理としては、たまにはお決まりの旅館料理を止めて、パーティー形式の串料理等をバラエティー豊かに盛り込んで、最後はおにぎりや・お茶漬け・そば・うどん・オリジナルラーメン等で締めくくる・・・・・。以前このシリーズでそんなコースが有ってもいいのではと思って提案したことがあります。

 即座に、そこまでは無理という声が聞こえてきますが、               
それならば洋皿にお決まりの小さなステーキではなく、美味しい地産のお肉(鳥や豚)の串焼きなんぞを土もののお皿に盛って、極上の塩焼きとして有機無農薬野菜を添えて出したらいかがでしょうか。なにごともチャレンジ、工夫次第だと思われます。
     
                               
話は変わりますが、旅館の再生の行く手を阻む 『3つの魔の手』 と題して コンサルタントの海老原さんは専門雑誌でこう述べています。

1 経営者が市場の変化についていけない!

2 『食』 へのこだわりが完全に欠如している!

3 人の有効活用が出来ていない!

 特に2番目の‘食へのこだわり’について; 発想し、学び、経営者が調理人に的確な指示や命令が下せなければ ダメだ!・・・・・と言い放っています。 ‘こだわり’は大事です。     

私どもの持分である建築空間に限らず、総て工夫が大切です。料理についても建物についても、例外ではありません。プロのこだわりを許し、やらせること。そして‘形に表わす作業’を通して挑み続け、新しい良いものを生み出す。その為にはオーナーと担当者のお互いの『器量』と『度量』が問われます。

好き嫌いが無く、何でも美味しくいただける私としてはそれ故に、せめて一工夫と遊び心が欲しいのです。
食事処(ダイニング)の設えは一言・・・・・・気楽な品格(デザインで言うと・・・なかなか、むずかしいですが、一に工夫、二に工夫、三に工夫)。寛げる豊かさ。

 世は正に健康ブーム、歳をとってから若い頃のようなプロポーションを保つには以下のことが肝心といわれています。
● 若い頃の2倍の運動をし
● 若い頃の1/2の食事量に抑える ・・・出来ますか?               
 私、挑戦はしていますが、食い意地がはって出来ていません。
 旅もその延長線上にあります。

 時たま うまい肉を狂ったように食べたい時もありますが、まだ若いんでしょうか。
 そろそろ年寄りには  量より質ですね。
  

Posted by masuzawa05 at 15:39Comments(0)

2007年01月22日

心に残る建築家の言葉・その6

 村野さんの建築は優しく女性的で、そのテクニックは旅館に向いていると思って意匠はかなり真似させていただきました。薄絹をまとった様な空間は一見華奢で、それでいて一本芯の通ったデザインは数奇屋に通ずるからです。

 女性的ということは内に執拗に男性的な力強さを秘めた塊が有って、それ故に放つ薫りがそうさせるのでしょう。


村野





 





 日本建築について
一、 玄関を大きくするな。門戸を張るな。
一、 外からは小さく低く、内に這い入る程広く、高くすること。
一、 天井の高さは七尺五寸を限度と思え、それ以上は料理屋か、功成り名をとげた人の表現になるので普通でない。
一、 柱の太さは三寸角、それ以上になると面取りで加減したり、ごひら(長方形)にする。
一、 窓の高さは二尺四寸、風炉先屏風の高さが標準。
一、 縁側の柱は1間まに建て、桁に無理させぬこと、これで充分日本風になる筈である。
一、 人の目につかぬところ、人に気付かれぬところ程仕事を大切にして金をかけること。
一、 腕の良さを見せようとするな、技を殺せ。

 (私ずっと、村野語録と思っていたが、何十年ぶりに読み返してみると、泉岡さんの教えと有りました。今となってはどなたか存じませんが、多分名棟梁でしょう。)

続いて
 「まだあるがざっとこの程度である。伝統的で関西風な薄味のする考え方ではあるが、控えめなところがあり、何でも表そう、訴えようとするのとは味が違う。蓋し(けだし)日本建築の真髄にふれた言葉ではないかと思う。泉岡流の手法は真似られても、‘作’ の品格に至っては生活の良さと趣味の高い人だけが持っているもので如何とも致し難い。」と
述べています。
 蓋し名言である


 建築家の 槇文彦さんは村野さんの作品、出光・松寿荘(出光の迎賓館で今は解体されてしまいましたが)を見て
‘皮膚建築のわざ’ ‘薄みの粋’ ‘美への倒錯にも似た快感’  ‘マジシャン’  
と呼んだ。


 「優しさ」と「易しさ」を往ったり来たり。
 この歳まで真似をし続けて 越えられない私。でも村野さんの歳まではまだ35年有る。
  
Posted by masuzawa05 at 10:38Comments(1)

2007年01月15日

美しい景観を創る会・その3(対論:国土のエステ)

 中村英夫;武蔵工業大学学長
 石井幹子;東京藝術大学美術学部卒業・照明デザイナー


 私、あるお医者さんからこんな話を聞きました
人類の歴史の中で度重なる飢餓の繰り返しの中で、飢餓に対して生き延びる為のシステムが知らず知らずのうちに体の中に備わってきているのだが、飽食(食べ過ぎ)に対する備えは無い。現代病の多くは飽食によるものである。


 健康にエステが必要なように、美しい日本のために贅肉を取り、美しい体を取り戻す為の国土のエステが必要でしょう。


● 中村英夫さん;                               
日本の自然の美しさは世界でも第一級。全国土が緑におおわれ、変化に富む海岸に囲まれ、湖、火山が散在し、生態系は豊かである。加えて庭園に見られるような落着きのある造形美を伝統的に作ってきた。
 にもかかわらず、現代の我が国土は悲惨である。乱立する広告や電柱、色も形も不統一な街並みと建築物、無計画にスプロールした都市とその郊外、無神経なデザインのインフラ施設など、人工的なる物は都市・田園を問わず我が国の景観を乱暴に損なってきた。
 公共空間の美に無頓着な住民、経済を優先する会社、甘い法規制、全体を見ない建築設計、自然との調和をないがしろにしてきたインフラなど、数多くの理由の為である。

 おそかれとはいえ、景観法も制定された今、行政、建築家、公共事業関係者、そして住民のすべてが美しい国土づくりに力を注ぐべきである。特に国民のすべての「わたしのおうちもみんなの景色」の意識が肝要である。

良い例:景観01景観02







景観03     

 






‘美しくない国土景観の生まれる原因’
一、 造形デザインに無頓着なインフラストラクチャー
一、 周辺全体を顧慮しない建築デザイン
一、 商業効果を優先する企業、商店
一、 景観行政の不在
一、 無計画に進む土地利用
一、 緑地、森林、水辺、等に及ぶ乱開発
一、 住民の景観への無関心

悪い例:景観04景観05     










● 石井幹子さん;                             
一度貴方が外国人となって日本を訪問してみて欲しいのです。国籍はどこでもかまいません。
 
 良い例:景観06景観07     

 






 まず成田空港に着きます。そして列車に乗って都心に向かいます。はじめは田園風景、そしてだんだんと小さな密集した家が見えてきます。緑はほとんど無くなり、工場も増えてきます。カミソリ堤防のある川をいくつも渡り、ビルが乱立する都心に近づきます。これまで身近に見てきたヨーロッパやアメリカの都市は無論のこと、アジアの都市と較べて、なんという貧しさ、乱雑さなのかと大変な驚きを感じるに違いありません。

 日本製の自動車や電気製品、音響機器など、外国で手にする様々な美しく優れた性能のプロダクツは現代の日本の印象を好ましいものにしてきました。また、展覧会や書籍でみる日本の伝統文化の美しさは独特なもので、洗練されたデザインは賞賛されました。日本の良いイメージは、この二つから成り立っており、高い評価を受けているものです。
 ところが現実に日本に来てみると、この落差は何ということでしょう。経済大国といわれ、総資産やODAでの貢献度では世界屈指の実績を誇る国だというのに、この都市の貧しさ、醜さは一体何なのでしょう。
 
 さて、日本の古都として有名な京都へ行きます。新幹線に乗って東京駅を出ます。列車はスピードといい、乗り心地といい世界水準のものです。でも、沿線の景色はというと、これも驚くばかりです。ひしめく住宅群、富士山を汚すような工場群、コンクリートで固められた川や山肌・・・。

 京都に着きました。この駅は街と街の間を巨大な壁で遮断しているようです。京都の街中のビル群にも驚きました。かつての美しい古都に、何故あのような建物が許されるのでしょうか。

悪い例:景観08景観09







景観10     








 日本には、国土のエステが必要です。                     
都市から住まいまで、どうやったら美しい日本が取り戻せるか、真剣に考えてみましょう!



 私もそう思います。日常生活・普段住んで美しい国にしようではありませんか。
  
Posted by masuzawa05 at 10:50Comments(0)

2007年01月09日

今どきの旅館に必要なもの・その8

 ここは・・・・・ 山の中   赤松林   川のほとり。


下部01





 

 昔必要で、今あまり使われていないもの

何とかショーを見せる大きなクラブ
大団体を一括収容できる何百帖の大広間
大コンベンションホール
夕食の後、二次会でさらにもう一杯の和食コーナー
均一的な詰め込み用十帖単部屋


全てに・『大』と『沢山』と『均一』 が付きまとう、
 そんな時代が有りました。

                            
それゆえに施設構成をし、設計してきた訳ではありませんが、客層がそれら
を必要としていたのも事実です。
                        
時代は移り、人は世につれ、世は人につれ、今は 『小さい』・『ここだけ』・『美しい』
・『色々』・『特別な』・『私たちだけ』・・・・・。


これはSホテルさんの‘過ぎ去りし夢’ から ‘現実の美’への変身の為の序章です。

一、プール → 緑豊かな露天風呂
下部02






     ↓
下部03-1下部03-2







一、会議室・式場 → チョイスの出来るダイニング
下部04






     ↓
下部05








一、クラブ → ラウンジ・湯上りコーナー・足湯
下部06






     ↓
下部07下部07‘








一、中華レストランのリニューアル
下部08






     ↓
下部09
 





 


 確かにまだグループ・団体の需要はそこそこ有りますが、多様な個人のお客さんに対応していける施設構成がこれから益々問われるのではないでしょうか。(コマ対応が出来れば、一度にドットということは有りますが、団体対応はむしろ簡単です。・・・かつて団体旅行全盛時代、大きな旅館は逆なことをしていたように思います。当時はそれで良かったのでしょうが、・・・・・今は違います。)

● 何度でも入りたくなる楽しみな個性的な源泉のお風呂

● ボケッとしていられる眺めのいい内と外がうまくつながった全面禁煙のラウンジ(喫煙室は別室に作りました)と足湯等のあしらい。以下は喫煙ラウンジの写真です。

    下部10







 ● チョイスしたり、食べたいと思う質と量をいただけるダイニング

 ● 散策できるオリジナルな緑の小道(自然を肌で感じられる設え)

 ● 居住性のいい客室(本を読み・好きな音楽を聴く憩いのリビング)・・・これって以外とこれからの旅館の在り様のポイントになるように思います。(今回は暖冷房の一部エアコン化だけですが・・・)


他にもやりたい事は沢山有るのですが、例えば、都会に在るホテルではないので、玄関前にバスや乗用車が横付けするのではなく、車を降りて庭の中を‘つたい’や‘流れ’に沿って四季の草花を愛でながら、静々と歩いて入る。そんなこんなを少しずつ具体化したい・・・・・。


  今回は‘ここでしか出来ない事’のほんの手始めなんです。

  頭で考えて出来ないことも、心をこめて思い入れを巡らせれば 建築の女神は豊かな空間へと誘ってくれます。其のときはちょっと声をかけてください。 馳せ参じます!


 Sホテルは・・・・・ 山の中   赤松林   川のほとり。
  
Posted by masuzawa05 at 10:51Comments(0)

2007年01月05日

『年男 めぐり巡って またの春』

 毎年十二月の第一土曜日に、新橋の‘そまみち’という飲み屋に行けば必ず誰か居る。という空手道部のOB会を卒業以来37年間続けている。総勢18人(その内鬼籍に入ったもの2名)、多いい時は8人程少ない時は3〜4人、日本全国に散らばっているので、首都圏に居住するものが多く、年々少なくはなる。

 早めに家を出て銀ブラを兼ねて鳩居堂で干支入りの年賀状を買うのがお決まりのコースなのだが、今年は家内の母が死に欠礼の葉書に替わった。10年前には私の父が死に、買ったばかりの賀状は使わずに埃を被っている。もう後2年したら、又使おうかと思っているのだが、どうしたものか。

イノシシ

                            
 


 
 60歳・還暦は本卦還りと言ってゼロからのスタートを指すというが本当だろうか、もう10年経つと70歳・古希となるので、とりあえず永く生きたご褒美として新しい生き返りのスタートを祝す一里塚であろうか。

 若い頃心に決めていた55歳リタイアが、いつしか60になり、団塊の世代ゆえの年金フル受給があれよあれよという間に64歳に引き上げられ、元気なうちは働けと尻を叩かれる。かくなる上は開き直り、生きたいように生きなければと思い始めている。

まだまだひたむきに働かなければならないが、厳しいシビアーな仕事の中で、歳をとった分だけ以前よりは少しずつやさしさやいたわりや心配りに満ちた仕事ができればと思っている。

 禿頭を連ねてのOB会は亡くなった二人の友を偲びつつも、学生時代帰りひたすら盛り上がった。そろそろ次からは‘かみさん’同伴でどうかという話も出るが・・・・・どうしたものか。

猪突猛進ですが、今年も宜しくご指導下さい。
  
Posted by masuzawa05 at 09:44Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター