livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2006年12月25日

バリアフリー・その1

 青山(部屋)    
 
 インターネットで検索すると バリアフリーホテル.netの欄に車椅子対応の宿として、今現在・2006年、71軒が登録されている。その中で旅館の登録は32軒です。
 6万軒弱の旅館登録数からすると、このサイトでは0.055%です(預金利息並・スズメの涙ですが)。 想像するには、積極的に誘客するよりも、しかたなく?一応! ハートビル法に則って作るには作ってみたものの・・・という旅館が多いい様に思います。

 この写真は上下2枚とも、私共でお手伝いした伊東の旅館・SYのものです。

 青山(風呂)


 




 温泉旅館に泊まるわけですので、源泉かけ流し・露天風呂(内風呂も在り)付きの和のインテリアのベットルームです。
 そして何よりも嬉しいのは、一室しか在りませんが、心よりハンディのある方をお迎えするというホスピタリティーに満ち満ちていることです。


 先ず受け入れ側の心のバリアーを取り除かないと、と言うとおこがましいのですが、なによりも喜んで頂くということは有り難くもあり、美しいことなのです。美しい行いを為すにやぶさかではない筈です。ここでは出来ているように思います。


 やみくもな飽・飲食の時代は過ぎ、成熟化の中で、個々の目的に合った旅や宿をしっかりと探し、その目的に叶うならそれなりの代価を払う時代の到来です。老齢者とハンディーの有る方の旅もその延長線上にあります。

 ある旅館で人に優しい施設を標榜し、部屋付の露天風呂仕様や手すり、段差に配慮した客室に改装し‘バリアフリー対応’と謳ったところ、車椅子の方や高齢者が殺到し細かな指摘を受けました。言葉の綾で軽く『対応できます』のつもりが『完全対応可能施設』と捉えられたようです。パンフレットの言葉にも注意しなければいけませんね!
                     
元気な貴方もいつかは必ず他人の手を借りるのです。その時臆することなく自由に、露天風呂の宿を泊まり歩きたいと団塊の世代の一員として私はそう思い始めています。                        

そろそろ発想の転換をしようではありませんか。


 そして私共設計士もユニークな楽しいデザイン力で、もっともっと日本の温泉宿になじんだバリアフリーの部屋を創りたいと思っています。そしていつの日かそのバリアが外れ、ユニバーサルデザインの粋な旅館がそちこちに満ち溢れたら楽しいだろう。
  

Posted by masuzawa05 at 10:10Comments(0)

2006年12月18日

心に残る建築家の言葉・その5

 人間が創造したものと、自然の創造物にははっきりした境界は存在しない。というのは人間は、創造能力を持った存在として、自然の一部であるからである。

 人工物は進化の秩序にしたがって形成された形態とは異なるが、美しさにおいては等しいランクに存在している。・・・・・・(中略)

建築を利用する人々がその建築を体験することによって、体験する前よりももっと深く自らを理解するようになる建築でありたいと考えている。

建築家5





 



 人工物と自然物との調和に配慮しなければならないのは当然の事として
私、建物を作り続けることの、罪悪感というか、後ろめたさが少しは薄れたような気がしました。真面目な話し。
  
Posted by masuzawa05 at 10:55Comments(0)

2006年12月11日

気になる経営者の言葉・その2

伊藤忠商事 会長 丹羽宇一郎(にわ・ういちろう)さん             

 以前品川駅の新幹線待合室で文庫本を読んでいるのをお見かけしました。著作にふれ感銘を受け、お顔を憶え、気にしていたのでたぶん間違いは無いと思いますが・・・。(キャノンの御手洗さんとトヨタの張会長の顔はいったりきたりしますが・・・名前が富士夫で一緒のせいでしょうか。)


 クリーン:CLEAN(道徳的に)清らか
      法律違反をするな
 オネスト:HONEST 正直
      文字どうり正直であれ、嘘をつくな
 ビューティフル:BEAUTIFUL(道徳的に)立派
      清く正しく美しく、卑しいことをするな

 これは私が社長に指名された二週間後に全社員に発信したスローガンです。至極当たり前のことですがこの「当たり前」や「常識」が企業にとっては大事なのです。

丹羽


 

 何度もわかりやすい言葉で、繰り返し、繰り返し、伝えていかなければなりません。それで社員に「また同じことを言っている」と思われるようになればしめたものです。ようやく、社員にインプットされてきたということだからです。

 
・エリートについて:
 私は若い人たちに「エリートになれ」とよく言っています。エリートというと、何となく嫌悪感を抱く人もいるかもしれません。「エリート意識」という言葉も、傲岸不遜(ごうがんふそん)な輩に向かっていう皮肉であって、日本では決してほめ言葉ではありません。   しかし、エリートなき国は滅びるというのが、私の持論です。

 エリートとは何か・・・そもそもエリートというのは、高学歴とか金持ちだとか、こういったものをいうのではありません。頭がいいとかデキがいい事とエリートとは根本的に違います。会社におけるエリートとはどんな人のことかといえば、第一に創造力があり、自ら企画を立てられる人のことです。それから、その企画を周囲に説明し、納得させ、協力してもらうための能力を有している人のことです。論理的に説明するのはもちろんのこと、熱意や気迫も兼ね備えていなければならないでしょう。そして第三には、その企画の責任をきちんと果たせること、あるいは責任を取る覚悟を持っている人のことです。
 エリートにはその地位に見合った責任と義務が生じるということです。状況が悪化したときには自ら率先して責任を負い、良くなってもその功績をひけらかすことをしない。献身と謙譲の精神が求められるのです。それを苦痛と思わず、美徳として自然に行うことのできる人、これがエリートです。

 気概と覚悟を持った本当の意味でのエリートがいなければ、国は滅びてしまいます。
(私、以前読んだ、塩野七生さんのローマ帝国の中にエリートについての一家言がありますが・・・義務と責任という観点からは、まったくそのとうりだと思います。)


・時代に適合する新しい収益構造を見出せ:
 伊藤忠でも、この新しいビジネスモデルを確立していくために、まずはモノづくりの力をバックアップし日本経済再生の一翼を担うことを考えています。具体的には私が社長時代に手がけた「がんばれ日本企業! ファンド」がその試金石となっています。これは高い技術力を持った中小企業に対し、出資のみならず、我々の機能を使って支援を行っていくというものです。
 中小企業にしてみれば、たとえば技術開発のための二千万円というのは、大金かもしれません。だけど大企業にしてみれば、それほど大きな案件ではなくなります。
 商社はそもそも、どこで利益を上げられるかという目利きの仕事をしてきました。したがって、担保の有無に左右されること無く、その事業の収益性を的確に判断することには一日の長があります。この特性を生かして中小企業に出資し、共に発展していこうのが、
『がんばれ日本企業! ファンド』 の狙いなのです。また、サポートと仲介役を我々が行うことで、中小企業にとっては資金確保だけではなくグローバルに展開していくためのネットワークとノウハウを手に入れられます。

 商社の従来の機能を活かし、担保にしばられず日本のモノづくりの力を伸ばして地域経済、あるいは日本経済の活性化につなげていく。これは、今後の商社の新しい役割であり、又担保至上主義に代わるビジネスモデルになり得るのではないかと私は考えています。  
と述べています。

旅館にとっても銀行に替わる新しい融資企業形態が、いろいろ出現しそうな気がします。経営者の生き方考え方に投資する。又は新しいビジネスモデルの創設。旅館発→世界のホテルへ! です。旅館は誰にも簡単に出来るものでは有りませんが、将来に向けての展開はアイデアと人材次第だと思われます。人材が旅館を救う。


 そして私、12人ほどの小さな設計事務所を預かり、所長という役職を授かり、なんとかやっていられるのは、ピータードラッカーの言葉

 事業の目的は「利益を生み出すこと」ではなく「顧客を生み出すこと」である。     
に従ってきたにすぎません。                           

なるべくいい仕事を利益に優先させたいと思っています。と同時に事務所継続の為にも、そこそこの‘FEE’をお願いしています。  ひとつ宜しくお願いします。
  
Posted by masuzawa05 at 11:17Comments(0)

2006年12月04日

 気になる経営者の言葉・その1

村上世彰氏(村上ファンド)がインサイダー取引を認めたTV会見で言った言葉

「お金儲けって、そんなに悪いことですか?」・・・・・私も正直なところ羨ましさも有って、卑しくも具体的な回答が有りませんでした。(もちろん法律違反は悪いに決まっていますが) そしてずっと考えていました。

 その後、ある女性ジャーナリストが 「悪いんです」とTVではっきり言い切ったのが心に残りました。

彼女曰く;物よりも心(精神)が大切で、お金にうつつをぬかすのは日本人の道徳・美意識から外れると・・・・・確か、そのように。そんなこと言ってもお金は大切だという声が聞こえてきます。それも確かなのですが・・・。

 内村鑑三はこう述べています;キリスト者の律法に比し、勝るとも劣らぬサムライの定めでは、「金銭に対する執着は諸悪の根源なり」であります。そのため、近代のキリスト教が公言してはばからないもう一つの律法「金銭は力なり」に対して、サムライの子であるからには毅然として異議を唱えるのは、私の当然の務めであります。・・・と。
 
 嘗て曽野綾子さんが、暴力団からの寄付だとわかった時点でそのお金を返すべきだという世論の考え方に猛反対をして、以前 『お金に良い悪いは無いのだから、たとえどんなお金であろうが有難く福祉のために使わせていただきます。』と述べたのを覚えています。

 そして昨今、日銀の福井総裁が投資で儲けたお金を寄付させていただきますと述べたのだが、・・・お金に罪を着せるような、ひけ目隠しのような・・・・・寄付しないよりしていただいた方が有り難いのですが、ここでも割り切れなさが残ります。お金って人格に喩えたら気高くもあり卑しくもあり。私の頭では整理がつきません。(でもお金は欲しい。あの世ではお金は使えないが、この世ではかなりお金で夢が叶える)

 前書きが長くなりましたが、経団連会長(キャノン会長)がある雑誌でこう提言しています。

canon


私は日本を『希望に満ちた国』にしたい。それは、強い人はチャンスに恵まれて、自分の才能と努力によってどんどん伸びる国。失敗した人は再挑戦できる国。弱者になった人たちもきちっと守られ、安心して年をとれる国のことだ。

そして 「利益第一主義」 「会社は利益の追求機関」と、繰り返し説いて回って、社内から大反発を受けた経験をもつ。しかしそれは、村上ファンド的「利益の追求」とはまったく違う。会社は何のために有るかといえば、従業員の生活の安定、株主へのリターン、社会への貢献、次の投資への余剰資金という四つの責任を果たすために有る。それを実現するためには利益が必要で、不採算事業を存続させることは会社の目的に合致しないから、早く撤退すべきだ、と社内を説得していったのである。

 企業の存続には、社会的責任がともなう。キャノンでは、社員全員が名刺サイズのカードを持っている。表には『自発・自治・自覚』という行動指針が、裏を返すと、「法律・ルールに触れませんか?」「うしろめたさを感じませんか?」「報道されても胸をはっていられますか?」「社会に迷惑をかけませんか?」「キャノンブランドを傷つけませんか?」という六項目の問いかけが記してある。
 つまり、会社が利益を追求するのは当然のことだが、社会規範はもっと大事ということだ。会社のトップは自らを律すると共に、社員にも徹底する義務がある。粉飾やインサイダー取引などで法令違反を犯すとは、言語道断というべきだ。

 アメリカから学ぶことを揶揄(やゆ)する人がいるが、本当に学ぶべき点は公正・公平。つまり「フェア」という価値観だ。多様な民族や文化を抱えるアメリカでは、このことが大変に重要視される。子供同士のけんかでも、「お前はフェアじゃない」と言われれば負け、というくらい徹底している。日本でいえば、「お前、卑怯だぞ」と言われるのに等しい、それは屈辱である。

 日本には古来より「武士道」という価値観があり、卑怯な行為をすればさげすまれた。
利益を上げる競争が厳しくなればなるほど、経営者に求められるのは、武士道に由来する、この卑怯を戒める精神であろう。アメリカでも、優良企業の経営者たちは、キリスト教に基づく倫理観をバックボーンに経営を行っている。武士道はローカルな‘日本のもの’ではなく、世界に通じるものだ。卑怯な行為をした経営者は、市場から去らなければならないのは、どこの国でも同じことだ。と述べています。

 私、資源の無い日本が世界の人々から良きパートナーとして認知されるのには、生活文化と・先端技術に磨きをかけ、武士道という無宗教の倫理・道徳観をもち、あくまで世界に向け中立的な立場を維持しつつ、礼節と相手をおもんぱかるやさしさで接することで、自ずと道は拓かれると思っています。(50年も前に軍備を捨てた南米の小国 コスタリカ に学ぶ。)


「何はともあれ日本の意見を聞いてみなけりゃ!」と言わしめる気高さ。       
 
そして明るさの中にチョットだけ ‘品格’ も忘れずに。
  
Posted by masuzawa05 at 10:17Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター