livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2006年10月23日

ちょっと一息・その2

全員が休めそうなので仕事の合間をぬって、研修旅行に行ってきました。9月はまだまだ暑かったです。

熱海→<新幹線>→品川→<京浜急行>→羽田→<飛行機>→高松空港→高松港→<フェリー>→直島(ホテル一泊・地中美術館モネの睡蓮を見る・翌日 家プロジェクト見学)→<フェリー>→高松(レンタカー)→イサムノグチ庭園美術館→金毘羅参道沿い・とら丸旅館泊まり→丸亀市立猪熊弦一郎現代美術館→高松空港→<飛行機>→羽田

 うどん・うどんと都合6〜7回うどんを食べました。讃岐はやっぱし‘うどん’かな。


ベネッセ・直島のミュージアム・ホテルとテラス・ホテル:

・安藤さん設計のコンクリート打ち放しのホテルはいろんな仕上げを使ってない分、唯  一言  ‘シンプル’・・・・・ 我々は忙しさにかまけて‘RYOKAN−ONLY・設計バカ’になっていないだろうか?そんな問い掛けの旅でもありました。


直島直島02







直島03直島04







直島05直島06








これらはテラス棟の写真です。



直島07直島08







直島08plan
直島09



 








これらはミュージアム棟の写真です

 地中美術館を含め建築と美術品が一体となったアート というコンセプトからして、写真を取れないもどかしさ、窮屈!

直島10













地底というか地中を巡り、地下からポッと開けた青い空と白い雲。

人間にとっての水面は魚にとっては 空気の天井である! の新宮晋さんのフレーズと共に金子みすずの詩 『大漁』 が心に浮かびました。

朝焼け小焼けだ大漁だ
オオバいわしの大漁だ

浜は祭りのようだけど
海の中では何万の
いわしの弔いするだろう

私にとって、みすずさんの詩を洋風の絵にすると南桂子さんの月や鳥、少女や葉っぱのエッチングとイコールになる不思議さ、やさしさ、つよさ。 そう思われませんか?

 真っ白な部屋にかかるモネの睡蓮は清楚で一見の価値あり。個人的には天竜市に在る藤森照信さん設計、秋野不矩美術館の素足で寝転んで見れる印度の土壁の民家の力強い絵がドラマチックな室礼といい双璧でしょう。

直島11直島12







直島13直島14




 


一夜明けてこれは朝食ブュッフェの設えです。シンプルな清潔感がいい。朝はさわやか、ゴチャゴチャしてないとこがいい。

・家プロジェクト:きんざ・角家・南寺・護王神社  建物とアートが一体となったところが特色です。

直島15直島16







直島17直島18







直島19








きんざの建物は所員の永田君が前のアトリエ事務所で手掛けた作品で、どうしても見たかったのですが、予約が取れず見れませんでした。

 どこまでが作品であるのか分かりづらく、室内一杯に設えてあるので大勢は入れず、その点が不便です。もっと住民に密着した形でのアートが出来なかったかと、ゲシュタポのようなベネッセの係員が出てくるたびに思いました。                
直島でなければならなかったのか?! ここにしかない物・ONLY ONEは分かるのだが、作品の選定に無理があるような気がします。作品の詳細については後日。


・イサムノグチ庭園美術館:身近なものとしては和紙の照明が一般的ですが、石の彫刻が有名です。やはりここでも、自宅は見せない・写真は取らせないで、定時に一斉にゾロゾロとまとまって見る!ていたらく。どうもみんな向うの都合、フラストレーションが溜まります。で、こんな写真です。

直島20イサムのあかり直島isamu







 ミノルヤマザキ(建築家)・ジョージナカジマ(家具)・イサムノグチ(石の彫刻・照明器具) この3人がいつも私の頭の中でこんがらがります。ドウス昌代さんのイサムノグチの本が出ています(山口淑子さんと結婚していたのを知ってましたか!?)。

 彼は石についてこう語っています:石が思うような割れ方をしなかったりしたとき、それがけっして悲観すべきことではないと受け取るようになってきた。思う通りにいかないときは、自然の力に逆らった時だからだ。石に耳を傾けるのではなく、ぼくが我を通そうと思ったからだ。間違いをおかしたとき、神は、ぼくの戸口をノックする。よく耳を傾けなさいとね。
 すごく良くわかりますが、私まだまだ 我を通すきらいがあります。

・とら丸旅館に泊まる:昔懐かしいベランダの椅子に座り、トイレだけ付いた部屋、畳7.5帖に大の字になり伸びをする。(安藤さんのツインの客室は美しいのだが椅子やベッドの上ではいまいち寛げない私)大風呂に入り夜は宴会、石松代参もかくありき。翌朝6時起きで金毘羅さんの奥の院まで参拝往復2時間。

結果として我々は‘RYOKANバカ’になりつつあるが、なってはいなかった!

泊まり分けてみると良くわかる。和はフレキシブルでいいのだ!但し、その良さは室礼ともてなしの質が醸し出す品格によるところが大であろう。そして清潔感。地面や土間から一段上げた、ごろごろ出来るタタミ床は、ホテルに於けるオットマン付きの椅子や、最近流行りのデイ・ベッドの原型である という私なりの結論に達した。

 両者のあいだを採るわけではないが低床の籐の昼寝椅子などが有って、軒先深く庭園や海・山・川を見やれば最高でしょう。でもこれからHOTELや住宅やレストラン、あまたの施設から学び取り入れるものは多いい。 

直島とら丸旅館直島21







・丸亀市立 猪熊弦一郎現代美術館:谷口さん設計の建物はシンプルでいいのだが、キューブ状の大空間の割には展示物が少ない、というよりも、作品に対して空間ボリュームが大きすぎる気がする。建築家という芸術家が芸術を展示するための空間を創造することのむずかしさ、ここでも変な設計士魂が頭をもたげる。(建築空間が年月を経て、結果としての‘芸術性’を賦与されるのはありがたいことですが、あくまでも‘用の美’が在って後の評価に任せたいと思っています。)

しかしながら、いつも思うのだが画家ってどうしてこんなにも繊細でナイーブで執拗なのだろうかと。我々はサラッとしすぎてはいないか。

直島丸亀美術館







 たまたま企画展で須田悦弘展をやっていて、本人をお見かけしました。所内でも工芸品的作品の美術作品範疇について色々の考えが有りますが、壁と床の入り隅に草が生えていたりして、ただただ踏んづけそうで気を使いました。


直島須田悦弘

                  










そして、美術館に学芸員の居るオープンな図書室があるのはいい。しばし、書籍や写真集から猪熊さんの人となりに触れる時間がつくれます。


 二泊三日の旅の終わりに、高松空港で また‘饂飩’をたべる。
  

Posted by masuzawa05 at 18:00Comments(0)

2006年10月17日

 小稲(こいな)の虎舞

今年は13年ぶりに竜虎の舞が復活しました。

コイナ写真1


 


 


 これは爆竹みたいな花火をくわえた竜が登場したときの写真です。

静岡県 南伊豆町小稲という小さな漁港に伝わる県の無形文化財に指定された虎舞です。 
江戸時代の劇作家である近松門左衛門が書いた「国姓爺(こくせんや)合戦(かっせん)」の一部を舞にしたもので、由緒あるものです。

 数年前にNHKで取り上げてから一度見たいと思っていたので、10月5日・十五夜さんの前日に催されるので行ってきました。

 豊漁豊作の年に竜虎の舞が披露されるとのことですが、実際のところは後継者不足で演じる中学生がだんだん少なくなり、(竜は長いので、よく見ると前・中・後それぞれに3人位、都合9人ほど取り付いていました)今年は久しぶりに人数が揃って、竜も登場しました。・・・・・まあ、子供が豊作だったということでしょうか、そういった面からは嬉しいことです。又、お年寄りがたくさん参加していて、他とちょっと違うスローで物憂げな大太鼓のリズムが早い動きの舞と対照的で面白い。

コイナ写真2



 


 


 中学生扮する 和藤内という人物:中国人を父に日本人を母に持つ。のち国姓爺と名乗る。超人的活躍で明朝の復興に尽くす実在の人物 鄭成功(国姓爺)がモデル。(和藤内とは、和(日本)でも藤(唐、中国のこと)でも内(ない)という近松門左衛門の駄洒落。

 虎退治をして、本来は悠々と歌舞伎言葉で口上を述べ引き上げるべきところ、今年は竜と虎との格闘があるため、「取り逃がした」と口惜しく述べ、舞台は続くのでした。

 虎のおどけた仕草は獅子舞を彷彿させるものがありますが、何よりも感心したのは、昼間はただの船だまりと砂浜と道路の空間がほど良い下あかりと闇に包まれて虎と、竜の一大合戦場となることです。

 コイナスケッチ                                      

 
 



 


 海と湾、半島と松林、そこに抱かれるように軒を連ねる集落と小船、美しい日本の景。

かつては豊漁豊作を祝っておおらかに天地自然に感謝した数々の祭りが、執り行われたのでしょう。しかしながら多くの地方で人材不足から伝統行事が徐々に消えようとしている。寂しいかぎりですが、積極的に観客になることも必要なのではないでしょうか。

今回はあいにくの小雨でしたが、本来は海に浮かぶ中秋の名月をほど良い明かりとして繰り広げる一大スペクタクルは楽しいだろう。

 旅は祭りであり、鄙の宿には低い太鼓の音と物憂げな竹笛の調べが良く似合う。八尾の風の盆も美しいが、聞くところによると、空き家が増え生活の延長としての祭りが形骸化してきているという。


 静かな佇まいに溶け込んで、幾星霜・風月に晒された港町を歩く。              
 
昔懐かしいセピア色の心象風景を辿る、そんな‘スローライフ’な旅と宿りを楽しみたい。
  
Posted by masuzawa05 at 22:34Comments(0)

2006年10月10日

気になる建物・その1

     

 東海道新幹線で掛川近辺を通ると、山側、丁度資生堂の建物の反対側に小山に乗り掛かった様な形でその頂に縦に平たいプラネタリウム・ハット状の屋根を被ったシースルーの建物が見えてきます。
 ずっと気になっていましたので行ってみました、掛川市役所でした。


掛川01


 




軽快な玄関キャノピーを潜ると明るいエントランスロビーに出ます

掛川02





 


 6層吹き抜けの段々畑風大執務空間をつなぐのは、真っ直ぐに伸びる大階段とシースルーエレベーターと、吹き抜け両サイドに配された明るい廊下。ともかく開かれています。


掛川03掛川04







掛川05


 




 段々畑風各階執務空間の手前吹き抜け側には、打ち合わせ用ラウンジホールが設えて在ります。
 登りつめた最上階に乗っかったプラネタリウム・ハット状のものは議場の天井でした。屋根の形がそのまま天井になった、構造に素直な意匠でした。
 (話し変わりますが、オーストラリア、シドニーのシェル状オペラハウスは外観と内部のインテリアが別々で構造に偽りがあり、違和感がありました。然しながらあれはあれで青い海と空、白いシンボリックな外観から良いのでしょう。)

 市民でない私でも議場の入り口でサインをすると傍聴する事が出来ました。そういうざっくばらんな感覚がいいですね。

 全てにオープンで明るく、隠し事の無い、そんな市長の人柄?がわかるようないい公共施設だと思いました。

掛川06




 



 この写真は帰りがけのこと、駐車場はレイアウト上きっちり仕切られているのですが、歩道が無い分グリーンの分離帯を横切るのでしょう、素直なわだちが出来ていました。パーキングが車のあしらいのみに終わってしまって、人の歩行軌跡が植え込みをないがしろにしていました。流石の日建設計さんも如何なものでしょうか!  

そこのとこの折り合いをつけて欲しかったと思っています。            
でも人間って面白いですね。


PS:熱海市の市庁舎コンペに大手6社に混じって指名を受け、折角ですので、それではと頑張って提出してきました。誰が審査するのか良くわかりませんが・・・? なによりも大切なのは市民とのコンセンサスだと思います。そして、会社であれば社長である 市長の生き方・考え方・熱きポリシーではないかと思っています。・・・(我々が選んだのだから)

 市民の為の庁舎とか言われるが、それはソフト面の話であって、          
およそ、役所の建物が市民のために何か出来るかなんて、ありえない話であって、あく 
までも必要最小限度の職員で合理的に使いやすく、シンプルで、経済的であればいい。
観光地のド真ん中に有って夜灯りが消えるのはさびしいかぎり。
 コンパクトな建物で、余った敷地内空地は周りの環境に配慮しつつ、率先して市民の
為の緑地として開放する、それがベストでしょう。

 私の近くに在るI市庁舎なんて市内への導入路から湾越しに眺めると、緑の丘の上に
木造銅板緑青葺き大屋根の美しいお寺さんの隣にあって、まるで白く厚化粧したモダン婆さんの様でいただけない。物見が丘という由緒在る丘に作るのだから・・・・・それなりの見識がほしい。観光地としての品格を問われます。

 よく言われる、シンボリックで権威的な‘それらしさ’なんて私は必要ないと思って
います。環境に配慮した質素で慎ましい普通らしいデザインをする、それが一番むずか
しい。

 残念ながら!?先日熱海市長選で市長が替わってしまいました。・・・どうしよう。

 新しい市長も選挙のために移り住んできたような輩で政党(民主党)の品格に欠ける。
(地元出身でない方が違う視点でものが見れ、新鮮であるという声も聞かれますが)  
おしなべて人材不足なんでしょうか。

近辺には
・ 下手な鉄砲を財政も考えず、数 撃ちまくる権威主義の人や
・ 人格・生き方に・・・・・?の方や
・ ある日 ポット出の人や      色々で・・・・・・?
  
Posted by masuzawa05 at 09:07Comments(0)

2006年10月02日

心に残る建築家の言葉・その3

 ハーバード大学・建築デザイン教授                      
 自らを帰国しなかった‘帰国子女’呼んでいます

 グローバルな建築家を目指す若い世代の人たちに送るアドバイス。

森俊子




 



 

 将来の建築家は誰がどこでどんな危機か、または好機に巡り合うか予期できないので、それに対応できるように準備を整える心がけをしてください。時事・情報に詳しく、歴史の勉強をしてください。文学を読んでください。
 
 また外国語も自国語のほか、2カ国語は話せて読めるようになってください。旅をしてください。自分の目でものを見て、耳で聞いて、自分の「見る目」と意見を育ててください。

アイデアが浮かべばスケッチする作業を続けてください。雑学、多芸多才で知識に対して貪欲であってください。

 健康を保って、スポーツにも励んでください。良心のある人間性豊かな建築家に育ってください。


私、二年程前仕事で北京に行きました。チェックアウトの時、前日に知り合いが精算済みでしたのですがうまく言葉が出てこなく困って、つい日本語で「昨日払ったのに」と呟いてしまいました。脇のベンチに座っていた商社マンらしい日本人がスッと立って、すかさず英語で

「I WILL PAID YESTERDAY」と代弁してくれました。私のヒアリングが正しかったか定かではありませんが、黒いスーツの素適な若い中国娘の矢次早の流暢な英語の前に、咄嗟にYESTERDAYが出てこなかったのです。 
「ありがとう」と言って別れましたが、ことほど左様にお恥ずかしい話なのですが・・・・・それが強烈な動機となって、英会話を始めて一年半になります。嫌になったら止めたらいいと思って続けています。

外国語の習得という点では、最近のベストセラー『国家の品格』の中で藤原正彦さんは、「先ず自国語を正しくマスターしてください、そして、自分の国の文化・伝統・習慣・宗教をきちんと自分の国の言葉で外国人に伝えられるようにしてください。それが国際人たる第一歩です」と述べています。なるほどと思い。これまた、やらなければならないことが増えてしまいました。

話し変わりますが、作家の村上龍さんが嘗て、自身が司会者である 龍’S・BARというTV番組の中で、英語を喋れるようになりたい理由に「僕は原爆を落とされた国の一国民として、アメリカ人に英語で文句が言えるようになりたい」と仰っていました。それ以来作品は兎も角として、私は彼の‘人間性’のファンです。

還暦にもう一年となって、遅ればせながら‘苦手’を探し出し、いろいろ『知的に恥をかこう』と思っています。
  
Posted by masuzawa05 at 09:36Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター