livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2006年08月28日

数奇屋考・その3

    

 数奇屋の概念: 軽快・精妙・・・・・洒脱
         しかも 遊び心があるもの

 一般的な もの ですが、ここでは‘遊び心’について少し考えてみたいと思います。

青竹
縁先の水盤に張られた水に(酒)溺れるように寝そべっている仙人の像、自分に置き換えて、酒飲みにはこたえられない・・・、下戸には顰蹙もの。
 そして坪庭の竹の濡れ縁に佇まなければ「なるほど」と気が付かないところにさりげなくデザインを施す、遊び心。








瓢箪手摺

 私共で設計した 『茶寮・宗園』は瓢箪をいろいろデザインに取り入れました。その一部です   
玄関取次ぎの間の中庭側に面した木の手摺の中ほどに嵌め込んだ、紅溜色の瓢箪です。





ホルダー


秋田の まげわっぱ で作ったホルダーです。







瓢箪鍵


 木で作ったキーホルダーです。









椅子

 
長い廊下の突き当たり、ジョージ・ナカジマ作、アメリカンブラックウォールナットのハイカウンター用の椅子に、能装束の人形を飾りました。これは意外性をねらいました。
 持ち去られることも無くじっと身構えています。

 
 



 又、S・旅館さんでは 家具・絵・飾りつけ を請け負った事があります。






嵯峨沢







 玄関アプローチを一の間・二の間・三の間のように歩き進んだラウンジの手前の目隠し壁の飾り棚に『青りんご』のリトグラフ、一番外部よりの風除け室には『洋梨』のリトグラフを飾りました。(定番の書や花や夫婦鯉などでは嫌なので)

 私としては  青りんご:まだまだ青い・・・・・未熟者の私達。
        洋梨  :梨を‘無し’・・・・・無一物の無。 
と、かけたつもりでしたが、洋梨は外されていました。何故でしょうか?


答えは、帰りがけ出口近くで‘用無し’(洋梨)では困るとの事でした。
ピンポンでしたか、ブーでしたか・・・・。 鄭重にお引取りして、適所適画・使い回しいたしました。                
 営業成績は順調のようです。


仕掛けられていることに気付かずに時を過ごし、後でなるほどね とほくそえむ、心地良い‘酔い’。また来たくなるしたたかな ‘しびれ’。
                        
空間を縦横に駆け巡る 想い入れと遊び心。
  

Posted by masuzawa05 at 10:20Comments(0)

2006年08月23日

H・Rホテル 京都 に行ってきました

東山01ロビー     



 





旧パークホテルの内部リニューアルです。景観保存地域か何かでしょうか高さ5階、外装は以前のまま、手を加えられないとの事で、インテリアの改造です。

 近くには京都国立博物館・三十三間堂・智積院等有ってなかなかいい所で、京都駅からもタクシーで5分程度、デザインはスーパーポテト・杉本さんの監修です。


東山東山02











東山03東山05











東山06東山07


 

 




和レストラン・東山(TOUZAN)です。入り口に京野菜を飾り、全体の構成は寿司カウンター・テーブル席・オープンカウンター席・個室(床座とイステーブル)の構成で、系列の六本木のホテルよりは石使いは軽快で、木の椅子が軽やか・爽やかです。




料理


 


これはランチメニューの中の寿司セットで4000円です、デザートに蕨もちが付きます。生ビールを飲んで、税・サービス料込みで5800円でした。小奇麗な料理でそこそこ男の私でもお腹に溜まります。


ダイニング1ダイニング2



 





これはロビー階に在る朝食も摂れるメインダイニング(THE・GRILL)です。ガラス張りのワインセラーやガラスカウンターは透けた綺麗さが命で、ガラス拭きの最中の女の子に「大変ですね」と声を掛けたら 「大変です」と返ってきました。


レストラン1レストラン2



 





イタリアンレストラン(TRATTORIA・SETTE)ですが、古材を使ったカウンターや壁面がマッチしています。目の前の国立博物館の特別展の時などは、向こうからこの場所が見えるので混み合うそうです。


客室1客室2



 


スタンダード客室です。3スパンを2室に改造した為窓割り等に多少の無理は有りますが、すっきりとして感じ良く仕上がっていました。
 ヘッドボード部分の時代物の裂地のパッチワークは写真より実物の方が良かった。綺麗なものと、木の古材を使ったオブジェ風飾りの対比が美しい(古い建築インテリアの考え方では、同系統の仕上げ材でまとめ上げるのが常道と言われていましたが、今どきは二元対比の面白味を追求するデザインが増えています。敢てそれをねらっている感もあります。古参の建築家からは邪道と言われそうですが)・・・・・。    
 
 バスタブは深い和式を採用していました、作家の林望先生も肩まで浸かれる深い浴槽、その事に拘っていました。我々としては良くわかります。



客室3客室4


 



6万円以上のお部屋です。特筆すべきは嵌め殺しガラスは有りますが、ホテルに露天風呂的バスルームの設えです。木の浴槽で露天風は私共の得意中の得意なんですが・・・・・。       
お客さんの評判が大変いいそうです。 

 当然といえば当然ですがね!


立地・施設・人 ヒントごろごろ、よく見つめれば宝の山。            
やりたいことが山ほど有る。
良くなることが沢山有る。
  
Posted by masuzawa05 at 10:25Comments(0)

2006年08月14日

 ちょっと一息

 暑気払いに高校の空手道部の夏合宿に行ってきました






空手01
 OBは金は出すけど、口は出さないと心に決めて30数年過ごしてきました。     還暦に近づいて、体は動かないのですがなぜか口だけはすべらかになって、いっぱしの理屈を言うようになりました。技の動きが良く見えるようになってきたのでしょうか?
‘口’もそろそろ解禁しようかと思っています。


 3年生は受験の為早々と引退しているので、1・2年生で27名(うち女の子7名)、それにOBが14〜5名にぎやかな合宿でした。もともとの男子校も近年男女共学の傾向が強く比率は半々、それに伴って元気な女子部員が多いいです。

 体力トレーニング・基本技・連続技 、一連の動きを見ていて思ったことが一つ有ります。それは 楽をしようと思うと形が崩れるということです。鍛錬は苦しくとも楽をしないことです。

 背筋をピンシャンとして、アゴを引いて、辺りに気配りしつつスックと下腹を引いて一点を見やるその緊張した‘姿勢’が大事です。

 体つき、心構えとしての ‘姿勢’ 今まであまり気にしませんでしたが、若い人の練習を見ていて何故かそう感じました。 姿勢が全てを決する。と・・・そこで空手の技術とかではなくそのことを気付かせようと思って生意気に口うるさく指導してしまいました。

 デューク更家さんのウォーキング理論の中に、美しく歩くためには背筋を伸ばし顔がアゴ下に有るつもりで背筋を伸ばし、スックと立ち、下腹に重心を置きサッサと歩くとありました。同じだと思いました。


空手02

     

 十数年ぶりに道着に着替えたっぷりと流れる汗をかきました。
練習の終わりに正座をし、しばし黙想。 ‘正面’に礼をし、後輩は先輩に礼。そしてお互いに‘礼’


 互いに姿勢を正す。・・・・・日本は礼の国。
  
Posted by masuzawa05 at 09:43Comments(0)

2006年08月07日

建物の再生・その4

修善寺・菊屋旅館 改め ‘湯回廊 菊屋’ リボーン

菊屋1菊屋2







菊屋3







私共が設計のお手伝いをして、古き良き佇まいを残しつつ 『老舗・菊屋』 が増改築オープンしました。我々が標榜する‘過ぎ去りし夢’から‘現在の美’への変身です。


 度重なる台風で、シンボルだった木造三階建て客棟の屋根が壊れ、雨に曝された為、保存が難しくなり、その部分に同じように三階建てを新築しようとのお話からスタートしました。

 木造三階建ての保存運動がそちこちで有ることは重々承知の上で、老朽化と安全性、又造作の質(残すべき材料・手仕事の程度)をも含めて、同じように復元するのか、又今風のデザインでシンボリックに作るのか、しばし悩みました。

 結論としては、上記二つの方法は採らず、客棟は低く抑えて、既存の木造平屋や木造二階建てに合わせるべく木造平屋を池の有る庭園側と、川側に四棟八部屋離れ風に新築し、庭との調和を図る提案が採用されました。 ヒントは‘立地’にありました。菊屋4菊屋5








菊屋6


 



 


 二つ目には 食事の部屋出しを止めて、新築ダイニングや既存中小宴会場で摂るようにした。
       ヒントは‘人’にありました。(人:経営者、お客様)

菊屋7菊屋7’

 





 三つ目には 既存和室のタタミの上にベットを置く設えをする。

菊屋8

 





 四つ目には 団体需要が減り、使われていないクラシカルな格天井の大広間を、天井材を生かしつつ客室にリニューアルする。

菊屋9

 





 五つ目には 増改築を加え予算を抑えながらも、古き建物に今どきの快適さを与える。

菊屋10
 





 
 六つ目には 古い蔵をメゾネット客室に変える。

菊屋11菊屋12




 
 
 
 七つ目には 庭や・池・流れを整備し、‘地の気’を感ずる佇まいに戻す。

菊屋13菊屋14







菊屋15
 





 
 八つ目には 一人旅対応客室を作る。

菊屋16








圧倒的な既存施設のボリュウムに手を加えて、賑わいのイメージチェンジを計る事への挑戦でした。 ヒントは‘施設’にありました。

 予算のかけすぎは施設の変質を招き、かけなすぎは何も変わらない・・・・・そして新しい個性を付加・創出する。 ここのところの按配がむずかしい。

食事もいただきましたがチョイスの巾が広く、朝食は和・洋共、みずみずしく・たっぷりと有って、調理人不在・干乾びた様なお決まりのセット出しの多いいこの節、朝から豊かな気分に浸れます。

所期の目的が達成されたかどうかは、お泊まりいただいてのご意見を聞くとして、残すべきは残しながら、現行建築基準法に合わせての‘今風な’どこでも有りそうで・無さそうな改装事例です。伝統に裏打ちされた‘古さ’は商品になる。・・・ ごゆるりとどうぞ。
  
Posted by masuzawa05 at 10:44Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター