livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2006年08月28日

数奇屋考・その3

    

 数奇屋の概念: 軽快・精妙・・・・・洒脱
         しかも 遊び心があるもの

 一般的な もの ですが、ここでは‘遊び心’について少し考えてみたいと思います。

青竹
縁先の水盤に張られた水に(酒)溺れるように寝そべっている仙人の像、自分に置き換えて、酒飲みにはこたえられない・・・、下戸には顰蹙もの。
 そして坪庭の竹の濡れ縁に佇まなければ「なるほど」と気が付かないところにさりげなくデザインを施す、遊び心。








瓢箪手摺

 私共で設計した 『茶寮・宗園』は瓢箪をいろいろデザインに取り入れました。その一部です   
玄関取次ぎの間の中庭側に面した木の手摺の中ほどに嵌め込んだ、紅溜色の瓢箪です。





ホルダー


秋田の まげわっぱ で作ったホルダーです。







瓢箪鍵


 木で作ったキーホルダーです。









椅子

 
長い廊下の突き当たり、ジョージ・ナカジマ作、アメリカンブラックウォールナットのハイカウンター用の椅子に、能装束の人形を飾りました。これは意外性をねらいました。
 持ち去られることも無くじっと身構えています。

 
 



 又、S・旅館さんでは 家具・絵・飾りつけ を請け負った事があります。






嵯峨沢







 玄関アプローチを一の間・二の間・三の間のように歩き進んだラウンジの手前の目隠し壁の飾り棚に『青りんご』のリトグラフ、一番外部よりの風除け室には『洋梨』のリトグラフを飾りました。(定番の書や花や夫婦鯉などでは嫌なので)

 私としては  青りんご:まだまだ青い・・・・・未熟者の私達。
        洋梨  :梨を‘無し’・・・・・無一物の無。 
と、かけたつもりでしたが、洋梨は外されていました。何故でしょうか?


答えは、帰りがけ出口近くで‘用無し’(洋梨)では困るとの事でした。
ピンポンでしたか、ブーでしたか・・・・。 鄭重にお引取りして、適所適画・使い回しいたしました。                
 営業成績は順調のようです。


仕掛けられていることに気付かずに時を過ごし、後でなるほどね とほくそえむ、心地良い‘酔い’。また来たくなるしたたかな ‘しびれ’。
                        
空間を縦横に駆け巡る 想い入れと遊び心。
  

Posted by masuzawa05 at 10:20Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター