livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2006年06月26日

川が荒んでいる

川
 以前、海・山・川 美しき景・・・地元紙に全面広告を出したことが有ります。
美しい自然と共生したいと誰もが思っていながら、自然を疎かにしていませんか?


今、エコ・ミュージアムという、例えば里山のある一画を丸ごとミュージアム扱いする様な考え方があります。ひとつの景観保全手法で面白いと思っています。


 仕事で出張の折、車窓から眺める川の景色にしばし心を痛めるのは私だけでしょうか、きれいな川の流れる岸辺に住みたいと思いませんか、子供の頃泳いだ川、川海老を捕ったり、鮎を釣ったりした、ワクワクした川は何処に!
 ヨーロッパの河川のように大平野をとうとうと流れる風情は、急峻な山を背負った日本では望むべくもないが、ダムと防災護岸一点ばりの日本の河川のあしらいは悲しすぎる。



西行法師
 
 嘗て、西行法師がさすらいのを旅したとき


「何ごとの、おはしますかは知らねども、かたじけなさに涙こぼるる」
と詠った万物に神の宿る山紫水明の国、日本は何処に。



先日も南紀白浜から、串本、那智勝浦、新宮、熊野、尾鷲を経て伊勢神宮に至る紀伊半島、海沿いの電車旅をしました。世界遺産の地域です。

美しい車窓の海の景色のまにまに現れる川の景色は、台風の災禍のなす業かあまりにも荒んでいました。


人工的なものは常に手を入れていないと、荒んでしまう。自然のままの物作りをしていれば、台風等で傷めつけられても、元の形に戻る。そんな河川土木工学が有るのに、なぜしない。(建築物もどうしたものでしょうか・・・作ったものは永久的ではないのだから)


きれいな水は心の拠りどころであり、文化のバロメーターなのに。美しい景色を眺めながら そう思いました。

ダムを壊し河川に自然の生態系を取り戻す動きや、日本橋の高架橋を撤去する計画が始まっています。                                  

世界の四大文明は河川の流域に芽生え、文化を成し、人類を繁栄させました。      
東京に嘗ての江戸村の如く、多くの河川や水路が縦横に流れていたら素晴らしいだろう。

 水は心の安らぎです。


  

Posted by masuzawa05 at 11:56Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター