livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2006年04月24日

  K旅館に行ってきました

独鈷の湯


        
       
       独鈷の湯

 修禅寺と独鈷の湯でお馴染みの修善寺にこの旅館はあります。
私の高校からの友人の Mr・三須(ミスと読みます)が経営しています。

 先日も朝日新聞に全面的に紹介記事が載っていました。また12チャンネルのワールドビジネスサテライトでも放映されていました。

趣味で始めた電車の模型を走らせる場所が欲しくて、30年程前から一部屋つぶして愉しんでいました。町外れ、二面道路と隣地に囲まれた角地の小さな敷地で、当然眺めもあまり有りません、もう俺の代で終わりだよと言っていましたが、電車模型オタクが嗅ぎつけて集まり始めて、今では大広間(小さい広間ですが)も止めて、電車を走らせています。

 思う存分電車を走らせることが出来る旅館で売れています。
一応、始発と終電は有るそうですが・・・・。ここでは趣味が実益を兼ねてしまいました。
意外なところにお客様は有るものですね。

 彼の元々の発想は地域で売る時代は過ぎた、それぞれの旅館が売り物を作らねばダメだ。との危機感と自分の趣味がそうさせたと言っていました。それも一理有りますが、旅が個人化・個性化して来た事による、時代のめぐり合わせを感じます。お金は関東より関西人の方が圧倒的に使うそうです、どうしてでしょうか、面白いですね。

 バブルがはじけて、今こそ私は、‘地域’で売る時代だと思っています。そして、その場所を訪れたとき、地域色の有る個性的な旅館がそちこちに群れて在る・・・・・それがいい、そんな風に思っています。

 伊豆に限らず、廃業が続く友達の旅館が多いい昨今、 青春プレイバック、久し振りの仲良し悪友との心休まるひと時でした。
広間






PS、独鈷の湯が水溜りのような足湯になっていて、昔はわざわざ入りに行ったのに、残念!
  保健所の指導とか・・・、日本の歴史とか文化・伝統は何処に行ったんでしょうね・・・ 。
 
  何度台風で流されようとも、残すべきは残す。記念碑的、その場所でしか出来ないランドスケープ的施設のあしらいと存続・心意気に、人は旅情を感ずるのに。
  

Posted by masuzawa05 at 10:05Comments(0)

2006年04月19日

今どきの旅館に必要なもの・その4

 以前、今どきの旅館に必要なもの・その2で 二十四節気の感性に学ぶ。として、ナイーブな貴方なら倍の四十八節気を館内に・・・と申し上げました。

 小生、浅学非才甚だしく、とうの昔からより細かい3倍の七十二候が有って、古代中国のものを日本風に改訂され「本朝七十二候」が作成され、現代では1874年の「略本暦」が使用されている。失礼いたしました・・・・・以下は七十二候の感性です。



haru
立春;東風が厚い氷を解かし・鶯が山里で鳴き始め・割れた氷の間から魚が飛び出る
雨水;土が湿り気を含み・霞がたなびき始める・草木が芽吹き始める
啓蟄;冬籠りの虫が出て来る・桃の花が咲き始める・青虫が羽化して紋白蝶になる
春分;雀が巣を構え始める・桜の花が咲き始める・遠くで雷の音がし始める
清明;燕が南からやって来る・雁が北へ渡って行く・雨の後に虹が出始める
穀雨;葦が芽を吹き始める・霜が終わり稲の苗が生長する・牡丹の花が咲く





natu
立夏;蛙が鳴き始める・蚯蚓(ミミズ)が地上に這い出る・筍が生えて来る
小満;蚕が桑を盛んに食べ始める・紅花が盛んに咲く・麦が熟し麦秋となる
芒種;蟷螂(カマキリ)が生まれる・草が蒸れ蛍になる(?)・梅の実が黄ばんで熟す
夏至;夏草が枯れる・菖蒲(あやめ)の花が咲く・烏柄杓(カラスビシャク)が生える
小暑;暖かい風が吹いて来る・蓮の花が開き始める・鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える
大暑;桐の実が生り始める・土が湿って蒸し暑くなる・時として大雨が降る





aki
立秋;涼しい風が立ち始める・蜩(ヒグラシ)が鳴き始める・深い霧が立ち込める
処暑;綿を包む花のガクが開く・ようやく暑さが鎮まる・稲が実る
白露;草に降りた露が白く光る・鶺鴒(セキレイ)が鳴き始める・燕が南に帰る
秋分;雷が鳴り響かなくなる・虫が土中に掘った穴をふさぐ・田畑の水を干し始める
寒露;雁が飛来し始める・菊の花が咲く・キリギリスが戸の辺りで鳴く
霜降;霜が降り始める・小雨がしとしと降る・もみじや蔦が黄葉する





fuyu
立冬;山茶花が咲き始める・大地が凍り始める・水仙の花が咲く
小雪;虹を見かけなくなる・北風が木の葉を払い除ける・橘の葉が黄葉し始める
大雪;天地の気が塞がって冬となる・熊が冬眠する・鮭が群がり川を上る
冬至;夏枯草が芽を出す・大鹿が角を落とす・雪の下で麦が芽を出す
小寒;芹がよく生育する・地中で凍った泉が動き始める・雄の雉が鳴き始める
大寒;蕗の董が蕾を出す・沢に氷が厚く張りつめる・鶏が卵を産み始める





 二十四節気の一節気について 初候・次候・末候と細かい観察がなされています。私事ながら野良仕事をしていると、季節の移ろいをつくづく感じます。農耕民族なんでしょうね・・・。

それって忘れかけている日本の‘宿り’、に必要な感性だと思いませんか。

24 X 3=72 候の日々の事々が記されています。中国版は部分的に動物の描写が多く
 例えば 獺(カワウソ)が捕らえた魚を並べて食べる。とか、虎が交尾を始める頃 とか
大陸的な風土に根ざした生々しさが有ります。
                 
日本は、草・木・虫・自然現象を扱い限りなく優しく情緒的で、いわば植物的です。(本当は植物の方が動けない分、かなりしたたかなんですがね!)

 以上  御精読(静読)ありがとう御座いました。
  
Posted by masuzawa05 at 10:58Comments(0)

2006年04月10日

伊豆について

宇佐美
      
 ある方が伊豆についてこう述べていました。


西伊豆の、若々しく男性的な海とは対照的に、東の海はおだやかで女性的。
そして南伊豆の海はその両方の要素を持ち、強く優しくあたたかい。

 「東と西にはさまれて、山の湯は湯ヶ島にかぎる。天城からの清流が流れ下りて沼津に注ぐ」

 戸田は透明感に溢れ、土肥は土着のエロスを発散する。
 松崎には郷愁を、弓ヶ浜には母を感ずる。

「下田には幕末の熱き想いを、伊東にはセルリアンブルーの青空を」


   太陽・風・花
   海・山・温泉
   そして、人情


伊豆には人生を健やかに生きてゆく為に必要なすべてがあるのだ。


書家・竹沢尚生さんの言葉より(失礼ながら 増澤が少し加筆しました)

伊豆人として嬉しい限りです。

天城トンネル  
Posted by masuzawa05 at 10:17Comments(0)

2006年04月03日

住まいづくりについて

 住まいづくりは、オーナーの家族と私共設計者と、施工者、三者が一体となってお互いの‘熱き想い’を空間に託す、共同作業だと思っています。


 序章としての設計は平面機能を3次元の空間に立ち上げる、いわば、仮想の上棟式です。

 使い勝手を踏まえて、それを‘美しさ’にまで高めるためには、お互いの腹蔵なしの意見のやり取りと、想い入れの共通認識が、なによりも大切だと思っています。

 具体的な仕事で言えば、平面図を基に空間を立ち上げる仮想の上棟式、それは例えば、紙で作った‘模型’です。

以下に保存してある模型のほんの数例を載せました。

 一千万台の住まいから数億円のものまで様々ですが、金額の多寡にかかわらず‘想い入れ’は一緒です。

 我々は‘心を形に表す’を常に標榜し、オーナーの期待に応えたいと思っています。


1200模型02






模型03模型04






模型05






よろしくご下命のほどお願い致します。  
Posted by masuzawa05 at 15:39Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター