livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2006年02月27日

G・旅館に行ってきました

 富山のリバーリトリート・G・・・・・川沿いの隠れ宿。

 井上陽水のリバーサイドホテルのフレーズ・「ホテルはリバーサイド・・・」を彷彿させる増築された新しい客室はかなりプライバシーの守られた弧室風でした。

 ホテルナイズされた空間のそこそこに和が薫り、意図的に現代アートホテルを感じさせる造りは、新しいタイプの一泊二食付き和風感覚ホテルの出現を感じさせます。

 ゆったりとした内廊下のドアーを開けると、一旦外部中庭に出ます。それからダブルのドアーで部屋に入る設えは、どこかでやった事の有るような無いような・・・・・そんなテクニックですが、ベッド中心で和室を絡めた秀逸なデザインです。建築家・内藤さんの作品です(8室の客室と付帯パブリックで22億の投資だそうですが・・・)

新しく作った大風呂は既存施設にお風呂が有ることから、洗い場が一切無しの、ジャグジーバス・一人用寝湯・サウナ・露天風呂から成る、湯に浸かるだけのスッキリした美しいもので、その一画にはエステ・瞑想リラックスルーム等を絡めてあります。

新館は和食中心で、7〜8テーブルのレストランと5〜6室の個室で構成されています。

ここでもやはりこれからの旅館の主流となるであろう;プライバシーの保てる居心地のいいベッドの有る和室・個性化されたお風呂・いい雰囲気のレストランダイニングの3点セットに成っていました。

 女性客が7割との事、料理はそれを意識してか、多少チマチマした感が有りますが、料金もリーズナブルで、私にとってはまずまずの宿でした。
雅楽倶01雅楽倶02






雅楽倶03  

Posted by masuzawa05 at 10:13Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター