livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2006年01月30日

H・旅館に行ってきました。

星のや03

   
 軽井沢の真冬は寒かろう・・・・・。などと思いながら、雨の中傘をさし、懐中電灯を点しながら路地を右往左往、晩秋の‘谷の集落’はそろそろ冬の訪れ。

 建物から建物を見渡せる景色を意図的に取り入れた構成は、赤い灯りが点ると何故か懐かしい安心感が有ります。が、池越しに中の人間までもが見えてしまうのは如何なものでしょうか。思わず私の方でブラインドを閉めてしまいました。
 軽井沢らしさとは何なのか・・・・・いつも見学に訪れるたびに自分自身にする問いかけが、ここでもふと、頭をもたげました。
 好きな本でも持って、CDを聞きながら、ゆったりと2〜3泊するのにはもってこいの
‘ホテル’だと思いますが・・・・・。

 桂離宮が、少しずつ増築修正を重ね今のまとまりになったと、何かの本で読んだことがあります。自然発生的に出来る美しい集落は、その形成される過程で景観と佇まいとの阿吽の修正がなされ、それなりの形を成すことを考えると、最初から‘谷の集落’つくりに挑戦した施設作りには敬意を表しますが、いろいろ急ぎすぎた感が有ります。

 泊食分離(一泊朝食付)の考え方で、そのせいか敷地内のメイン棟にダイニングが有るものの、夕食の利用率は50%とのこと(一泊朝食付の単価設定をいくらにするのか、むずかしいな!と思いました)、部屋でリラックスすればするほど、寒い時季外めしは辛いものが有ります(24時間のルームサービスが有るとはいえ、それらはあくまでも簡易なものであり、晩餐ではありません) 思い出に残るような、ムードの有るゆったりとした、ここだけのデザインを伴った、本格的なダイニングが欲しいと思いました。

一番近くにあるモダンな洞窟瞑想風呂(この言い方が正しいか判りませんが)へは外を歩いて行きます。浴槽の中は歩き進むと、一番どん詰まりの空間で暗く熱気が有って、男の私でもちょっと怖い感じがしました。(ぐるっと回って元に戻れればいいのに)

これからの旅館はやっぱりお風呂と食事処とゆっくり出来るお部屋の組み合わせによる個性化だな、と再認識した次第です。
 とまれ、お客様にこう使ってもらいたい、と言う意図が施設作りにはっきり表れていて、かつ、お客のあれもこれもの要求に媚びずに、ウチはこういう宿ですと言い切れる決意が表れた、‘離れ風ホテル’だと思われます。私はこれも一つの在りかただと思いました。



星のや04星のや02






星のや01  

Posted by masuzawa05 at 17:36Comments(0)

2006年01月23日

 今やりたいこと・その3

    
  グループホーム:
 
 特養の設計プロポーザルで芽生えた関心が、今は亡き外山義 著「グループホーム読本」
にめぐり合わせてくれました。目からウロコとはこの事で、すっかり感心してしまいました。これからは町中か、町に少し歩いて行ける所に作る、グループホームの時代かと思います。数年前のことですが、お会いして、話を聞き、教えを乞いたいと思っていた矢先、新聞で先生が急逝された事を知りました。(改めて・合掌) 残念でなりません。

 神も仏もあるものか!と思いました。・・・・・けれども神は人を選ばず、御召は平等であるとも思われます。ただただ惜しい人を亡くしてしまいました。
 人は幾つになっても、たとえ体や意識が不自由になったとしても、人間としての尊厳を傷つける様な接遇や施設作りをしてはいけない。そう心に誓いました。

 そんなこんなで行き着いたこれからの老人ケアー施設は人に優しい自然素材で作った、数奇屋建築であろうと思っています。若い頃には何も思わなかった庭や軒内空間に安らぐ。庭が有り花が咲き、野菜を育てる・・・お年寄りには平屋がいい、外気に触れられる低層の数奇屋がいい。
 終の棲家にするには、間取りはスパッと切り詰めるけど、思い出に浸る空間は狭いなりに工夫して豊かにとる。

 何人かのグループで、ユニバーサルなデザインで、エコロジーな地場産の間伐材を使った内装で、エコノミー(経済的)に住まう。頭文字は U・E・E・・・・・手前味噌ですが当社の規格住宅 ‘木肌美人’シリーズの世界ではありませんか。

 人として心地よく余生を送る為の、住んでみたいと思えるグループホーム。単なる老人収容施設ではなく、そこではお互いが助け合い、介助者は生活の善きパートナーとなる。
 隔離された様な山の中の病院風施設ではなく、町中に在って、地域住民と交流できることが大切だと思います。

 そこは高齢者が普通の生活を送る為の ‘住まい’ なのです。
今やりたいこと3  
Posted by masuzawa05 at 09:45Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月18日

今やりたいこと・その2

   
高齢者福祉施設:
 数年前、特別養護老人ホームの設計プロポーザルの参加指名が有りました。今までそのての設計を手掛けた事は有りませんでしたが、興味が有ったので応募することにしました。
人里離れた山の中の建設地も実地によく見て、次のようなホームにしたいと思いました。
* プロポーザルとは;或る仕事の引き合いに対して、実績を踏まえ、こういう風に仕事をしますという提案書です。

一、 病院的な建物ではなく、お年寄りが毎日を楽しく過ごせ、かつプライバシーを保てる集合住居としての家。
二、 部屋は個室で洗面・トイレ付、使い慣れた品々を置けるある程度のスペースが有る。
三、 庭や土いじりを出来る菜園等が有り、季節の良い時には廊下や部屋の窓を開け放つと、心地良い風が軒先をかすめ吹き抜ける。そんな数奇屋風空間。
四、 個室はプライバシーを保てるが、少し歩くと仲間と会話できるホール(公共スペース)がそこ・そこに有る。(個室としての基体空間とパブリックとしての縁体空間が程よいヒューマンスケールで配置されていること。)
五、 職員も入居者も同じ屋根の下で仲良く暮らせること。

 提案した配置計画と趣意書を基に医療法人とのヒアリングが有りました。ここぞとばかり熱っぽく語り、印象も良く手ごたえを感じ、間違いなく仕事が来るだろうと確信していました。結果は不合格でした。
 負け惜しみではなく、原因をよく考えてみると、特養の設計経験が無かったこと、設計料が先方の思惑より高かったこと、諸々の根回しが足らずに正攻法で臨んだこと、出来レースかの見極めの甘さ等々、敗因ははっきりしていますが、熱意が軽くあしらわれた事が残念でした。(医療法人が地元の自治体と組んで‘ただ急いでやる’この手の計画は、どなたかは知らねども、ケバケバしき奥方がリードして、お抱え設計士が審査委員長を務める。よくあるケースと思われます。)
 又一つ、人里離れた山の中に手すりだらけの、無味乾燥な病院のような施設が出来、かつて、それぞれに立派に生きてきた人達の尊厳や、終の安息を踏みにじるが如く、病人扱いにして死ぬまで預かり置くのかと思うと悲しくなります。(しかしながら、今直ぐにでもあずかり置いてくれる施設が欲しい。と言う声があるのも現実です。)

良く考えたいものですね。
いまやりたいこと2  
Posted by masuzawa05 at 18:48Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月10日

建物の再生・その2

            
蔵久外観
信州・安曇野の田園地帯、杉林と小川に囲まれた一画にかりんとう屋
‘蔵久’は在ります。古い酒蔵を改造した建物です。

かりんとうの製造販売と母屋の座敷を改造した喫茶と創作中庭に面したカフェーから成る構成はモダンと古い施設が合体した秀逸なデザインです。

古い苔むした庭に面した座敷は、既存を生かしつつ長押の中にテープライトを忍ばせた灯りの横ラインと、行灯の点光源をアクセントに、懐かしいコードペンダントの灯るほっとする空間です。

 古い建物には生き抜いて来たという力強さが有ります。

ここでふと、一昨年初めて訪れた北京の街中に中庭のある住宅を改造したホテルが在ったことを思い出しました。人と建物とのつかず離れずの間合いは、中庭や渡り廊下を介して豊かに盛り上がります。

蔵久の庭を歩きながら、外部を取り込んだ気遣いと設え、やり方によってはもっと艶っぽい和の宿が出来るな!と思えるような、(この所なんでも旅館にむすびつける癖がついてしまって?)あくまでも平面的ですが、伸びやかで安心な空間の繋がりでした。

創作中庭を挟んだカフェーには外部を歩いて行きます、そちらから見た母屋の瓦の家並みもまた美しいです。カフェーの入り口で出来立ての‘かりんとう’を買い、それをつまみながら生ビール飲んでしまったというミスマッチも何故か許されるおおらかさが有りました。

日本の木造建物って凄いな!と改めて感じた次第です。



     蔵久01蔵久02







蔵久03  
Posted by masuzawa05 at 19:27Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月05日

建物の再生・その1


町屋01 

 先日京都の麩屋町三條と言う京町屋をレストランに改造したお店に行って来ました。
既存の構造(木造)を残し、木と塗り壁とガラスで組み直したいい感じの店でした。
 門・路地・待合・中坪庭、通り土間・蔵・・・・テーブル席、座敷、カウンター割烹、蔵バー等フル装備で秀逸です。
 和の空間ですが、凛として洋に媚びず、豊饒です。

 新築ばかりが能じゃない、古い建物をリニューアルする事もこれからの時代大切なことなのだ。との叱責の声が聞こえてくるようです。
 古い民家・商家・蔵・町屋等々を今風に改造して、住まいに・お店にと利用される方々が増えてきました。懐かしい人の気配の残る家を気味悪がる人も居ますが、その時は塩を撒いてもらって、ここでは古い建物を壊さずとも生かして使う知恵も、スローな時代に合っているのではないでしょうか。

 その場合、例えば住宅とかは特に何の為のリニューアルなのか、どうしたいのかハッキリすることが肝要です。もちろん是非その時には耐震改修も忘れずに!
 そして水周りについては山の神である奥様の思い通りに作るのが得策でしょう。出来ないと思い込まないで、専門家に意見を求めるべきです。住宅に拘らず、全てのヒントはその場所とその人の生き方、暮らしぶりに有ります。加えて、専門家の助言としては、通風・換気・採光を忘れずに。

 私たち子供の頃はスーパーマーケットなど無くて、八百屋・魚屋・米屋・酒屋・豆腐屋等個人住宅兼用のお店が沢山有りました。今はコンビニ等に押され形勢不利ですが、スローライフ・スローフードの時代には知恵を絞った個人商店が復活することを確信しています。何でも有る。から・・・「これしかない!」を売るのもやり方次第です。
 古い・懐かしい佇まいを残しつつ、レトロに復活を図る。作り手の顔の見える、有機無農薬野菜・うまい米・酒・調味料を楽しむのです。少々高くても価値の有るものにはお金を払う時代です。

 そう、これからは正にリーズナブルな時代なのです。
  
Posted by masuzawa05 at 14:19Comments(0)TrackBack(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター