livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2005年09月26日

美しい景観の無い旅館はどうするか

 あるコンサルタントの方から「景色が良かったり庭園のある旅館が良いのは当たり前でしょ。そうでない旅館が問題なんです。貴方は色々書いたり、喋ったりしているけど、眺めの悪い庭も無いような旅館はどうしたら良いの?そこを解決してくれなければ・・・・・云々。」
 たしかに私は自然との一体感とか、低層の建物と庭との取り合いをどうのこうのと述べてきました。景観が良いのにこしたことはありません。がしかし。
 前に述べましたが、環境・施設・料理・サービス・・・・・・・の最後に‘人間’が居ます。もてなす側のひととなりに惚れて訪れるお客さんも多いはずです。‘人’が肝心です
小さな坪庭に添える一輪の花と心、かって、たとえば駅前旅館には‘温かいもの’が有りました。
 ところで、形を商う立場からは工夫の程を2〜3考えてみました。

自然だけが全てではない: 「人が自然の一部であるように、人の作る建物や工作物も広義に考えれば自然の一部である。」 そう考えると救われます。そして機転と知恵が必要です。

一、 古い懐かしい建物や物、時には街路や掘割。そう言うものをうまく見せるセンス。
場合によっては要領良く隣の建物も切り取って見せるチャッカリ精神。
美術館



   




一、ホテルのアトリウムのように内部を植栽で外部空間化して見せる。
レストラン















一、室内に造形空間を取り込む。
音音










一、スペインのアルハンブラ宮殿の砂利敷きの中庭に、四角く刈り込んだ小さなみかんの木がありました 。オレンジの実をつけたその木が印象深く心に残っています。これはその時の印象をホテルでスケッチしたものです。丁度10年前です。多分8帖ほどのスペースが有れば可能です。
スケッチ

 


 


 

知恵と工夫、ひねりとユーモアで乗り切りましょう。そこにしかない‘なにか’が必ず一つは有るはずです。ちょっと声を掛けてください、すぐ馳せ参じてアイデアを出します、一緒に考えましょう!
  

Posted by masuzawa05 at 22:00Comments(0)TrackBack(1)

2005年09月21日

居食屋革命・その3

   
 今、東京のレストランが面白い、 ‘和’のデザインが面白い。
 今、世界のレストランが面白い、 ‘和’的なるものが面白い。

 今、日本の旅館が面白い。 ‘和’の中に世界が薫る。

 食事についても「不易流行」に言い表せる如く、旅館のベーシックな良き慣習と室礼を残しつつ、ホテルナイズされた合理や、美意識に基づいた‘何か’の導入が必要と思われます。

京都

一、関西のカウンター割烹に学ぶ。
 西では、その場で冷たくした小鉢や刺身、又焼きたて・揚げたて・煮たてが食べられるカウンター形式が好まれると言う。我々関東人はどちらかと言うとテーブル席を好みます。カウンターはラーメン屋さんのように、そそくさとした簡便な食事に向いていると言う先入観念があります。そろそろそんな先入観念を変えるべきかもしれません。


 カウンター割烹を併設した旅館のダイニングが増える予感がします!

楽山
一、原点に帰って‘竈’に学ぶ。
 長野県の小布施に有る造り酒屋を改造した「蔵部」と言うレストランは、竈をディスプレイし客前料理をするお洒落な懐かしい食事処です。薪の燻った匂いも人のDNAを刺激して食欲をそそります。
炊く・煮る・蒸す・焼く・・・・写真は私共でお手伝いした、湯の宿「楽山」のものです。懐かしさも手伝って好評です。竈を知らない若い人達には面白かったり、新鮮な驚きかもしれません。

ねのひ
一、オープンキッチンに学ぶ。
 出来上がるまでの心許無さを慰めてくれます。何時でしたかTVでキッチンスタジアムが流行りましたが、調理する様をドラマチックに見せること・・・・調理の時系列にプロの動きと息遣いを織り込む面白さ。


六雁
一、もっと進んだオープンキッチンに学ぶ。
 銀座に在ります‘M’と言う和ダイニングは、厨房の中にテーブル席が在るようなそんなレストランです。
 新しい試みだと思います。



大成館大成館2
一、部屋出しの新しいタイプに学ぶ。
 私共のお手伝いした網代温泉の大成館さんは主室の和室の他に踏込みの近く、サービスのし易い位置にダイニングを設えました。そこではサザエや魚を荒々しく焼いても良い様に強力な換気ファン付のフードを設えた食事スペースです。


一、もっと過激な部屋出しの新しいタイプに学ぶ。
 客室内部にカウンター割烹を設える。もちろん板前が出前調理をする。
身だしなみ・会話・笑顔が大切です。調理の腕はもっと大切です。人柄が何よりです。

一、旅館のダイニング施設のレストラン対応に学ぶ。
 落ち着いたメインダイニングでビュッフェでは無く和・洋・中華をチョイス出来るレストランを併設する旅館を計画しています。全体はもちろん和風です。
 この場合、料理人をどう確保するかがポイントですが・・・・、それを出来るシステムを作ることが大切です。
 全ての旅館とは言いませんが、そういう旅館を求めて客は動くかもしれません。

一、グループの夕食について。
 JTBのデーターによりますと、団体の比率は盛時の半分に減り、家族・友人・知人との旅行が80パーセント(二人の旅も含めて)と出ています。
 この写真はある立食パーティーのものです。例えば旅館の中の大広間とか中広間・クラブ・和食コーナーを利用して、仮設のドリンクバーやオードブルテーブルをセットして、気の利いた其れなりにお腹にたまるものを取り混ぜて、自由に歓談してもらう。
 最後はおむすびや数種類トッピング出来るお茶漬けやソバ・ラーメンで締め括ると言う様な、粋なセッティングは如何でしょうか!
 例えば港の見えるクラブを利用して・・・・、楽しそうです。
ケータリング
              

アイデアはいろいろ有る筈です、そろそろ旅館の側の都合だけで出来ないと言うのではなくお客の側が‘何を望んでいるのか’に焦点を絞った食事のセットの仕方を考える時期なのではないでしょうか。                                
団塊の世代はかなり生意気です。

 もう始めている旅館さんが有ります。遅れを取らずに一緒に考えましょう。
  
Posted by masuzawa05 at 11:28Comments(2)TrackBack(0)

2005年09月12日

木漏れ日

木漏れ日スケッチ

 木漏れ日の概念は不規則である。「光の濃淡・量・そして色の演出」光と風が適度な隙間を行き交う時々刻々の変化、自然界の絶妙な息吹とリズム、アンバランスのバランス、不規則の美、対比の美。

 かつてルノワールはこう言っています。
「芸術の文法もしくは第一概念と私が呼ぶ一切はただその一語に要約される。曰く、不規則・・・。よき時代の巨匠たちを恐れずに眺めてみるがいい。彼らは規則正しいものの中に不規則なものを創造した。サンマルコ寺院は全体としては規則正しいが、同一の細部はひとつも無い」
 建物とイレギュラーに数奇に取り合う樹木や、流れ、岩たち・・・庭。
まっさらな日の光りではなく、かと言って木陰や軒内の弱められた光でもなく、まるで泡のような大気の瞬き。

 外国にも有る木漏れ日、けれど和空間に於けるその違いは何か・・・・・・・・
部分から始まってアミーバーのように拡がる和空間の部分主義と、非対称性の世界が醸し出す ‘えも言われぬ’設えに端を発した一寸した感性の違いは、日本人の感覚的・情念の場を経て大いなる違いとなる。

遥か遠く宇宙空間につながる庭、木漏れ日は地上での建物と自然とのコラボレーションかもしれない。
木漏れ日

  
Posted by masuzawa05 at 11:10Comments(2)TrackBack(0)

2005年09月06日

足湯健康法

足湯



足湯は足だけをお湯に浸けて体を温める健康法です。

   足湯の効果
その一、人体の体熱生産を肝臓が担っています。足湯による必要充分な外部よりの熱供給は肝臓を休め肝機能に余力が生じます。その余力がその他の肝機能を高めます。
 すなはち・・・肝臓に良い。

その二、足先の血管を温め拡張させる事により下肢の血流を良くし、下半身につながる腹部内蔵の循環機能を改善し、且つ膝の痛みに代表される下肢のトラブル解消に大変効果的です。
 すなはち・・・膝の痛みと腹部内臓の機能アップに良い。

その三、寝る前に足湯で体を温め布団に入ると良く眠れます、特に風邪気味の時には効果的です。
 すなはち・・・疲労回復と風邪に良い。

足湯 スケッチ


   足湯三則


一、 おしゃべりしながら15分入りましょう。
一、 温まるにつれ、体の「気」が上昇し元気になります。
一、 自然の温泉成分が皮膚から吸収されます。

たとえば森林浴出来るようなゆったりした庭や、海を見下ろす小高い丘や、滝を眺めるマイナスイオンの水辺で缶ビール片手にボケッと時を過ごす何もしない贅沢・・・・・・・如何ですか。ただ作ればいいというわけにはいきません、ここでもつながりの有る空間の設定が大切です。

  
Posted by masuzawa05 at 11:29Comments(0)TrackBack(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター