livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2005年08月29日

国際商品としてみる日本旅館の魅力 その3・建物と庭

toki niwa


        
 日本旅館の情緒性を施設作りから捉えると、庭と建物との関連をどう演出するかが肝心であり、その微妙な取り合いが大切である。
 内と外をつなぐ空間構成の一番大切な要素として軒先空間がある。室内から軒先をかすめ外に放たれ広がる庭があり、又庭が軒先をかすめて知らず知らずのうちに内部に入り込んでくる。遠く連なる山並みや町並みを借景として捉え、わが敷地の庭のボリュームに呼応させながらオリジナルな‘うち’だけの小宇宙を構成する。それが日本建築の美意識であり、旅館建築にはなくてはならないものである。
 又建物と建物の間に出来るいくつかの地べたを中坪庭として採光・通風・緑化に利用する先人の知恵にも学ぶところが多い。そして単に建物周りを樹木でふさぐのではなく、元々有った庭の中に建物を挟み込ませてもらったと言うような謙虚な気持ちと、後先なしの庭師と建築家との共同作業が肝要かと思われる。

       「庭は宇宙につながり、宇宙の神秘は軒先に宿る」

  

Posted by masuzawa05 at 10:25Comments(0)TrackBack(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター